ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

インデックス創業者の落合夫妻が揃って逮捕。転落のきっかけは自社の株式?

 

 東京地検特捜部は2014年5月28日、コンテンツ制作会社「インデックス」の創業者である落合正美会長と、妻の落合(小川)善美社長を、金融商品取引法(粉飾決算)の疑いで逮捕した。
 かつて、iモードの占いコンテンツ「恋愛の神様」や犬語翻訳機「バウリンガル」などで一世を風靡した同社の創業者夫妻が揃って逮捕されるという異例の事態となった。

index2015

 落合会長らには、2012年8月期の決算において、実際には債務超過であるにも関わらず、架空の売上を計上するなどの手法で2億円の黒字に粉飾、虚偽の決算書を公表した金融商品取引法違反の容疑がかけられている。

 同社については、関連会社間で実態のない取引を繰り返す、いわゆる「循環取引」が行われているのではないかと根強く囁かれていた。昨年には証券取引等監視委員会が強制調査に入っており、何らかの動きがあることは予想されていた。だが、コンテンツ業界におけるかつてのスター経営者夫妻の逮捕は、少なからず関係者にショックを与えている。

 正美容疑者と善美容疑者は共に日商岩井の出身。正美容疑者が関連会社に社長として出向中、善美容疑者と、上司と部下の関係として知り合った。その後、正美容疑者が独立してインデックスの前身となる会社を設立、有能な部下であった善美容疑者を引き抜き、インデックス成長の土台が作られた。

 当時、正美容疑者には先妻がいたが、2007年には善美容疑者と結婚。夫婦で経営を行うようになった。善美容疑者は旧姓で通していたので、結婚を知らなかった人も多いかもしれない。

 ITバブルの勢いに乗ってインデックスは怒濤のM&Aを行い急成長した。正美容疑者は商社出身ということもあって、コンテンツ業界における次世代のリーダーと目されていたが、その拡大戦略が裏目に出る形となってしまった。

 正美容疑者はM&Aに際し、インデックス本体からの出資に加えて、自身が保有する同社株式を担保に資金を調達し、個人的にも多額の出資を行っていた。
 このためM&A戦略の行き詰まりでインデックスの株価が急落すると、一気に返済を迫られる状況となり会社も会長夫妻個人も資金繰りが急激に悪化した。最終的には会社の資金繰りの担保に提供されていた夫妻の持ち株が大量に売りに出されるなど大混乱となり、同社破綻のきっかけとなった。

 - 経済, IT・科学 , , ,

  関連記事

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …

lawsonmitsubishi
資源価格下落で巨額赤字を抱える三菱商事がローソンを子会社化する事情

 三菱商事は2016年9月16日、コンビニ大手のローソンを子会社化すると発表した …

kindorupaper
いよいよキンドルが日本上陸。自費出版サービスもスタートし、出版社は戦々恐々

 アマゾンがとうとう電子書籍端末「キンドル」を国内で販売開始する。同社の日本法人 …

frbieren201407
米国は利上げが近い?イエレン氏の発言に最初に反応したのは為替

 ドル円相場が急展開を見せている。最近まで1ドル102円前後を行き来している状態 …

yokohamaginkou
とうとう動き出す地方銀行の再編。人口減少への懸念から金融庁が最後通牒?

 地方銀行の再編が加速しそうな雰囲気となってきた。複数の有力地銀が相次いで経営統 …

mama
子供がいると女性は不幸?内閣府の調査結果は日本社会の現状をよく表している

 内閣府経済社会総合研究所は、幸福度が子供の存在によってどのような影響を受けてい …

shuinhonkaigi
衆院でマイナンバー法案が可決。喜んでいるのは国税庁とIT業界だけ?

 衆議院は5月9日、本会議において共通番号(マイナンバー)法案を与党、民主党など …

netttoflikusu
動画配信サービスの最大手ネットフリックが日本上陸。他とはちょっと違うワケ

 米国の動画配信サービス大手「Netflix(ネットフリックス)」がとうとう日本 …

imf201507
IMFが最新の世界経済見通しを発表。ギリシャ問題と中国問題は反映されておらず、さらに下押しか?

 IMF(国際通貨基金)は2015年7月9日、世界経済見通しの改定値を発表した。 …

drugeconomy
麻薬や売春など地下経済をGDPにカウントする動き。ランキングに混乱も

 麻薬や売春など、いわゆる地下経済をGDP(国内総生産)に含めることに関する議論 …