ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インデックス創業者の落合夫妻が揃って逮捕。転落のきっかけは自社の株式?

 

 東京地検特捜部は2014年5月28日、コンテンツ制作会社「インデックス」の創業者である落合正美会長と、妻の落合(小川)善美社長を、金融商品取引法(粉飾決算)の疑いで逮捕した。
 かつて、iモードの占いコンテンツ「恋愛の神様」や犬語翻訳機「バウリンガル」などで一世を風靡した同社の創業者夫妻が揃って逮捕されるという異例の事態となった。

index2015

 落合会長らには、2012年8月期の決算において、実際には債務超過であるにも関わらず、架空の売上を計上するなどの手法で2億円の黒字に粉飾、虚偽の決算書を公表した金融商品取引法違反の容疑がかけられている。

 同社については、関連会社間で実態のない取引を繰り返す、いわゆる「循環取引」が行われているのではないかと根強く囁かれていた。昨年には証券取引等監視委員会が強制調査に入っており、何らかの動きがあることは予想されていた。だが、コンテンツ業界におけるかつてのスター経営者夫妻の逮捕は、少なからず関係者にショックを与えている。

 正美容疑者と善美容疑者は共に日商岩井の出身。正美容疑者が関連会社に社長として出向中、善美容疑者と、上司と部下の関係として知り合った。その後、正美容疑者が独立してインデックスの前身となる会社を設立、有能な部下であった善美容疑者を引き抜き、インデックス成長の土台が作られた。

 当時、正美容疑者には先妻がいたが、2007年には善美容疑者と結婚。夫婦で経営を行うようになった。善美容疑者は旧姓で通していたので、結婚を知らなかった人も多いかもしれない。

 ITバブルの勢いに乗ってインデックスは怒濤のM&Aを行い急成長した。正美容疑者は商社出身ということもあって、コンテンツ業界における次世代のリーダーと目されていたが、その拡大戦略が裏目に出る形となってしまった。

 正美容疑者はM&Aに際し、インデックス本体からの出資に加えて、自身が保有する同社株式を担保に資金を調達し、個人的にも多額の出資を行っていた。
 このためM&A戦略の行き詰まりでインデックスの株価が急落すると、一気に返済を迫られる状況となり会社も会長夫妻個人も資金繰りが急激に悪化した。最終的には会社の資金繰りの担保に提供されていた夫妻の持ち株が大量に売りに出されるなど大混乱となり、同社破綻のきっかけとなった。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

kyuryo
給料は増えたものの、非正規社員の増加で全体への効果は薄い

 民間企業で働く従業員の給与総額は増加に転じたが、低賃金で働く非正規社員が増えて …

sonyhirai
ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復 …

no image
ダイバーシティを標榜する日本IBM、元社長が盗撮でイメージがガタ落ち

 日本IBMの大歳卓麻元社長が、女性のスカート内を盗撮したとして、警視庁の取り調 …

keidanren
経団連会長をOBから起用。影響力低下と人材不足が著しい経団連の実情

 経団連は、6月に退任する予定の米倉弘昌会長の後任に、東レ会長の榊原定征氏を起用 …

girishashusho
デフォルトの可能性がさらに高まるギリシャ。国民投票を材料にした交渉の行方は不透明

 EU(欧州連合)とECB(欧州中央銀行)がギリシャ支援の延長拒否を決定したこと …

chukojutaku
公示地価が底入れとマスコミが一斉報道。だがその前にやることがあるはずだ

 国土交通省は3月21日、1月1日時点の公示地価を発表した。これをうけてマスコミ …

economist
仏経済の赤信号がきっかけ?タブーだったラテンvsゲルマンの民族対立が表面化

 英国の有力経済誌エコノミストが、フランス経済を「欧州の時限爆弾」とするセンセー …

no image
タックスヘイブン(租税回避地)に対する包囲網が狭まる

 ジャージー島やマン島など、英国領の租税回避地(タックスヘイブン)が米国との租税 …

kousakukiki
設備投資は製造業主導で大幅な伸び。期末要因なのか設備投資復活なのか?

 内閣府は2014年5月19日、3月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …