ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

OECDの幸福度ランキング2014。気持ちの問題なのか、物理的環境なのか?

 

 経済協力開発機構は2014年5月、世界幸福度ランキング2014を発表した。日本の幸福度は36カ国中20位であった。昨年は21位だったので、ランキングの結果は大きく変わっていない。
 こうしたランキングは、総合順位にばかり注目が集まるが、むしろ重要なのは、ランキングを算定する組織が、どの様な項目を設定し、それに対して各国がどのような結果になっているのかという点である。

oecdmanzokudo OECD加盟国の中には、ポーランド、トルコ、メキシコ、韓国といった国もあり、その中で日本が20位というのはかなり低い結果と考えてよいだろう。
 日本のランクが低い理由は、健康、主観的幸福度、ワークライフバランス、政治の市民参加などで著しく低い点が付いているからである。

 日本は世界一の長寿国であるにもかかわらず、健康面でのランクが低いというのは現実と矛盾する。しかし、このランキングは幸福度なので、本人がどう思っているかが重要となる。
 健康の評価項目には平均寿命も入っているが、一方で、自身の健康状態についてどう考えているのかという項目もある。この部分についていえば日本は世界最低ランクである。つまり、日本人は世界でもっとも長生きしていながら、世界でもっとも自身を不健康と考えていることになる。

 主観的幸福度については36カ国中28位、ワークライフバランスでは長時間労働という項目で36カ国中33位となっている。また、生活においてどのような面を重視するのかという調査では、日本は安全に対する重要度が高く、生活の満足度に対する重要度が低いという結果も出ている。日本は世界で最も安全な国だが、それでも安全に対する要求度が極めて高いのである。

 このようにして考えると、物理的な生活水準よりも精神面の影響が大きいようにも思えるが、トップ3カ国の顔ぶれを見るとそうでもない。オーストラリア、ノルウェー、スウェーデンは、物理的な水準も高く、一方で精神的な満足度も高い。

 環境が悪くても満足度が高いということはあり得るだろうが、やはり精神的満足度は物理的環境と密接な関係にある。長時間労働や相対的貧困率など、日本が改善すべき点が多いのは事実であろう。また医療についても、単に寿命を延ばすためのものではなく、患者の生活の質に重点を置いたやり方にシフトするといった工夫も必要になってくるかもしれない。

 - 社会 ,

  関連記事

Generic
4月から生活保護受給者はジェネリック医薬品へ。公的医療はすべてそうなっていくのか?

 4月に入り、生活保護受給者に対しては、原則として価格の安いジェネリック医薬品( …

american
アメリカン航空の座席トラブル。人為的なものである可能性が高まる?

 アメリカン航空で座席が外れる事故が相次いでいるが、アメリカン航空が機体の緊急点 …

udeishoku
イラクで負傷した兵士の両腕移植が成功。皮肉にも戦争で米国の医療技術がさらに進んだ

 イラク戦争に派遣され従軍中に両手両足を失った米軍兵士が両腕の移植手術を受け回復 …

manindensha
神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている …

seisansei
あまりにも低い日本の生産性。労働経済白書が示す衝撃的な現実

 厚生労働省は2016年9月30日、2016年版の労働経済白書を公表した。日本の …

pakukune02
産経ソウル支局長は起訴の可能性高まる。これはまさに民主主義の問題

 韓国の朴槿恵大統領が元側近の男性と会っていたという記事を書いた産経新聞ソウル支 …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

planb1step
米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店 …

itgyokai
労働者派遣法の改正でIT業界が大ピンチ。業界再編も?

 労働者派遣法の改正案が閣議決定されたが、この改正案が施行されると、大変な激震に …