ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱であった音楽のダウンロード配信がさっぱりなのだ。

 一般社団法人日本レコード協会の調べでは、有償音楽配信市場はここ1年で2割も減少しているという。実際、最大手の1社であるエイベックスグループの2012年3月期決算でも、ダウンロード販売の実績は前年を大幅に下回った。
 一方、今や「高額商品」となったパッケージCDは、よほど知名度が高いアーティストでなければなかなか売りさばくことができない。ExileやSKE48などの売れっ子を抱えるエイベックスは意外にもCD販売が堅調で業績を維持しているものの、マイナーなアーティストを抱えるレーベルは深刻な状況にある。

 CDもダメ、ダウンロードもダメの音楽業界がここ1年力を入れてきたのがライブ活動。だが夏フェスに代表されるような巨大ライブイベントを皆がこぞって実施したことで市場は飽和、チケットを売り切れないイベントも出てきた。

 あの手この手で知恵を絞り、最近ブームになっているのが、いわゆる「企画モノ」のパッケージ。ふだんは個別に活動するアーティストを集めて、CDやライブを行うというものだ。

 L’Arc-en-Ciel のボーカルHYDEはスペシャルバンド「HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA」を結成し、CDとDVDを発売した。Tommy february6など10組以上のアーティストが参加し、ハロウインの仮装で演奏するという企画だ。
 ラップミュージシャンのKREVAは自らが主催するイベント「908 FESTIVAL」を開催。自身を中心に多くのアーティストが参加し、同時に記念アルバムも発売した。
 もっともこういった企画モノを実施できるアーティストも限られており、業界全体としての決め手にはなりにくいというのが現実だ。

 日本では若年層世代に社会負担がすべてしわ寄せされており、彼らの購買力は著しく低下している。CDの主要購買層は10代から20代であることを考えると、音楽業界の不振はもはや構造的な問題といってよい。

 若年層対象のアーティストが苦しむ中、シニア層がこぞって購入する山下達郎のベストアルバムはかなりの売上げが期待されている。
 音楽業界はかつては若者の象徴だったが、今の日本ではもはや加齢臭漂う「シニアビジネス」なのだ。

 - 社会, 経済

  関連記事

caterpillar002
世界経済を反映する米キャタピラーの決算。2014年の成長は穏やかになる見込み

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年1月27日、2013年10~12月期の …

usakoyoutoukei201508
8月の雇用統計は良好と解釈するのが自然。利上げの判断材料は市場の耐性のみ

 米労働省は2015年9月4日、8月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用者数 …

kanntei
政府、財界、労組による賃上げ協定構想が浮上。だが内容は賃下げを狙ったものだ

 労働者の賃上げが実現できるように、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想 …

abeshouhizei
消費増税の正式決定で焦点は5兆円の経済対策の中身とその効果に移行

 政府は10月1日、閣議を開催し2014年4月から消費税を8%に引き上げることを …

sharp
シャープが公募増資を検討中。金額は1000億円と中途半端でやはり抜本解決にならず

 経営再建中のシャープが2013年春にも公募増資に踏み切る可能性が高くなってきた …

money009
日本全体のバランスシートを見ればお金が出回らない理由がよく分かる

 内閣府は2014年1月17日、2012年度の国民経済計算を発表した。資産から負 …

facebooksound
フェイスブックが周囲の音を収集解析するサービスを始めた、その本質的意味

 SNS大手の米フェイスブックは2014年5月21日、スマホを使って周囲の音を録 …

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …

tokkyosingikai
社員の発明をめぐり、今度は一転して企業帰属の方向性で議論が進む

 政府は、企業の従業員が発明した特許について、これまでとは反対に、原則として企業 …

amari02
波紋を呼ぶ消費税還元セール禁止法案。政府がゴリ押しする真意は?

 政府が消費税還元セールの実施を禁止する法案を衆議院に提出したことについて、小売 …