ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国当局が香港の自治に関する白書を発表。中国による統治の正当性を強調

 

 中国国務院報道弁公室は2014年6月10日、香港の自治に関する白書を発表した。中国における香港政策である「一国二制度」の成果を強調するとともに、中国による統治があって初めて香港の自治が成立することを強調する内容になっている。このところ再び盛り上がっている香港の民主化運動を牽制する狙いがあると考えられる。

 honkon 白書は「香港特別行政区における一国二制度の実践」という名称で、中国の香港政策について5つの項目に分けて解説している。
 香港が英国から中国に返還された経緯や、一国二制度の成り立ちなどについてかなりのページを割いたほか、香港自治の基本となっている香港基本法についても、中国から見た場合の解釈を行っている。

 白書では、香港の高度な自治は中国による統治があってはじめて成立するものであり、香港が単独で存在するものではないとしている。また、香港基本法は全体として意味をなすものであり、個別の条文だけを取り上げて解釈することは望ましくないとも指摘している。

 香港では2017年に行われる行政長官選挙において自由選挙を求める声が高まっている。また6月4日には、中国国内では唯一、89年の天安門事件の被害者を追討する大規模集会が行われた。 中国当局は、香港以外の地域では民主化運動を力で弾圧することに成功しているが、香港だけは自治に関する基本法がネックになり、思うようにコントロールできていない。

 普通選挙の実施について、中国当局は全面的に反対しているわけではない。だが、9月に香港で開催が予定されていたAPEC(アジア太平洋経済協力会議)の財務相会合が、中国当局の指示で北京に急遽変更になるなど、間接的な圧力が続いている。また今年3月に開催された全人代(全国人民代表大会)では、李克強首相の施政方針演説の中から「香港人による香港の統治」という表現が消滅するという「事件」もあった。

 こうした中での白書発表は、香港自治の上位に中国政府が存在しているとうことを内外に示す意図があると考えられる。行政長官選挙までには、まだかなりの時間があることから、中国当局と香港民主派の神経戦は当分続く可能性が高い。

 - 政治 , ,

  関連記事

nichigin04
日銀の審議委員人事。トヨタ出身者内定で、追加緩和の外堀埋まる?

 政府は2015年4月21日、退任する日銀の森本宜久審議委員の後任に、トヨタ自動 …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

shukinpei
公明党の山口代表がようやく習氏と会談。中国は得意のゆさぶり攻撃で日本側を翻弄

 中国訪問中の公明党の山口代表は25日、中国共産党の習近平総書記と北京の人民大会 …

abe001
まるでデジャヴュ。安倍政権は日本にハイパーインフレをもたらすのか?

 量的緩和策の拡大と大規模な財政出動を組み合わせる安倍政権の経済政策「アベノミク …

George Washington03
東シナ海に展開する中国海軍の実力はどの程度なのか?

 中国が2013年11月に、尖閣諸島上空を含む空域に、防空識別圏を設定したことで …

70nendanwayusikisha
70年談話のための有識者懇報告書は、バランスの取れた妥当な内容

 安倍首相が戦後70年談話のために設置した私的諮問機関「21世紀構想懇談会」は2 …

kuroda02
黒田日銀総裁が、現在の政府債務は持続不可能と財務官僚らしい発言。その背景とは?

 日銀の黒田総裁は3月28日、参院財政金融委員会において、「政府債務のGDP費が …

renzi
イタリア政局混迷再び。新首相候補レンツィ氏は爽やか系チョイ悪オヤジ

 イタリアの政局が再び混迷の度合いを高める可能性が高まってきた。1年ほど大連立政 …

merukerurainiti
ドイツの対日感情が悪化する中、メルケル首相が来日。関係再構築は可能か?

 ドイツのメルケル首相が2015年3月9日午前、羽田空港に到着した。メルケル氏の …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …