ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソフトバンクがロボットを他社に先んじて製品化した本当の狙い

 

 ソフトバンクモバイルは2014年6月、人と対話することができるロボット「Pepper」を発表した。来年2月から販売を開始する。

pepper

 Pepperは、人の声や表情を認識する機能を搭載しており、人間とスムーズにコミュニケーションを取ることができる。発表会場では早速ジョークを飛ばして参加者の笑いを誘っていた。
 人とスムーズなコミュニケーションを取ること自体は、技術的に目新しいことではなく、同社以外のロボットでも実現が可能である。Pepperがもたらすインパクトの大きさは、機能面ではなく、むしろ、そのビジネス・モデルにある。

 ソフトバンクは、Pepperのプログラミング仕様を公開しており、誰でもPepperを制御するプログラムを作成することができる。専用の開発ツールを提供しているほか、作成したプログラムを公開し配布するためのWebサイトも近くオープンさせる予定だ。

 こうしたやり方はオープン戦略と呼ばれており、IT業界が多用してきたものである。あえて仕様を公開し、多くの人をアプリケーション開発に参加させることで、一気にデファクトスタンダードを握る作戦である。多数の知恵を集約させることで、想像もしなかったような画期的な応用例が生まれる可能性もある。

 米国ではお掃除ロボット「ルンバ」の開発者が、軽作業をやらせるための安価な産業用ロボット「バクスター」を世に送り出している。バクスターもプログラム仕様を外部に公開しており、誰でも新しいアプリケーションを開発することができる。

 これまでロボットの分野は工場の生産ライン向けの高価な製品が中心であり、その仕様はすべて各社独自のものであった。だが今後、市場の拡大が予想されているのは、店舗、自宅、介護施設といったサービス用途である。こうした市場では、安価であることと、オープンであることが極めて重要となる。

 その先にあるのは、やはり個人情報の活用ということになるだろう。Pepperはクラウド上にあるシステムで制御される仕組みを採用しており、通信会社である同社との親和性は高い。

 場合によってはグーグルやフェイスブックと同じように、利用者の情報を収集し、マーケティングに活用するというやり方も考えられる。極端な例を考えれば、会話内容など、ロボットが収集した情報を提供することに同意すれば、タダでロボットが使えるといったビジネス・モデルも成立するのだ。これが実現すると、グーグルやフェイスブックの立場を超えることも不可能な話ではない。

 グーグルは世界のロボット会社をすさまじい勢いで買収しているが、この部分の優位性を絶対に他社に譲りたくないと考えているからである。もともと通信インフラを持つソフトバンクは意外と有利な立ち位置にいるのかもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

jinkou
日本の人口減少は新次元に突入。少子化対策はむしろ逆効果なのでは?

 厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は3月27日、2040年までの地域別推 …

home03
米国で住宅価格が大幅上昇。実はアベノミクスの強力な助っ人に?

 米スタンダード・アンド・プアーズ(S&P)は4月30日、2月のケース・ …

bouekikontena
10~12月GDPはプラス1%。個人消費は横ばいで、状況は大きく変わらず

 内閣府は2017年2月13日、2016年10~12月期のGDP(国内総生産)速 …

crystalgeyser
同じクリスタルガイザーでも味や成分はバラバラ。ミネラルウォーターの賢い選び方

 原発事故をきっかけに、日本の消費者の間でミネラルウォーターへの関心が高まってい …

orando04
中国叩きの一方で大統領自ら投資を呼び込み。フランスのちぐはぐな対応はまるで日本?

 フランスのオランド大統領は中国の実業家グループをエリゼ宮(大統領府)に招き、大 …

no image
ダイバーシティを標榜する日本IBM、元社長が盗撮でイメージがガタ落ち

 日本IBMの大歳卓麻元社長が、女性のスカート内を盗撮したとして、警視庁の取り調 …

usakoyoutoukei201401
米1月の雇用統計は今ひとつ。失業保険給付打ち切りが失業率を下げた可能性が高い

 米労働省は2014年2月7日、1月の雇用統計を発表した。先月の雇用統計があまり …

bydcar
中国の自動車産業が大躍進。日米水準に近づくのも時間の問題か?

 中国の自動車メーカーが急速に技術力を高めている。政府が直接経営に関与する国営メ …

ilc
次世代加速器ILCの日本誘致論。背後には4000億円という巨額の土木工事が存在する

 宇宙誕生の謎を研究する次世代加速器「国際リニアコライダー(ILC)」の日本誘致 …