ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

万里の長城遭難ツアー会社は死亡事故2回目。危険ツアーが組まれる背景とは?

 

  中国の「万里の長城」付近で起きた日本人ツアー客4人が遭難した事故で、ツアーを企画した「アミューズトラベル」は5日、報道陣を前に、「ご遺族にはたいへん申し訳なく思っています。おわび申し上げます」と謝罪した。

 同社は、実は3年前にも北海道大雪山で8人が死亡するという夏山史上最悪の事故を起こしたツアーを主催している。観光庁はこの事故をうけて、同社を51日間の業務停止処分にしている。

 大惨事を繰り返した同社には批判の声が高まりそうな状況だが、このような危険なツアーが組まれる背景には、旅行市場の大きな変化があるという。

 かつて旅行業界は主に若い世代をターゲットとしてきた。旅行代理店大手のHISは格安航空券の販売で急成長した会社。顧客のほとんどはいわゆるバックパッカーと呼ばれる、荷物一つで世界を貧乏旅行する若者であった。
 だが最近の若年層は日本の高齢者優遇政策のあおりをうけて、給料が安くお金がない。しかも旅行そのものに対してもあまり興味を持っていない。HISの顧客層はそのまま持ち上がり、今では完全にシニア層向けの旅行代理店となっている。

 同社に限らず、現在の旅行業界はシニア層を顧客にしないと商売にならないのである。だが今のシニア層はお金とヒマを持て余しており、普通のツアーでは満足しない。多少金額が高くても、冒険がかった面白いツアーを望むのだという。
 だがこの手の顧客は面倒なことが大嫌い。重装備が必要とパンフレットに書こうものなら、すぐに敬遠されてしまう。いきおい「軽装備で大丈夫ですと説明しがち」(旅行代理店経営者)なのだという。

 前回の事故でも同社は業務上過失致死罪で捜査されていることから、今回は「みせしめ」で逮捕されるような事態も想定される。
 ずさんな計画を立てる旅行代理店の責任が重いことは事実だが、一方で旅行における安全を確保するのは自分自身というのもまた真実である。今回、同社や関係者を処罰したところで、根本的な解決にはならないだろう。

 - 社会, 経済

  関連記事

tenanmon
中国にとって日本は最大の投資家。尖閣問題は対中投資にまったく影響を与えていない

 中国商務省は5月16日、4月における海外から中国への直接投資は前年同期比0.4 …

gpifpotofori2015
株式市場で圧倒的な存在感を示す公的年金。まだまだ買い余力はあるが・・・

 株式市場における公的年金の存在感が大きくなっている。債券から株式へのポートフォ …

suitai
各種世界ランキングへの関心が急低下?日本経済は死の受容プロセスの3段階目か

 このところ日本が各種の世界ランキングで著しく順位を落としている。以前は、ランキ …

keri
米国人はバカになる権利がある!ケリー国務長官が世界に突き付ける本質的テーマ

 欧州を歴訪中のケリー米国務長官が訪問先のドイツで行った講演が、ちょっとした話題 …

abeseichou02
安倍首相が成長戦略第2弾を発表。規制緩和を掲げるも消極的な印象。焦点は特区構想へ

 安倍首相は5月17日、都内で講演し企業の設備投資を年間70兆円台に回復させるこ …

jinkouchino
学会誌の女性イラスト事件から考える、オープンな現代社会を生き抜く知恵

 人工知能学会は2014年1月9日、1月発行の同学会誌表紙に掲載された女性のイラ …

softbankken
ソフトバンクの決算が絶好調。ようやく携帯電話が繋がるようになるか?

 ソフトバンクが31日、半期決算を発表し、具体的な数値は公表しなかったものの、通 …

no image
米国のネット通販に韓国からのアクセス制限がかかるワケ

 年末商戦真っ最中の米国において、韓国からのインターネット・アクセスが制限され、 …

presskiki
企業はまだまだ設備投資に慎重。アベノミクスも最後は米国頼み?

 昨年末から円安と株高が進み、国内の景気見通しも徐々に改善してきているが、企業は …

kokuzei
確定申告の時期を迎え申告漏れのニュースが増加。今後の本丸は庶民の相続税

 確定申告の時期を迎え、全国で申告漏れや脱税のニュースが増加している。昨年末には …