ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4月の消費者物価指数は、消費税の影響を除くと1.5%程度

 

 総務省は2014年5月30日、4月の消費者物価指数を発表した。全国レベルでは、消費増税後、初めての公式物価統計になる。代表的な指数である「生鮮食料品を除く総合(コア指数)」は前年同月比3.2%の上昇となった。

bukkajoushou

 日銀は4月における消費増税による物価上昇は1.7%程度とみている。今回の上昇率3.2%から1.7ポイントを引くと1.5%となる。3月の物価上昇率は1.3%だったので、消費税の影響を除いても0.2ポイント物価が上昇したことになる。

 前月よりプラス幅が拡大したわけだが、これが継続的な物価上昇によるものなのか、増税後の一時的なブレなのかは分からない。
 ちなみに、5月の東京都区部のコア指数は2.8%の上昇であった。日銀では5月については消費増税の影響を2%とみている。この数字を当てはめると、5月の物価上昇率は0.8%となり、4月の数値である1.0%よりもプラス幅が縮小している。

 円安の進行が一服したことで輸入物価が落ち着き、物価上昇ペースが緩慢になっている可能性が高い。物価上昇がとまってしまうのかまでは分からないが、このままの状態が続いた場合、2%という物価目標を早期に達成することはやはり難しそうだ。

  ちなみに経団連は29日、中小企業における春闘の回答状況を発表したが、平均の賃金上昇率は1.8%であった。労働者の半分は従業員100人以下の企業に勤めているが、調査対象となっているのはごく一部の中小企業である。実際の数字はもっと低い可能性がある。

 全体で1.5%程度の賃金上昇だったと仮定すると、やはり3%の消費増税の影響は大きい。物価の伸びが鈍化しているとはいえ、庶民にとっては消費税込みの名目価格が重要である。夏のボーナスを含め、もう一段の賃上げがないと、生活実感としてはより苦しくなってくるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

no image
設備投資の先行指標である機械受注は2.7%減。消費増税の焦点は設備投資へ?

 内閣府は8月13日、6月の機械受注統計を発表した。機械受注統計は、民間設備投資 …

no image
日本の男女平等ランキングは人権抑圧国家並み。だが本当の問題はもっと深刻だ!

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは24日、世界男女平等ランキング(The …

kurodasosai
トランプ氏の当選で日米金利が急上昇。シナリオが狂ってしまった日銀

 トランプ大統領の誕生をきっかけに、日米の債券市場で金利が急騰している。米国はす …

yokohamaginkou
とうとう動き出す地方銀行の再編。人口減少への懸念から金融庁が最後通牒?

 地方銀行の再編が加速しそうな雰囲気となってきた。複数の有力地銀が相次いで経営統 …

euro02
キプロスが早くも資金不足。だがEUの官僚たちはそんなことは百も承知?

 総額100億ユーロ(約1兆3000億円)にのぼるユーロ圏からの支援が決定してい …

doragi02
欧州の長期金利上昇が日本にも波及。日銀に残された時間は少ない

 欧州の長期金利が上昇している。ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策の縮小を検討し …

3946377
最近注目を集める金本位制復活論。だが日本人にこれを導入する覚悟があるとは思えない

  米国大統領選挙が終了しオバマ大統領が再選されたことで、当面現状の金融政策が維 …

mof03
消費税10%に向けて動き出した財務省。増税の判断基準が7~9月期GDPである理由

 昨年末に2014年度予算の政府案が閣議決定されたことで、財務省は消費税の10% …

pekindaigaku
中国で大学入学試験が終了。だが無事入学、卒業しても厳しい就職難が待ち受けている

 受験競争が激しい中国では、大学の入学試験は一大イベントとなっている。6月8日に …

mujinheli
欧州でヘリの自動操縦デモを実施。飛行機やバスの無人化はもうすぐそこまで来ている

 欧州のヘリコプター・メーカーであるユーロヘリコプターは4月12日、完全に無人で …