ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上高、経常利益、設備投資ともに前年同期比でプラスとなった。特に資本金1億円未満の会社における伸びが顕著であった。これまで大企業に限定されていた業績の伸びがようやく中小にも波及しつつある。

setubitousi

 金融機関を除く全産業の売上高は345兆3293億円で前年同期比で5.6%の増加となった。製造業、非製造業とも、ほぼ同じ水準で伸びた。経常利益は17兆4552億円で前年同期比20.2%の増加となった。こちらは非製造業の伸びが極めて大きい。利益については非製造業主導であることが分かる。
 設備投資は12兆2307億円で、前年同期比7.4%の増加となった。設備投資がプラスになるのは4四半期連続である。

 全体として、資本金1億円未満の企業の伸びが顕著である。これまで業績回復は大企業に限定され、中小企業にはあまり波及していなかった。というよりも、大企業の利益率が増加し、中小企業の利益率が大きく減少するなど、下請けに対する値引き要求が強いことを伺わせた。だがここにきてようやく中小企業の業績も回復しつつあるようだ。

 今後の景気拡大のカギを握るのは設備投資だが、全体の状況は改善してきているものの、まだ手放しで喜べる段階ではない。製造業において設備投資が好調なのは、自動車、食品などの分野で、それぞれ前年同期比で2ケタの伸びを示している。
 一方、鉄鋼は19.6%のマイナス、海外への工場移転が激しい化学は11.3%のマイナスである。依然として海外への製造拠点流出は続いている。

 また非製造業では建設業界の伸びが53.9%と突出している。かろうじて運輸が20%台の伸びとなっているが、それ以外の業種は軒並み数%程度にとどまっている。非製造業の設備投資の拡大は、巨額の公共事業で支えられていることが分かる。

 今年度は公共事業の絶対数は減るが、オリンピック特需などもあり、引き続き需要は堅調である。ただ、公共事業主導の景気回復はいずれ限界が来る。その前に、消費主導で設備投資が回復するようにならないと、景気は腰折れしてしまうだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

aso
麻生財務相が高橋是清の政策をモデルにと言及。その後の展開を知っての発言なのか?

 麻生財務相は2月3日、NHKの番組に出演し、デフレ対策として戦前の政治家である …

hp
パソコン終焉の象徴。HPが1兆円の巨額赤字を計上。不正会計が理由にあらず

  米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)が巨額赤字を計上した。2 …

nichigin03
国債市場の大混乱は日銀官僚による黒田総裁への嫌がらせというのは本当か?

 日銀による「異次元」の金融緩和策は国債市場の大混乱をもたらした。緩和策発表翌日 …

softbanksprint
ソフトバンクが買収した米スプリントの業績に改善傾向。黒字化も見えてきた?

 ソフトバンクが216億ドル(約2兆2000億円)をかけて買収した米スプリントの …

kuukikan
中国の富豪が大気汚染に抗議?して空気の缶詰を販売。シニカルな戦略が意味するもの

 連日、深刻な大気汚染が続いている北京でユニークな商品が販売され話題となっている …

bukkajoushou
コアコア指数もとうとうプラス転換。輸入価格の上昇でとうとう本格的インフレがスタート?

 日本経済は長期にわたるデフレが終了し、インフレへの転換が始まった可能性が高い。 …

wine02
日本産ワインのブランド力強化法案は効果を発揮するのか?

 国産ワインのブランド力を強化するため、自民党が「ワイン法案」について検討してい …

airport
先進国と新興国の人材移動が活発に。グローバル時代の厳しい現実

 経済危機の長期化とグローバル経済の進展によって、先進国と新興国の間における人の …

hmv
英国でHMVが破綻、90年以上の歴史に幕。日本と異なりAKBがいないので復活困難か?

 英国の音楽ソフト販売大手HMVグループは14日、破綻を宣言した。すでに管財人を …