ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本の若者は突出してネガティブという調査結果をどう見るか?

 

 内閣府は2014年6月3日、2014年版「子ども・若者白書」を公表した。日本の若者は、諸外国と比べて自己を否定的に捉える傾向が強く、自分自身に満足している割合がもっとも低いことが明らかになった。

wakamonohakusho

 白書では毎年、テーマを設定して、大規模な調査を実施している。今年度のテーマは若者の意識である。日本、韓国、アメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、スウェーデンの7カ国の若者を対象にした意識調査結果をもとに、若者の意識について主に6つの項目で分析している。

 この中で自分自身に満足している若者の割合は、日本は45.8%と7カ国中最低であった。トップは米国で86.0%、2位はフランスで82.7%であった。日本は韓国の71.5%と比較してもかなり低い。

 自分には長所がある、うまくいくか分からないことにも意欲的に取り組む、といった指標でも日本はやはり7カ国中最低である。一方、つまらないと感じたことがある、憂鬱だと感じたことがある、という若者の割合は7カ国中で断トツのトップだった。統計上は日本の若者は突出してネガティブということになる。

 こうした調査結果は、国民性に大きく左右される。欧米人は本心では憂鬱でもアンケートにはそう答えないかもしれないし、逆に日本人は自分の長所などについて控えめに回答する可能性が高い。同じ調査結果ではないので単純比較はできないが、日本人は以前から自己評価や将来についてネガティブに回答する傾向が強い。

 だが、数字はある意味で正直でもある。特に政策という観点からこうした調査結果を考える場合には、国民性やメンタルといったところに結論付けるのではなく、素直に若者がポジティブになれるための施策を検討する方が合理的である。

 同じ調査では、自国の将来に対して明るいイメージを持っている若者は、 自身の将来にも明るい展望を持っているという結果が出ている。当たり前のことかもしれないが、学校や職場での満足度が高い人は、自己肯定の割合が高いという相関も分かっている。

 日本社会が基本的に減点方式になっており、教育現場も同様に息苦しいというのは、以前から指摘されていることである。欠点ではなく長所を見出すようなカリキュラムの策定は、もっと真剣に検討してもよいだろう。また、最終的には日本の将来に希望を持てるような経済政策というものが重要になってくるはずだ。

 - 政治, 社会 , ,

  関連記事

mistral
ロシアと欧米の対立で軍艦をロシアに輸出していたフランスの立場が微妙に

 ウクライナ問題によって欧米とロシアの対立が続く中、ロシアに最新鋭の軍艦を提供し …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

chousahogei
調査捕鯨中止の判決は、ムラ社会型日本外交の完全な敗北

 国際司法裁判所は2014年3月31日、南極海で行われている日本の調査捕鯨を中止 …

carlos
カルロス国王次女の脱税疑惑をきっかけに、スペインは過去の呪縛に挑戦する

 スペインのファン・カルロス国王の次女クリスティーナ王女が、脱税と資金洗浄(マネ …

timo
レイア姫そっくりのウクライナ元首相、上告棄却で禁固刑確定

 職権乱用罪に問われていたウクライナのティモシェンコ前首相の控訴審で、上級裁判所 …

bitcoin
米英でビットコインを通貨として容認する動き。実現すれば両国に多額の資金が転がり込む

 ビットコインを通貨として容認する動きが米英で活発になってきた。日本は早々にビッ …

dokushogakusei
大学生の4割が読書時間ゼロ。だが本離れに拍車がかかっていると断言するのは早い

 大学生の約4割は読書時間がゼロであることが、全国大学生協連(東京)の「学生生活 …

kyouikusaisei02
政府の教育再生実行会議で「6・3・3・4制」の見直しがスタート。だが目的は曖昧なまま

 政府の教育再生実行会議は、小学校から大学までを「6・3・3・4」の年数で区切る …

tusuruga
敦賀原発が廃炉に?重大な結論を「空気」で決めるのは誰も責任を取りたくないから

 原発停止をめぐってまた茶番劇が繰り返されている。原子力規制委員会の調査団は10 …

abenaikaku
いよいよ安倍内閣が発足。閣僚人事を見れば政権運営の方向性が見えてくる

 衆議院は26日、午後の本会議において自民党の安倍総裁を首相に指名した。参院本会 …