ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

万里の長城遭難ツアー会社は死亡事故2回目。危険ツアーが組まれる背景とは?

 

  中国の「万里の長城」付近で起きた日本人ツアー客4人が遭難した事故で、ツアーを企画した「アミューズトラベル」は5日、報道陣を前に、「ご遺族にはたいへん申し訳なく思っています。おわび申し上げます」と謝罪した。

 同社は、実は3年前にも北海道大雪山で8人が死亡するという夏山史上最悪の事故を起こしたツアーを主催している。観光庁はこの事故をうけて、同社を51日間の業務停止処分にしている。

 大惨事を繰り返した同社には批判の声が高まりそうな状況だが、このような危険なツアーが組まれる背景には、旅行市場の大きな変化があるという。

 かつて旅行業界は主に若い世代をターゲットとしてきた。旅行代理店大手のHISは格安航空券の販売で急成長した会社。顧客のほとんどはいわゆるバックパッカーと呼ばれる、荷物一つで世界を貧乏旅行する若者であった。
 だが最近の若年層は日本の高齢者優遇政策のあおりをうけて、給料が安くお金がない。しかも旅行そのものに対してもあまり興味を持っていない。HISの顧客層はそのまま持ち上がり、今では完全にシニア層向けの旅行代理店となっている。

 同社に限らず、現在の旅行業界はシニア層を顧客にしないと商売にならないのである。だが今のシニア層はお金とヒマを持て余しており、普通のツアーでは満足しない。多少金額が高くても、冒険がかった面白いツアーを望むのだという。
 だがこの手の顧客は面倒なことが大嫌い。重装備が必要とパンフレットに書こうものなら、すぐに敬遠されてしまう。いきおい「軽装備で大丈夫ですと説明しがち」(旅行代理店経営者)なのだという。

 前回の事故でも同社は業務上過失致死罪で捜査されていることから、今回は「みせしめ」で逮捕されるような事態も想定される。
 ずさんな計画を立てる旅行代理店の責任が重いことは事実だが、一方で旅行における安全を確保するのは自分自身というのもまた真実である。今回、同社や関係者を処罰したところで、根本的な解決にはならないだろう。

 - 社会, 経済

  関連記事

robot
グーグルが本格的にロボット市場に参入。ズバリ、その目的は軍事用途

 インターネット検索最大手の米グーグルがロボット事業を加速させている。同社は20 …

no image
尖閣問題で自動車メーカーが悲鳴。だけど中国ではもともと売れてないんじゃないの?

 尖閣諸島問題を受けて、日本の自動車メーカーが大打撃を受けていると各誌が報じてい …

joseikatuyaku
政府が1億総活躍社会における経済効果を試算。個人消費は13.7兆増えるとしているが・・・

 政府は2016年4月18日、一億総活躍社会を目指す取り組みが実現した場合の経済 …

kiha183
事故多発のJR北海道は事実上の国鉄。毎年大赤字でも経営が維持できているワケ

 JR北海道で列車事故が相次いでいる件で、菅官房長官は9月24日の記者会見におい …

shukinpeihoubei2015
習近平国家主席の米国訪問始まる。ビル・ゲイツ氏は何と自宅で直接もてなし

 中国の習近平国家主席は2015年9月22日から、2回目となる米国訪問を行ってい …

nenkintecho
国民年金納付率が向上。だが実態は督促の強化と、給付対象者の減少

 厚生労働省は2014年6月23日、2013年度の国民年金の納付状況について公表 …

cop21paris
COP21、途上国も参加する初の協定を採択したが、削減目標は各国まかせ

 パリで開かれていた地球温暖化対策の国連会議COP21は、2015年12月13日 …

bouekitoukei201306
6月の貿易収支は円安効果で赤字縮小。だが産業構造の変化で数量減少は止まらず

 財務省は7月24日、6月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し引いた貿易 …

winefund
国内唯一のワインファンド会社が破産。投資家には虚偽報告の可能性

 ワイン投資ファンドを運営する株式会社ヴァンネットが東京地裁に自己破産を申請した …

bananki
バーナンキ議長は実は市場のことを分かっていなかった?緩和縮小見送りに関する新情報

 9月からの量的緩和縮小という市場のコンセンサス180度ひっくり返し、市場に衝撃 …