ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インデックス創業者の落合夫妻が揃って逮捕。転落のきっかけは自社の株式?

 

 東京地検特捜部は2014年5月28日、コンテンツ制作会社「インデックス」の創業者である落合正美会長と、妻の落合(小川)善美社長を、金融商品取引法(粉飾決算)の疑いで逮捕した。
 かつて、iモードの占いコンテンツ「恋愛の神様」や犬語翻訳機「バウリンガル」などで一世を風靡した同社の創業者夫妻が揃って逮捕されるという異例の事態となった。

index2015

 落合会長らには、2012年8月期の決算において、実際には債務超過であるにも関わらず、架空の売上を計上するなどの手法で2億円の黒字に粉飾、虚偽の決算書を公表した金融商品取引法違反の容疑がかけられている。

 同社については、関連会社間で実態のない取引を繰り返す、いわゆる「循環取引」が行われているのではないかと根強く囁かれていた。昨年には証券取引等監視委員会が強制調査に入っており、何らかの動きがあることは予想されていた。だが、コンテンツ業界におけるかつてのスター経営者夫妻の逮捕は、少なからず関係者にショックを与えている。

 正美容疑者と善美容疑者は共に日商岩井の出身。正美容疑者が関連会社に社長として出向中、善美容疑者と、上司と部下の関係として知り合った。その後、正美容疑者が独立してインデックスの前身となる会社を設立、有能な部下であった善美容疑者を引き抜き、インデックス成長の土台が作られた。

 当時、正美容疑者には先妻がいたが、2007年には善美容疑者と結婚。夫婦で経営を行うようになった。善美容疑者は旧姓で通していたので、結婚を知らなかった人も多いかもしれない。

 ITバブルの勢いに乗ってインデックスは怒濤のM&Aを行い急成長した。正美容疑者は商社出身ということもあって、コンテンツ業界における次世代のリーダーと目されていたが、その拡大戦略が裏目に出る形となってしまった。

 正美容疑者はM&Aに際し、インデックス本体からの出資に加えて、自身が保有する同社株式を担保に資金を調達し、個人的にも多額の出資を行っていた。
 このためM&A戦略の行き詰まりでインデックスの株価が急落すると、一気に返済を迫られる状況となり会社も会長夫妻個人も資金繰りが急激に悪化した。最終的には会社の資金繰りの担保に提供されていた夫妻の持ち株が大量に売りに出されるなど大混乱となり、同社破綻のきっかけとなった。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

keidanrenbiru
影響力低下が著しい経団連。天下国家論ではなく、特定業種の利益を代弁

 このところ経団連の影響力低下が著しい。かつては政界に絶大な影響力を行使し、経団 …

keizaikakusa
景気が良くなるほど、経済格差が拡大するという不都合な真実

 貧困の撲滅活動を行う国際NGO「オックスファム」は2014年1月20日、経済格 …

shalegasrig
米国のシェールガスブームに我慢できず、とうとうドイツが抜け駆け参戦

 米国におけるシェールガス革命の進展で窮地に立たされている欧州において、とうとう …

nichigin04
日銀が追加の量的緩和策を見送り、金融政策を現状維持とした理由

 日銀は2014年4月8日、金融政策決定会合を開催し、金融政策の現状維持を決定し …

nichigin04
家計の金融資産は過去最高。だがその恩恵のほとんどは以前からの株式所有者?

 日銀は2014年12月18日、2014年7~9月期の資金循環統計を発表した。9 …

kurodadenki
旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本 …

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

toshiba02
東芝不正会計問題で新日本監査法人に重い処分。スケープゴート捜しの声も

 東芝の不正会計を見過ごしたとして、同社の監査を担当していた新日本監査法人に重い …

banri
万里の長城遭難ツアー会社は死亡事故2回目。危険ツアーが組まれる背景とは?

  中国の「万里の長城」付近で起きた日本人ツアー客4人が遭難した事故で、ツアーを …

todai
内閣府調査研究。大卒者、院卒者の4人に1人が学歴に見合う仕事をしていない?

 大学生や大学院生の4人に1人が教育過剰(同じ学歴を獲得したにもかかわらず,より …