ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スペイン民主化の象徴であるカルロス国王が退位。上からの民主主義は根付いたか?

 

 スペインのラホイ首相は2014年6月2日、国王のフアン・カルロス1世が退位すると発表した。国王の地位はフェリペ皇太子に譲位する。

carlos

 カルロス国王はスペイン国民にとっては特別な存在である。カルロス国王はもともと、スペインの独裁者フランコ将軍が後継者として育て上げ、将軍が1975年に死去したのち、遺言に基づいて王位についた人物である。
 だが即位したカルロス国王はフランコ将軍の体制を継承せず、民主化を進めたことで、スペインは現在の体制に移行することができた。カルロス国王は現代スペインの民主主義を象徴する人物なのである。

 だが民主主義が根ざしていない社会でこうした、上からの改革を断行すれば、あちこちに歪みが出る。こうした対立をうまくまとめ、民主的な体制を維持するための精神的支柱がカルロス国王だったわけだが、それゆえにカルロス国王への批判はタブー視されていた。国王の権威が失墜すると、せっかく 構築しかかった民主主義が崩壊してしまうのではないかという恐怖感が国民の間にあったからだ。

 だが最近では王室批判も公然と行われるようになり、以前とはだいぶ雰囲気が違ってきている。カルロス国王の次女であるクリスティーナ王女が、脱税と資金洗浄(マネーロンダリング)の容疑で裁判所に召喚されたのは、その良い例といえる。王室に敬意を払いつつも、容赦ない批判を浴びせるというのは、民主主義が定着してきたひとつの証拠でもある。

 次女のスキャンダルが噴出したことや、国王が高齢で健康不安があること、一方でフェリペ皇太子の国民からの人気が非常に高いことなどを総合的に考え、カルロス国王は、制度にはない、生存中の退位を決断したものと考えられる。

 フェリペ皇太子がスムーズに王位を継承し、混乱することなくスペインの統治を行うことができれば、スペインはようやく軍事政権という負の遺産を解消できるかもしれない。
 上からの民主化が行われた故に、まだ完全に民主主義を消化しきれていないという点で、スペインと日本には共通点がある。フェリペ皇太子即位後のスペインがどのような道筋を辿るのか、日本人にとっても要注目である。

 - 政治 , ,

  関連記事

kimujonun04
北朝鮮が核実験を強行した本当の理由とは?水面下で米朝交渉が進展?

 北朝鮮が3回目の核実験に踏み切ったことで、周辺諸国や国連は北朝鮮に対する制裁に …

beichushunoukaidan20141113
APEC終了後、米中が長時間の首脳会談を実施。米中関係はより実務的な段階へ

 米国のオバマ大統領と中国の習近平国家主席は2014年11月11日、北京で開催さ …

factory07
米国がモノを買わなくなっている。日本人は米国の過剰消費を批判している場合ではない

 米国が世界の買い手としての立場を降りようとしている。新興国経済の鈍化が目立つ中 …

no image
ギリシャで脱税リストを暴露したジャーナリストが逮捕。ギリシャと日本は同じレベル

 ギリシャ警察は28日、脱税者の名簿をスクープしたジャーナリスト、コスタス・バク …

honkon
フィリピン人メイドの永住権訴訟で、香港と中国の関係性が再び議論の俎上に

 香港でメイドとして働く外国人労働者に永住権を付与しないとした香港の司法判断が、 …

koga
橋下氏の「変節」をブレーンの古賀氏が批判。元官僚をやたら持ち上げる日本社会の病理

 維新の会の橋下代表代行が、脱原発政策について事実上撤回する発言を行ったことに対 …

ohkizan
米中間の貿易交渉に垣間見る、中国が抱える意外な弱点とは?

 米国ワシントンで開催されていた第23回米中合同商業貿易委員会 (JCCT)が1 …

abesaninsen
自民圧勝が逆に制約?TPPなど規制緩和を前に「族議員」の動きはどうなるか?

 参院選で自民党が圧勝したことで、規制緩和などに対する利益団体の動きに注目が集ま …

abeobama201404
クールで事務的といわれるオバマ大統領。今回の首脳会談でもその傾向がハッキリと

 オバマ米大統領が来日し、安倍首相と首脳会談を行った。オバマ政権は、よく言えば実 …

abeamari02
TPPはオバマ大統領来日が妥結タイミング?決裂の場合、その先の対策が必要

 シンガポールで開催されたTPP(環太平洋パートナーシップ協定)の閣僚会合が物別 …