ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクがロボットを他社に先んじて製品化した本当の狙い

 

 ソフトバンクモバイルは2014年6月、人と対話することができるロボット「Pepper」を発表した。来年2月から販売を開始する。

pepper

 Pepperは、人の声や表情を認識する機能を搭載しており、人間とスムーズにコミュニケーションを取ることができる。発表会場では早速ジョークを飛ばして参加者の笑いを誘っていた。
 人とスムーズなコミュニケーションを取ること自体は、技術的に目新しいことではなく、同社以外のロボットでも実現が可能である。Pepperがもたらすインパクトの大きさは、機能面ではなく、むしろ、そのビジネス・モデルにある。

 ソフトバンクは、Pepperのプログラミング仕様を公開しており、誰でもPepperを制御するプログラムを作成することができる。専用の開発ツールを提供しているほか、作成したプログラムを公開し配布するためのWebサイトも近くオープンさせる予定だ。

 こうしたやり方はオープン戦略と呼ばれており、IT業界が多用してきたものである。あえて仕様を公開し、多くの人をアプリケーション開発に参加させることで、一気にデファクトスタンダードを握る作戦である。多数の知恵を集約させることで、想像もしなかったような画期的な応用例が生まれる可能性もある。

 米国ではお掃除ロボット「ルンバ」の開発者が、軽作業をやらせるための安価な産業用ロボット「バクスター」を世に送り出している。バクスターもプログラム仕様を外部に公開しており、誰でも新しいアプリケーションを開発することができる。

 これまでロボットの分野は工場の生産ライン向けの高価な製品が中心であり、その仕様はすべて各社独自のものであった。だが今後、市場の拡大が予想されているのは、店舗、自宅、介護施設といったサービス用途である。こうした市場では、安価であることと、オープンであることが極めて重要となる。

 その先にあるのは、やはり個人情報の活用ということになるだろう。Pepperはクラウド上にあるシステムで制御される仕組みを採用しており、通信会社である同社との親和性は高い。

 場合によってはグーグルやフェイスブックと同じように、利用者の情報を収集し、マーケティングに活用するというやり方も考えられる。極端な例を考えれば、会話内容など、ロボットが収集した情報を提供することに同意すれば、タダでロボットが使えるといったビジネス・モデルも成立するのだ。これが実現すると、グーグルやフェイスブックの立場を超えることも不可能な話ではない。

 グーグルは世界のロボット会社をすさまじい勢いで買収しているが、この部分の優位性を絶対に他社に譲りたくないと考えているからである。もともと通信インフラを持つソフトバンクは意外と有利な立ち位置にいるのかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

sebunsuzu
セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8 …

ieren02
米FRB、イエレン新体制が始動。大きな障害はないが、新副総裁との関係だけは微妙

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)の新しい議長にジャネット・イ …

shoten
出版取次の太洋社が自己破産。出版市場の縮小はどこまで続くのか

 出版取次の太洋社が2016年3月15日、東京地方裁判所に自己破産を申請した。出 …

caterpillar002
世界経済を反映する米キャタピラーの決算。2014年の成長は穏やかになる見込み

 米建設機械大手のキャタピラーは2014年1月27日、2013年10~12月期の …

kanmintaiwa
企業に設備投資を要請する官民対話。企業の財布は便利な財源?

 政府は2015年10月16日、企業に設備投資を促すための官民対話の初会合を開催 …

icij
ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

super02
家計の消費支出は3カ月連続でマイナス。安倍政権は10%増税をどう判断するのか?

 総務省は2014年7月29日、6月の家計調査を発表した。2人以上の世帯の消費支 …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

maresia
米利上げとドル高に備え、東南アジア各国が財政規律を強化

 米国の利上げとドル高に備え、東南アジア各国の準備が進んでいる。これまで景気優先 …