ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

麻薬や売春など地下経済をGDPにカウントする動き。ランキングに混乱も

 

 麻薬や売春など、いわゆる地下経済をGDP(国内総生産)に含めることに関する議論が活発になっている。きっかけはGDP算出基準統一化を求めるEUの動き。だが内容が内容だけに波紋を呼ぶ可能性があるほか、GDPランキングの混乱も懸念される。

 drugeconomy EUは各国にGDPの算出基準を均一にするよう求めている。これは売春が合法化されているオランダなどの国と、合法化されていない国との差分をできるだけ小さくすることが狙いである。これにともなって、英国、アイルランド、イタリアは地下経済をGDP統計に加算することを決めた。

 海外メディアの報道によると、英国の地下経済は売春が90億ドル(約9200億円)、麻薬が74億ドルに達しているという。英国の2013年のGDPは2兆5000億ドルなので、両方を単純に加算するとGDPは約0.7%上乗せされる計算になる。

 ただこうした動きには政治的な側面もある。地下経済のGDP組み入れを真っ先に表明したイタリアは、改革を掲げるレンツィ政権が発足したばかりというタイミングであり、GDPの数字を大きくしたいという強い希望を持っている。
 見かけ上のGDPを大きくしても税収が増えるわけではないが、政府債務の比率はGDPが大きくなれば数字を小さく見せることができるからだ。

 ただこうした動きに対しては、懐疑的な見方もある。地下経済は捕捉が難しく、統計的な信頼性が確保できないと考える専門家は多い。地下経済は直接、取引の額を把握することができないからである。 例えば麻薬については、犯罪統計などから使用者数を推定し、平均的な使用量から全体の消費量を推定するという作業が必要となる。

 またひとくちに地下経済といっても売春と違法ドラッグだけが地下経済ではない。現金払いで記録が残らないちょっとした仕事、店舗での伝票を介さない売上げ、タクシーなどにおける売上高のごまかしなども地下経済に分類される。

 こうした地下経済の比率は社会の透明性が低い国ほど高いことが知られている。こうした部分までオモテ経済としてカウントするということになると、確かに収拾が付かなくなる可能性は高い。同じような意図で各国が地下経済のGDPへの組み入れを始めるようになると、GDPランキングに混乱が生じる可能性もある。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

doruen201311
ドル円が心理的節目である100円を完全突破?関係者の多くは円安継続を予想

 為替市場において、心理的な節目となっていた1ドル=100円のカベがとうとう破ら …

shukudai
お金持ちで高学歴ほど子供の成績は良いが、この差は勉強時間でカバーできる

 文部科学省は、親の年収や学歴が子供の学業成績にどのような影響を及ぼしているのか …

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

clubmedchina
元仏大統領の息子が経営する著名リゾート会社を中国が買収。課税回避が真の狙い?

 中国の投資会社である複星国際と、アクサ・グループの資産管理会社アクサ・プライベ …

trumpgikai
トランプ大統領の議会演説は想定通りで市場には安心感。ただ減税額は調整が必要か?

 トランプ米大統領は2017年2月28日、米議会において初の演説を行った。総額1 …

soudensen
景気は回復しないのに電力など生活必需品は次々値上げ。これではスタグフレーションだ

 アベノミクスによる株高で日本経済は楽観ムードに包まれているが、一方で経済成長な …

tacloban
フィリピンのアキノ大統領が、被災した現地自治体を批判した政治的背景

 台風30号で壊滅的な被害を受けたフィリピン・レイテ島の復興をめぐって、あらたな …

amari
本来の趣旨とは正反対。法人税減税議論は活力を削ぐ後ろ向きな話題ばかり

 法人税の実効税率引き下げの財源として、企業の赤字繰り越しを縮小する案が浮上して …

verizon
早まった?それとも大チャンス?ベライゾンのM&Aでソフトバンクに再び世界が注目

 米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズによる超大型買収が実現したことで、ソ …

trumpkanzei
トランプ氏が国境税に言及。米国は超大国なので意外と効果を発揮する可能性も

 トランプ次期大統領は2017年1月11日、選挙後初の記者会見を開催した。各国の …