ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国当局が香港の自治に関する白書を発表。中国による統治の正当性を強調

 

 中国国務院報道弁公室は2014年6月10日、香港の自治に関する白書を発表した。中国における香港政策である「一国二制度」の成果を強調するとともに、中国による統治があって初めて香港の自治が成立することを強調する内容になっている。このところ再び盛り上がっている香港の民主化運動を牽制する狙いがあると考えられる。

 honkon 白書は「香港特別行政区における一国二制度の実践」という名称で、中国の香港政策について5つの項目に分けて解説している。
 香港が英国から中国に返還された経緯や、一国二制度の成り立ちなどについてかなりのページを割いたほか、香港自治の基本となっている香港基本法についても、中国から見た場合の解釈を行っている。

 白書では、香港の高度な自治は中国による統治があってはじめて成立するものであり、香港が単独で存在するものではないとしている。また、香港基本法は全体として意味をなすものであり、個別の条文だけを取り上げて解釈することは望ましくないとも指摘している。

 香港では2017年に行われる行政長官選挙において自由選挙を求める声が高まっている。また6月4日には、中国国内では唯一、89年の天安門事件の被害者を追討する大規模集会が行われた。 中国当局は、香港以外の地域では民主化運動を力で弾圧することに成功しているが、香港だけは自治に関する基本法がネックになり、思うようにコントロールできていない。

 普通選挙の実施について、中国当局は全面的に反対しているわけではない。だが、9月に香港で開催が予定されていたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の財務相会合が、中国当局の指示で北京に急遽変更になるなど、間接的な圧力が続いている。また今年3月に開催された全人代(全国人民代表大会)では、李克強首相の施政方針演説の中から「香港人による香港の統治」という表現が消滅するという「事件」もあった。

 こうした中での白書発表は、香港自治の上位に中国政府が存在しているとうことを内外に示す意図があると考えられる。行政長官選挙までには、まだかなりの時間があることから、中国当局と香港民主派の神経戦は当分続く可能性が高い。

 - 政治 , ,

  関連記事

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

jiminzeiseikaisei201412
税制改正大綱が決定。注目点は法人減税と高齢者から子や孫への資産移転

 自民、公明両党は2014年12月30日、2015年度税制改正大綱を決定した。焦 …

katsuejiro
10年の1度の財務省大物次官である勝栄二郎氏がネット企業に再就職?

 財務省の勝栄二郎前事務次官がインターネット・プロバイダー大手の「インターネット …

aseandefensemtng
ASEAN国防相会議で中国との衝突回避策が合意。アジア地域の米中主導色強まる

 東南アジア諸国連合(ASEAN)加盟国と日米中の国防相が参加する、ASEAN拡 …

kanntei
首相動静は「知る権利を超えている」という小池元防衛相の発言は典型的インテリジェンス

 新聞の首相動静が「国民の知る権利の範囲を超えている」という小池百合子元防衛相の …

nisegusuri
調剤薬局の偽造薬問題。日本の医薬品行政はまともに機能していない

 C型肝炎治療薬の偽造薬が薬局チェーンで発見されるという、前代未聞の事件が発生し …

makein
「尖閣諸島は日本の領土である」とのマケイン上院議員の発言はリップサービス?

 米共和党の上院議員で米国の政界に大きな影響力を持つジョン・マケイン氏が8月21 …

abe20141021
女性大臣連続辞任で囁かれる、背後にある政治的動き

 自身が運営に関与する政治団体の不明朗な会計処理の責任を取って、小渕経済産業大臣 …

costabranka
キプロスの金融危機があぶりだす、欧州の裏資金ルートの実態

 キプロスが、ユーロ圏からの金融支援と引き換えに、銀行の大口預金をカットするなど …

doruen201412
円高要因が見当たらない?。市場ではすでに1ドル=120円以後の展開に注目

 ドル円相場が1ドル=119円台後半まで下落したことで、市場はすでに120円突破 …