ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州中銀がマイナス金利導入を決定。背景は「日本化」に対する懸念

 

 欧州中央銀行(ECB)は2014年6月5日、定例理事会を開催し、追加の金融緩和策を決定した。政策金利を過去最低の0.15%としたほか、民間銀行から資金を預かる際の金利をマイナスにするいわゆるマイナス金利政策の導入も決定した。

 ecb02 指標となる政策金利はこれまでの0.25%から0.1%引き下げ、過去最低の0.15%とした。民間銀行から資金を預かる際の金利は、これまでゼロに設定していたが、今回からは逆に0.1%の金利を徴収する。
 金融機関は資金を貸し出しに回さないとECBに金利を支払う必要が出てくるため、融資の拡大が期待される。マイナス金利の導入は、主要国では初めての試みとなる。

 ただECBは、国債などの資産を購入して市場に資金を供給する、いわゆる量的緩和策の導入は見送った。ただし、今後、ABS(資産担保証券)の購入を検討するとの声明を出しており、今後に含みを残した形となっている。

 ECBがマイナス金利の導入に踏み切ったのは、欧州経済の低インフレ傾向がより鮮明になっているからである。
 ユーロ圏の5月の消費者物価指数はプラス0.5%であった。昨年は1%台後半であったことを考えると、急激な落ち込みである。欧州は危機的状況は脱したものの、今度は物価が思うように上昇しないという状況になっており、欧州の「日本化」を指摘する声も上がっている。

 ただ欧州が本当にデフレに苦しんだ日本と同じ状態になっているのだとすると、金利をマイナスにしたところで、貸し出しは伸びない可能性が高い。

 欧州では、ドイツなど経済が堅調な国が構造改革を主張する一方、スペインやフランスなど低成長国が痛みを伴う改革を拒否するという構図になっている。
 この状況を脱する唯一の方法は、いまのところ量的緩和策しかないのが現実であり、ECBはそう遠くない時期に量的緩和策に踏み切る可能性が高い。

 - 経済 ,

  関連記事

zangyou
長時間労働の人ほど上司がそれを評価してくれていると考えている?

 長時間労働をする人ほど、残業について上司が評価してくれていると考える割合いが高 …

seveneleven
コンビニ最大手のセブンがとうとう加盟店からのロイヤリティ減額を決断

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが「聖域」とされてきた加盟店からのロイヤリティ …

runesasu002
日本のモノ作りがダメになった本当の理由は、「新しもの好き」を止めてしまったから

 製造業は衰退したとのイメージが強い米国だが、半導体の分野ではその存在感がますま …

kokubohakusho
中国が国防白書を発表。その内容を日本人はどう解釈すべきか?

 中国政府は4月16日、国防白書を発表した。アジア太平洋地域に対する軍事的シフト …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

dell
デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経 …

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

joyou
LIXILグループの中国子会社破たん。積極的な海外M&Aはリスクなのか?

 LIXILグループが、海外子会社の破たんによって大幅な減益に追い込まれる見通し …

nichigin04
日銀が物価目標の再度先送りを検討中。実施されれば何と5回目

 日銀が今月開催する金融政策決定会合において物価目標の見通しを引き下げ、物価目標 …

amarikaiken
甘利氏の「予想」通りGDPは上方修正。発言の何が問題なのか?

 内閣府は2015年12月8日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)改定値 …