ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

欧州中銀がマイナス金利導入を決定。背景は「日本化」に対する懸念

 

 欧州中央銀行(ECB)は2014年6月5日、定例理事会を開催し、追加の金融緩和策を決定した。政策金利を過去最低の0.15%としたほか、民間銀行から資金を預かる際の金利をマイナスにするいわゆるマイナス金利政策の導入も決定した。

 ecb02 指標となる政策金利はこれまでの0.25%から0.1%引き下げ、過去最低の0.15%とした。民間銀行から資金を預かる際の金利は、これまでゼロに設定していたが、今回からは逆に0.1%の金利を徴収する。
 金融機関は資金を貸し出しに回さないとECBに金利を支払う必要が出てくるため、融資の拡大が期待される。マイナス金利の導入は、主要国では初めての試みとなる。

 ただECBは、国債などの資産を購入して市場に資金を供給する、いわゆる量的緩和策の導入は見送った。ただし、今後、ABS(資産担保証券)の購入を検討するとの声明を出しており、今後に含みを残した形となっている。

 ECBがマイナス金利の導入に踏み切ったのは、欧州経済の低インフレ傾向がより鮮明になっているからである。
 ユーロ圏の5月の消費者物価指数はプラス0.5%であった。昨年は1%台後半であったことを考えると、急激な落ち込みである。欧州は危機的状況は脱したものの、今度は物価が思うように上昇しないという状況になっており、欧州の「日本化」を指摘する声も上がっている。

 ただ欧州が本当にデフレに苦しんだ日本と同じ状態になっているのだとすると、金利をマイナスにしたところで、貸し出しは伸びない可能性が高い。

 欧州では、ドイツなど経済が堅調な国が構造改革を主張する一方、スペインやフランスなど低成長国が痛みを伴う改革を拒否するという構図になっている。
 この状況を脱する唯一の方法は、いまのところ量的緩和策しかないのが現実であり、ECBはそう遠くない時期に量的緩和策に踏み切る可能性が高い。

 - 経済 ,

  関連記事

factory03
欧州と米国で製造業の好調な指標が相次ぐ。世界経済が大きく変化する兆候か?

 欧州と米国の製造業に関する良好な指標が相次いでいる。調査会社マークイットが8月 …

uber01
ウーバーに対して世界各地で逆風。タクシーはどの国でも政治利権化しやすい?

 スマホを使った配車サービスを手がけるウーバーが、各国で営業停止などの逆風にさら …

bitcoinkessai
ビックカメラ、リクルートが中国人観光客をターゲットに相次いでビットコイン決済を導入

 決済通貨としてビットコインに対応する動きが活発化している。背景にあるのは訪日外 …

putin
欧米の経済制裁で疲弊が進むロシア経済。落とし所の探り合いが続く

 ロシアに対する経済制裁がロシア経済をじわじわと追い込んでいる。ロシア経済の要で …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …

sanfranrengin
実はそれほど悪くない?サンフランシスコ連銀の米GDPに関する見解が話題に

 年率換算でプラス0.2%成長にとどまっていた2015年1~3月期の米GDP(国 …

mof05
国債なんてもう要らない。プライマリーディーラー返上で三菱UFJが財務省に宣戦布告?

 三菱東京UFJ銀行が、有利な条件で国債の入札に参加できる「国債市場特別参加者」 …

kokusaishushi201412
円安と直接投資の増加で経常収支が改善。急がれる国内産業構造の転換

 財務省は2015年2月9日、12月の国際収支を発表した。最終的な国の収支を示す …

chokinbako
家計の貯蓄率が初めてマイナスに。最終的には経常収支と国債消化余力に影響

 日本の家計貯蓄率がはじめてマイナスとなった。貯蓄率の低下は、最終的には国債の消 …

bananki
バーナンキ前FRB議長が銀行から住宅ローンの借り換えを拒絶されたことの解釈は?

 米FRB(連邦準備制度理事会)のバーナンキ前議長が、住宅ローンの借り換えについ …