ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

麻薬や売春など地下経済をGDPにカウントする動き。ランキングに混乱も

 

 麻薬や売春など、いわゆる地下経済をGDP(国内総生産)に含めることに関する議論が活発になっている。きっかけはGDP算出基準統一化を求めるEUの動き。だが内容が内容だけに波紋を呼ぶ可能性があるほか、GDPランキングの混乱も懸念される。

 drugeconomy EUは各国にGDPの算出基準を均一にするよう求めている。これは売春が合法化されているオランダなどの国と、合法化されていない国との差分をできるだけ小さくすることが狙いである。これにともなって、英国、アイルランド、イタリアは地下経済をGDP統計に加算することを決めた。

 海外メディアの報道によると、英国の地下経済は売春が90億ドル(約9200億円)、麻薬が74億ドルに達しているという。英国の2013年のGDPは2兆5000億ドルなので、両方を単純に加算するとGDPは約0.7%上乗せされる計算になる。

 ただこうした動きには政治的な側面もある。地下経済のGDP組み入れを真っ先に表明したイタリアは、改革を掲げるレンツィ政権が発足したばかりというタイミングであり、GDPの数字を大きくしたいという強い希望を持っている。
 見かけ上のGDPを大きくしても税収が増えるわけではないが、政府債務の比率はGDPが大きくなれば数字を小さく見せることができるからだ。

 ただこうした動きに対しては、懐疑的な見方もある。地下経済は捕捉が難しく、統計的な信頼性が確保できないと考える専門家は多い。地下経済は直接、取引の額を把握することができないからである。 例えば麻薬については、犯罪統計などから使用者数を推定し、平均的な使用量から全体の消費量を推定するという作業が必要となる。

 またひとくちに地下経済といっても売春と違法ドラッグだけが地下経済ではない。現金払いで記録が残らないちょっとした仕事、店舗での伝票を介さない売上げ、タクシーなどにおける売上高のごまかしなども地下経済に分類される。

 こうした地下経済の比率は社会の透明性が低い国ほど高いことが知られている。こうした部分までオモテ経済としてカウントするということになると、確かに収拾が付かなくなる可能性は高い。同じような意図で各国が地下経済のGDPへの組み入れを始めるようになると、GDPランキングに混乱が生じる可能性もある。

 - 社会, 経済 , ,

  関連記事

sitsugyou02
米国の雇用は急回復。焦点は長期失業者対策にシフトしつつある

 米労働省は12月6日、11月の雇用統計を発表した。代表的な項目である非農業部門 …

toyotausa
円安にも関わらず自動車メーカーが次々と国内生産を縮小。空洞化は最終段階へ突入

 円安が進行しているにも関わらず、自動車メーカーが国内生産を縮小させている。トヨ …

kokuritsukyogijo
創造か破壊か?新国立競技場のあまりの奇抜さと巨大さに各方面から異論噴出

 2020年の東京オリンピック開催が正式決定したことで、メイン会場となる新国立競 …

namapo
生活保護が4月から減額の可能性。だが実態はただのスタンドプレーで根本解決にはならず

 生活保護の給付が来年4月から減額される可能性が高まってきた。田村憲久厚生労働相 …

pokemongo
ポケモンGOの業績への貢献はごくわずかだが、任天堂は大きなポテンシャルを手にした

 スマホ向けゲームの「ポケモンGO」が世界的大ヒットになっていることから、任天堂 …

tansuyokin
マイナス金利以降、タンス預金がさらに増加。将来への不安を反映?

 マイナス金利の導入以降、タンス預金が増加していると言われてきたが、その傾向に拍 …

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

kyuyomeisai02
今年の春闘も昨年に引き続き高い伸び。全体への波及効果はどのくらいか?

 経団連は2015年4月16日、2015年の春闘について1次集計を取りまとめた。 …

tosho002
米国の利上げに市場の関心が集中。増税延期と大型補正にも市場の反応は鈍い

 安倍首相は2016年6月1日、消費増税の再延期と大型の補正予算について正式に表 …

bitcoin
各国がビットコイン規制を検討中。だがそれはタテマエかもしれない

 仮想通貨ビットコインの主要取引所マウンドゴックスが破綻したことを受けて、日本政 …