ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

5年ぶりに米兵解放。タリバンが撮影した引き渡し場面の驚くべき中身

 

 アフガニスタンでタリバンに拘束されていた米陸軍軍曹ボウ・バーグダル氏が2014年5月31日、タリバンのメンバー5人と引き換えに解放された。
 タリバンは、バーグダル氏を米軍に引き渡す様子をビデオ撮影しており、これを公開した。人質の引き渡しという通常では見られない場面であり、多くの関係者が映像内容に注目している。

hitojichi

 映像には、この手の極秘任務に特徴的な点がいくつか見られるという。
 タリバン側はバーグダル氏を乗せた車を指定場所に駐車していたが、周辺の丘には銃を持った兵士を配置し、車を見下ろせる位置で警戒していた。
 米軍はヘリで救出に向かったが、当初、タリバン側に対しては発煙筒で位置を知らせるよう通知していた。
 だが、タリバンはあえて発煙筒は使わず、白い旗を振ってヘリに合図していた。また車のボンネットは開けっ放しになっていたが、これも隠れたサインのひとつといわれている。米軍とタリバン双方の内部にスパイがいることを警戒しての措置といわれている。

 ヘリのすぐそばには銃を持った米兵が待機していたが、タリバン側に歩み寄ってきたのは軍服を着ていない3人の人物であった。米メディアではCIAの工作員であると報じている。
 3人の工作員は腕に包帯のようなものをしており、1人は左手でタリバンと握手をしていた。専門家によれば、包帯の内部には武器を携帯している可能性が高いという。

 バーグダル氏を引き取った後、1人は同氏の体を手早くチェックしていた。爆弾を巻き付けられ、ヘリごと吹き飛ばされる可能性があったからである。武器がないことを確認した後、バーグダル氏と3人の工作員はヘリに乗り込んだが、その際、バーグダル氏が持っていたカバンは、中身を見ずに投げ捨てられている。これも爆発物を警戒しての措置だが、ヘリが地上に待機する時間を最小限にすることが最優先されているようであった。

 バーグダル氏は処刑されるのか、解放されるのか、まったく知らされていなかったらしく、ヘリに乗り込み、周囲がすべて米国人であることを知ると、その場で泣き崩れたという。
 実は同氏に対しては、逃亡兵であるとの疑惑も出ている。このあたりはバーグダル氏の帰国後、詳細な調査が行われることになるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

ryounei
中国初の空母「遼寧」が着艦に成功。だが中国の空母運用が前途多難なワケとは?

 中国初の空母「遼寧」が艦載機に着艦に成功したと中国メディアが伝えている。着艦に …

kanmintaiwa
企業に設備投資を要請する官民対話。企業の財布は便利な財源?

 政府は2015年10月16日、企業に設備投資を促すための官民対話の初会合を開催 …

grillo
イタリア総選挙が大混乱。欧州危機が再燃するのか?それもと一時的なショックか?

 2月24日と25日に投票が行われたイタリア総選挙の結果が大混乱となり、世界の市 …

buffett
著名投資家のバフェット氏が訪中。改革派のホープ汪洋副総理と会談

 国営新華社など中国のメディアは、米国の著名投資家ウォーレン・バフェット氏が5月 …

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

sinnkansen
新幹線が大規模改修を前倒しで実施。ボロボロといわれる首都高は大丈夫なのか?

 東海旅客鉄道(JR東海)は29日、東海道新幹線の大規模改修を5年前倒しして開始 …

robot
グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は20 …

no image
オスプレイの普天間移動が中止に。やっぱり天気が悪いと危なくて飛べないのか?

 米海兵隊は28日に予定してた垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの岩国基地から普 …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

boeing777
ボーイングが国内生産を維持する代わりに従業員の待遇を引き下げた背景

 米ボーイングは2014年1月4日、次世代の主力機である「ボーイング777X」の …