ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スペイン民主化の象徴であるカルロス国王が退位。上からの民主主義は根付いたか?

 

 スペインのラホイ首相は2014年6月2日、国王のフアン・カルロス1世が退位すると発表した。国王の地位はフェリペ皇太子に譲位する。

carlos

 カルロス国王はスペイン国民にとっては特別な存在である。カルロス国王はもともと、スペインの独裁者フランコ将軍が後継者として育て上げ、将軍が1975年に死去したのち、遺言に基づいて王位についた人物である。
 だが即位したカルロス国王はフランコ将軍の体制を継承せず、民主化を進めたことで、スペインは現在の体制に移行することができた。カルロス国王は現代スペインの民主主義を象徴する人物なのである。

 だが民主主義が根ざしていない社会でこうした、上からの改革を断行すれば、あちこちに歪みが出る。こうした対立をうまくまとめ、民主的な体制を維持するための精神的支柱がカルロス国王だったわけだが、それゆえにカルロス国王への批判はタブー視されていた。国王の権威が失墜すると、せっかく 構築しかかった民主主義が崩壊してしまうのではないかという恐怖感が国民の間にあったからだ。

 だが最近では王室批判も公然と行われるようになり、以前とはだいぶ雰囲気が違ってきている。カルロス国王の次女であるクリスティーナ王女が、脱税と資金洗浄(マネーロンダリング)の容疑で裁判所に召喚されたのは、その良い例といえる。王室に敬意を払いつつも、容赦ない批判を浴びせるというのは、民主主義が定着してきたひとつの証拠でもある。

 次女のスキャンダルが噴出したことや、国王が高齢で健康不安があること、一方でフェリペ皇太子の国民からの人気が非常に高いことなどを総合的に考え、カルロス国王は、制度にはない、生存中の退位を決断したものと考えられる。

 フェリペ皇太子がスムーズに王位を継承し、混乱することなくスペインの統治を行うことができれば、スペインはようやく軍事政権という負の遺産を解消できるかもしれない。
 上からの民主化が行われた故に、まだ完全に民主主義を消化しきれていないという点で、スペインと日本には共通点がある。フェリペ皇太子即位後のスペインがどのような道筋を辿るのか、日本人にとっても要注目である。

 - 政治 , ,

  関連記事

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …

kanntei
薬のネット解禁判決に対抗して政府は薬事法改正を画策。日本に「法の支配」は存在しない

 一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を禁止した厚生労働省令は違法だとして …

virgin
英ヴァージン社が宇宙船のテスト飛行に成功。真の狙いは宇宙開発事業の請負?

 英ヴァージン・グループ傘下の宇宙旅行会社「ヴァージン・ギャラクティック」は4月 …

keijiban
中国共産党が国民からの不満や要望を受け付けるサイトを構築。明るい文化大革命?

 中国共産党は、国民の党や政府に対する不満の高まりを背景に、国民からの声を集める …

abeshouhizei
法人減税の急浮上によって、政府内部の財政をめぐる綱引きが激化

  安倍政権が消費税の増税と、これに対応した総額5兆円の経済対策を発表したことで …

rokkasho
韓国から核燃料の再処理を受託との報道。原子力は核の問題であるという理解が必要

 日本政府が、使用済み核燃料の再処理を韓国から受託することを検討しているという東 …

ichimanen
政府が中長期的な財政収支見通しを発表。最後は歳出の大幅抑制しかない?

 政府は2015年2月12日、「中長期の経済財政に関する試算」を公表した。前回の …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

abekenpo
安倍政権が世論最優先のスタンスに転換。党内の力学バランスに変化か?

 与党内の力学関係に変化の兆しが出てきた。安倍首相が現行の憲法9条を残した形での …

krugman
アベノミクスをクルーグマン教授が評価したという記事で触れられなかった事実とは?

 米国の著名な経済学者ポール・クルーグマン氏が安倍政権の経済政策「アベノミクス」 …