ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上高、経常利益、設備投資ともに前年同期比でプラスとなった。特に資本金1億円未満の会社における伸びが顕著であった。これまで大企業に限定されていた業績の伸びがようやく中小にも波及しつつある。

setubitousi

 金融機関を除く全産業の売上高は345兆3293億円で前年同期比で5.6%の増加となった。製造業、非製造業とも、ほぼ同じ水準で伸びた。経常利益は17兆4552億円で前年同期比20.2%の増加となった。こちらは非製造業の伸びが極めて大きい。利益については非製造業主導であることが分かる。
 設備投資は12兆2307億円で、前年同期比7.4%の増加となった。設備投資がプラスになるのは4四半期連続である。

 全体として、資本金1億円未満の企業の伸びが顕著である。これまで業績回復は大企業に限定され、中小企業にはあまり波及していなかった。というよりも、大企業の利益率が増加し、中小企業の利益率が大きく減少するなど、下請けに対する値引き要求が強いことを伺わせた。だがここにきてようやく中小企業の業績も回復しつつあるようだ。

 今後の景気拡大のカギを握るのは設備投資だが、全体の状況は改善してきているものの、まだ手放しで喜べる段階ではない。製造業において設備投資が好調なのは、自動車、食品などの分野で、それぞれ前年同期比で2ケタの伸びを示している。
 一方、鉄鋼は19.6%のマイナス、海外への工場移転が激しい化学は11.3%のマイナスである。依然として海外への製造拠点流出は続いている。

 また非製造業では建設業界の伸びが53.9%と突出している。かろうじて運輸が20%台の伸びとなっているが、それ以外の業種は軒並み数%程度にとどまっている。非製造業の設備投資の拡大は、巨額の公共事業で支えられていることが分かる。

 今年度は公共事業の絶対数は減るが、オリンピック特需などもあり、引き続き需要は堅調である。ただ、公共事業主導の景気回復はいずれ限界が来る。その前に、消費主導で設備投資が回復するようにならないと、景気は腰折れしてしまうだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

redbull
超音速ダイビングを主導したレッドブル社。最終的な狙いは宇宙ビジネス?

 オーストリア人のスカイダイバーであるフェリックス・バウムガルトナーさんが14日 …

canonooita
キヤノンがデジタルカメラの生産を完全自動化する本質的意味とは?

 キヤノンは2015年7月4日、国内のデジタルカメラ生産を自動化するための設備を …

usakoyoutoukei201601
米雇用統計は大幅減だが、失業率低下と賃金上昇でインフレ圧力も高い

 米労働省は2016年2月5日、1月の雇用統計を発表した。代表的な指標である非農 …

virgin
英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月 …

ge
米国の製造業回帰が効果を上げ始めた。だが一方でその波に乗れない人も

 中国から製造拠点を米国に戻す試みが成果を上げ始めている。米ゼネラル・エレクトリ …

matsuishouken
松井証券がとうとう金利も手数料もゼロ円という自爆価格を設定。どうやって儲けるの?

 信用取引に関する来年1月の規制緩和をうけて、ネット証券業界では自爆テロともいえ …

nenkinportfo
公的年金の新ポートフォリオ、年間最大損失21兆円をどう見る?

 公的年金の運用が国債から株式にシフトしつつあるが、現在想定されているポートフォ …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

shanhai
止まらない中国株の下落。昭和30年代の日本市場との類似性

 中国株の下落が止まらない状況が続いている。中国政府は、相次いで株価対策を打ち出 …

ppap
ピコ太郎の世界ブレイクで浮き彫りになった日本の古い音楽産業インフラ

 ピコ太郎の「ペンパイナッポーアッポーペン(PPAP)」が世界で大ブレイクしてい …