ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スペイン民主化の象徴であるカルロス国王が退位。上からの民主主義は根付いたか?

 

 スペインのラホイ首相は2014年6月2日、国王のフアン・カルロス1世が退位すると発表した。国王の地位はフェリペ皇太子に譲位する。

carlos

 カルロス国王はスペイン国民にとっては特別な存在である。カルロス国王はもともと、スペインの独裁者フランコ将軍が後継者として育て上げ、将軍が1975年に死去したのち、遺言に基づいて王位についた人物である。
 だが即位したカルロス国王はフランコ将軍の体制を継承せず、民主化を進めたことで、スペインは現在の体制に移行することができた。カルロス国王は現代スペインの民主主義を象徴する人物なのである。

 だが民主主義が根ざしていない社会でこうした、上からの改革を断行すれば、あちこちに歪みが出る。こうした対立をうまくまとめ、民主的な体制を維持するための精神的支柱がカルロス国王だったわけだが、それゆえにカルロス国王への批判はタブー視されていた。国王の権威が失墜すると、せっかく 構築しかかった民主主義が崩壊してしまうのではないかという恐怖感が国民の間にあったからだ。

 だが最近では王室批判も公然と行われるようになり、以前とはだいぶ雰囲気が違ってきている。カルロス国王の次女であるクリスティーナ王女が、脱税と資金洗浄(マネーロンダリング)の容疑で裁判所に召喚されたのは、その良い例といえる。王室に敬意を払いつつも、容赦ない批判を浴びせるというのは、民主主義が定着してきたひとつの証拠でもある。

 次女のスキャンダルが噴出したことや、国王が高齢で健康不安があること、一方でフェリペ皇太子の国民からの人気が非常に高いことなどを総合的に考え、カルロス国王は、制度にはない、生存中の退位を決断したものと考えられる。

 フェリペ皇太子がスムーズに王位を継承し、混乱することなくスペインの統治を行うことができれば、スペインはようやく軍事政権という負の遺産を解消できるかもしれない。
 上からの民主化が行われた故に、まだ完全に民主主義を消化しきれていないという点で、スペインと日本には共通点がある。フェリペ皇太子即位後のスペインがどのような道筋を辿るのか、日本人にとっても要注目である。

 - 政治 , ,

  関連記事

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

cop20a
京都議定書に変わる新しい枠組みを議論するCOP20。米中欧主導で日本は不利に?

 地球温暖化対策に関する国連の会議「COP20」が、南米ペルーで12月2日から開 …

monju
高速増殖炉もんじゅは廃炉にするも、あたらな高速炉の開発計画が浮上

 運転停止中の高速増殖炉「もんじゅ」について、政府が廃炉に向けて動き始めた。一方 …

shakaihoshokokuminkaigi03
社会保障制度改革国民会議の最終報告。年金は現状維持で、世代間不公平は解消されず

 社会保障制度のあり方に関して議論する政府の「社会保障制度改革国民会議」は8月5 …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

nouchi
コメ農家の平均的な農業収入はわずか年50万円。減反廃止以前に農業は崩壊している

 政府与党は11月25日、コメの生産調整(いわゆる減反)の見直しを柱とする農政改 …

abekenpou
憲法解釈の見直しに、何故か内閣法制局が障壁となっていた日本の不思議

 安倍首相は8月2日、内閣法制局の新しい長官に、集団的自衛権の行使に前向きとされ …

no image
人民元が対ドルでじわじわ上昇。中国当局が米側に譲歩か?

 この1ヶ月、対ドルでの人民元の上昇が続いている。7月に1ドル=6.3967元の …

sakuranomiya
桜宮高校バスケ部の自殺問題はルール不在という日本社会の不透明性を象徴している

 大阪市立桜宮高校バスケットボールの男子生徒が自殺した問題で、学校側が自殺の4日 …

anansi
これぞ知識産業!草野球ツアーで観光客を誘致する阿南市の画期的な取り組み

 多くの自治体が観光客の招致を目指して各種振興策を立案しているが、お役所のセンス …