ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インデックス創業者の落合夫妻が揃って逮捕。転落のきっかけは自社の株式?

 

 東京地検特捜部は2014年5月28日、コンテンツ制作会社「インデックス」の創業者である落合正美会長と、妻の落合(小川)善美社長を、金融商品取引法(粉飾決算)の疑いで逮捕した。
 かつて、iモードの占いコンテンツ「恋愛の神様」や犬語翻訳機「バウリンガル」などで一世を風靡した同社の創業者夫妻が揃って逮捕されるという異例の事態となった。

index2015

 落合会長らには、2012年8月期の決算において、実際には債務超過であるにも関わらず、架空の売上を計上するなどの手法で2億円の黒字に粉飾、虚偽の決算書を公表した金融商品取引法違反の容疑がかけられている。

 同社については、関連会社間で実態のない取引を繰り返す、いわゆる「循環取引」が行われているのではないかと根強く囁かれていた。昨年には証券取引等監視委員会が強制調査に入っており、何らかの動きがあることは予想されていた。だが、コンテンツ業界におけるかつてのスター経営者夫妻の逮捕は、少なからず関係者にショックを与えている。

 正美容疑者と善美容疑者は共に日商岩井の出身。正美容疑者が関連会社に社長として出向中、善美容疑者と、上司と部下の関係として知り合った。その後、正美容疑者が独立してインデックスの前身となる会社を設立、有能な部下であった善美容疑者を引き抜き、インデックス成長の土台が作られた。

 当時、正美容疑者には先妻がいたが、2007年には善美容疑者と結婚。夫婦で経営を行うようになった。善美容疑者は旧姓で通していたので、結婚を知らなかった人も多いかもしれない。

 ITバブルの勢いに乗ってインデックスは怒濤のM&Aを行い急成長した。正美容疑者は商社出身ということもあって、コンテンツ業界における次世代のリーダーと目されていたが、その拡大戦略が裏目に出る形となってしまった。

 正美容疑者はM&Aに際し、インデックス本体からの出資に加えて、自身が保有する同社株式を担保に資金を調達し、個人的にも多額の出資を行っていた。
 このためM&A戦略の行き詰まりでインデックスの株価が急落すると、一気に返済を迫られる状況となり会社も会長夫妻個人も資金繰りが急激に悪化した。最終的には会社の資金繰りの担保に提供されていた夫妻の持ち株が大量に売りに出されるなど大混乱となり、同社破綻のきっかけとなった。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

linederima
LINEが料理の出前サービスに参入。これからは家で食べるのが主流に?

 LINEが飲食店のデリバリーサービスに参入した。外資系のウーバーイーツや楽天が …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …

nomikai
「飲みニケーション」に関する単純な是非論は、問題の本質を見誤らせる

 一時は姿を消していたと思われていた飲みニケーションという言葉が再び注目を集めて …

airasia
エアアジアが就航わずか4ヶ月で社長交代。日本でLCCがうまくいかない本当の理由

 全日空系の格安航空会社(LCC)エアアジア・ジャパンは17日、岩片和行社長が辞 …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …

no image
楽天が出版取り次ぎに参入。その本当の目的は?

 楽天が出版取り次ぎ業に参入すると朝日新聞が報じている。取り次ぎとは書籍の卸売業 …

ieren02
米国で3月利上げの可能性が急上昇。2017年は緩やかな金利上昇とドル高継続か?

 これまで見送りとの公算が高かった3月利上げが急速に現実化してきた。FRB(連邦 …

kenoudou
圏央道の約9割が完成。ネット通販事業者のサービス高度化に寄与?

 首都圏の外側を取り囲む圏央道(首都圏中央連絡自動車道)のほぼ全線が開通した。圏 …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …

inseki
ロシアの隕石落下地点は、かつて大事故を起こした核施設のすぐ近くだった

 ロシアのウラル地方に落下した隕石は、広範囲にわたって被害をもたらし、負傷者は1 …