ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

4月の消費者物価指数は、消費税の影響を除くと1.5%程度

 

 総務省は2014年5月30日、4月の消費者物価指数を発表した。全国レベルでは、消費増税後、初めての公式物価統計になる。代表的な指数である「生鮮食料品を除く総合(コア指数)」は前年同月比3.2%の上昇となった。

bukkajoushou

 日銀は4月における消費増税による物価上昇は1.7%程度とみている。今回の上昇率3.2%から1.7ポイントを引くと1.5%となる。3月の物価上昇率は1.3%だったので、消費税の影響を除いても0.2ポイント物価が上昇したことになる。

 前月よりプラス幅が拡大したわけだが、これが継続的な物価上昇によるものなのか、増税後の一時的なブレなのかは分からない。
 ちなみに、5月の東京都区部のコア指数は2.8%の上昇であった。日銀では5月については消費増税の影響を2%とみている。この数字を当てはめると、5月の物価上昇率は0.8%となり、4月の数値である1.0%よりもプラス幅が縮小している。

 円安の進行が一服したことで輸入物価が落ち着き、物価上昇ペースが緩慢になっている可能性が高い。物価上昇がとまってしまうのかまでは分からないが、このままの状態が続いた場合、2%という物価目標を早期に達成することはやはり難しそうだ。

  ちなみに経団連は29日、中小企業における春闘の回答状況を発表したが、平均の賃金上昇率は1.8%であった。労働者の半分は従業員100人以下の企業に勤めているが、調査対象となっているのはごく一部の中小企業である。実際の数字はもっと低い可能性がある。

 全体で1.5%程度の賃金上昇だったと仮定すると、やはり3%の消費増税の影響は大きい。物価の伸びが鈍化しているとはいえ、庶民にとっては消費税込みの名目価格が重要である。夏のボーナスを含め、もう一段の賃上げがないと、生活実感としてはより苦しくなってくるだろう。

 - 経済 ,

  関連記事

super02
5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数であ …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

bukkajoushou
物価上昇率はとうとう1%割れ。だが確実にインフレ期待は醸成されている?

 総務省は2014年11月28日、2014年10月の消費者物価指数を発表した。代 …

zipcar
米レンタカー大手がカーシェア企業を買収。自動車社会は地殻変動を起こしつつある

 米国のレンタカー大手エイビス・バジェット・グループは2日、カーシェアリング大手 …

itskills
勉強はできるが、ITはまるでダメ。OECDの調査結果が示す日本人の課題

 頭はいいはずなのに、日本はなぜか世界で勝負できない。多くの人が漠然と抱いている …

nihonyusei
海外M&Aに失敗した日本郵政が今度は野村不動産の買収に乗り出す

 日本郵政が野村不動産の買収に乗り出す。同社はオーストラリアの物流会社を買収した …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

plazuma
パナソニックが上海工場を閉鎖。ようやくプラズマから撤退を決断

 パナソニックが、中国・上海にあるプラズマテレビ組立工場を閉鎖する。すでに生産は …

globalmoney
国際的課税逃れへの包囲網が強まる。だがグローバル企業への規制が難しい本当の理由

 国境を越えた税金逃れに対する包囲網が急速に整えられつつある。欧州連合(EU)は …

ieren201409
FRBが年内の資産縮小開始を表明。米国の量的緩和策は完全終了フェーズへ

 FRB(連邦準備制度理事会)が市場の予想通り、再利上げと年内の資産圧縮開始を決 …