ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

CDはボロボロ、ダウンロード販売も激減。音楽業界はもはやシニア向けビジネス?

 

 CDの販売不振で苦しめられてきた音楽業界がさらに苦境に立たされている。頼みの綱であった音楽のダウンロード配信がさっぱりなのだ。

 一般社団法人日本レコード協会の調べでは、有償音楽配信市場はここ1年で2割も減少しているという。実際、最大手の1社であるエイベックスグループの2012年3月期決算でも、ダウンロード販売の実績は前年を大幅に下回った。
 一方、今や「高額商品」となったパッケージCDは、よほど知名度が高いアーティストでなければなかなか売りさばくことができない。ExileやSKE48などの売れっ子を抱えるエイベックスは意外にもCD販売が堅調で業績を維持しているものの、マイナーなアーティストを抱えるレーベルは深刻な状況にある。

 CDもダメ、ダウンロードもダメの音楽業界がここ1年力を入れてきたのがライブ活動。だが夏フェスに代表されるような巨大ライブイベントを皆がこぞって実施したことで市場は飽和、チケットを売り切れないイベントも出てきた。

 あの手この手で知恵を絞り、最近ブームになっているのが、いわゆる「企画モノ」のパッケージ。ふだんは個別に活動するアーティストを集めて、CDやライブを行うというものだ。

 L’Arc-en-Ciel のボーカルHYDEはスペシャルバンド「HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA」を結成し、CDとDVDを発売した。Tommy february6など10組以上のアーティストが参加し、ハロウインの仮装で演奏するという企画だ。
 ラップミュージシャンのKREVAは自らが主催するイベント「908 FESTIVAL」を開催。自身を中心に多くのアーティストが参加し、同時に記念アルバムも発売した。
 もっともこういった企画モノを実施できるアーティストも限られており、業界全体としての決め手にはなりにくいというのが現実だ。

 日本では若年層世代に社会負担がすべてしわ寄せされており、彼らの購買力は著しく低下している。CDの主要購買層は10代から20代であることを考えると、音楽業界の不振はもはや構造的な問題といってよい。

 若年層対象のアーティストが苦しむ中、シニア層がこぞって購入する山下達郎のベストアルバムはかなりの売上げが期待されている。
 音楽業界はかつては若者の象徴だったが、今の日本ではもはや加齢臭漂う「シニアビジネス」なのだ。

 - 社会, 経済

  関連記事

no image
2年連続で過去最大の貿易赤字を更新。日本がインフレになるのはいつか?

 財務省は22日、2012年度上半期(4月~9月)の貿易統計を発表した。それによ …

chinajojohaisi
中国で中央政府直系の国有企業初が初の上場廃止

 中国の上海証券取引所に上場していた中国の国有企業「中国長江航運集団南京油運」が …

panasonic
日本型経営は名実共に終了?パナソニックが、とうとう下請けへの支払い条件変更へ

 下請け企業との共存を掲げ、他社よりも有利な支払い条件を提示してきたことで知られ …

josen
福島の除染作業で不正が発覚。だが本当の問題は別に存在している

 東京電力福島第1原発事故に伴う、被災地域の除染事業において不正が行われているこ …

hasimoto2
橋下氏が公務員批判のボルテージをアップ。そろそろ基本的な論点整理が必要なのでは?

 日本維新の会共同代表で大阪市長の橋下徹氏が公務員批判のボルテージを上げている。 …

no image
税収上振れで1兆5000億円近い剰余金。使い道をめぐって攻防が激化?

 財務省は2014年7月3日、2013年度決算概要を発表した。それによると、一般 …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

unicef
子供の幸せに関するユニセフの国際調査。なぜか日本は評価対象外

 ユニセフは2013年4月、先進国における子供幸福度ランキングを発表した。第一位 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …