ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

企業の業績拡大が中小企業にも波及。ただ設備投資は公共事業の依存度が高い

 

 財務省は2014年6月2日、2014年1~3月期の法人企業統計を発表した。売上高、経常利益、設備投資ともに前年同期比でプラスとなった。特に資本金1億円未満の会社における伸びが顕著であった。これまで大企業に限定されていた業績の伸びがようやく中小にも波及しつつある。

setubitousi

 金融機関を除く全産業の売上高は345兆3293億円で前年同期比で5.6%の増加となった。製造業、非製造業とも、ほぼ同じ水準で伸びた。経常利益は17兆4552億円で前年同期比20.2%の増加となった。こちらは非製造業の伸びが極めて大きい。利益については非製造業主導であることが分かる。
 設備投資は12兆2307億円で、前年同期比7.4%の増加となった。設備投資がプラスになるのは4四半期連続である。

 全体として、資本金1億円未満の企業の伸びが顕著である。これまで業績回復は大企業に限定され、中小企業にはあまり波及していなかった。というよりも、大企業の利益率が増加し、中小企業の利益率が大きく減少するなど、下請けに対する値引き要求が強いことを伺わせた。だがここにきてようやく中小企業の業績も回復しつつあるようだ。

 今後の景気拡大のカギを握るのは設備投資だが、全体の状況は改善してきているものの、まだ手放しで喜べる段階ではない。製造業において設備投資が好調なのは、自動車、食品などの分野で、それぞれ前年同期比で2ケタの伸びを示している。
 一方、鉄鋼は19.6%のマイナス、海外への工場移転が激しい化学は11.3%のマイナスである。依然として海外への製造拠点流出は続いている。

 また非製造業では建設業界の伸びが53.9%と突出している。かろうじて運輸が20%台の伸びとなっているが、それ以外の業種は軒並み数%程度にとどまっている。非製造業の設備投資の拡大は、巨額の公共事業で支えられていることが分かる。

 今年度は公共事業の絶対数は減るが、オリンピック特需などもあり、引き続き需要は堅調である。ただ、公共事業主導の景気回復はいずれ限界が来る。その前に、消費主導で設備投資が回復するようにならないと、景気は腰折れしてしまうだろう。

 - 経済 , ,

  関連記事

caterpilar
米キャタピラーの決算を見る限り、世界経済減速の米国への影響は限定的

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年10月23日、2014年7~9月期の決 …

setubitousi
GDP改定値は下方修正。ただ、暦年の数字はほとんど変わらずゼロ成長が確定

 内閣府は2015年3月9日、2014年10~12月期のGDP(国内総生産)改定 …

eikokumei
英国がEU単一市場からの撤退を表明。予想の範囲内だが、今後の交渉は難航か?

 英国のメイ首相はEU(欧州連合)からの離脱をめぐり、EU域内の単一市場から完全 …

bananki
FRBが失業率ターゲットを導入。とうとう出口戦略が見えてきた?

 米連邦準備制度理事会(FRB)は12日、連邦公開市場委員会(FOMC)を開催し …

imf201404
米国依存が鮮明になったIMFの最新世界経済見通し。日欧の量的緩和策が次の焦点に

 IMF(国際通貨基金)は2014年4月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

virginatlantic
シティバンクに続いてヴァージン航空も日本撤退。その背景にあるもの

 英国のヴァージンアトランティック航空は2014年9月3日、成田-ロンドン線につ …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

foxconn02
シャープに拒絶された鴻海が日本に開発拠点を設立。シャープ技術者の採用に乗り出す

 経営再建中のシャープに出資を検討したものの、最終的にはこれを断念した台湾の鴻海 …

businessman
給料の世代間格差に変化の兆しが。高齢者以外は結局皆同じに?

 賃金など労働者の待遇に中高年と若年層で格差があることは以前から指摘されているが …

rakutenmufg
楽天が投資判断を引き下げたアナリスト・レポートに対して異例の批判

 楽天は7月2日、同社に対する投資判断を引き下げた三菱UFJモルガン・スタンレー …