ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本メーカーによるグローバルな「コバンザメ商法」は上手くいくか?

 

 重電の分野では、巨額のM&Aを軸にグローバルな再編が急ピッチで進んでいる。そのような中、日本メーカーによる「コバンザメ商法」が注目を集めている。

 gealstomjapan 発端は、世界的な重電大手のGEが、フランスの重電大手アルストムに対して行った1兆7000億円の巨額買収提案。
 アルストムは、TGV(フランスの新幹線)などを製造する鉄道部門と、発電所のタービンなどを製造するエネルギー部門に分かれている。
 今回GEが買収を提案したのはアルストムのエネルギー部門で、同部門は全体の7割を占めている。もしGEが買収に成功すれば、もともとナンバーワン企業であったGEがさらに圧倒的な立場になる。

 このM&Aに一口乗ろうというのが東芝である。火力発電分野においてGEと提携関係にある東芝は、GEが買収に成功した場合には、アルストムの送配電部門をGEから譲り受けるという方向でGEと交渉を進めている。

 一方、GEによるアルストム買収に対しては、フランス政府が「愛国的な立場」(モントブール仏生産相)から待ったをかけている。フランス政府などの意向を受けて、ドイツの重電大手シーメンスが、資産交換などを含んだ提案をアルストムに対して実施するという状況になっている。

 この動きに対しては、今度はシーメンスと提携関係にある三菱重工が、共同で提案に参加すると発表した。この提案には日立も参加するという報道もある。日本にとっては、どちらの買収が成功しても、東芝、三菱、日立のいずれかに果実が転がり込んでくることになる。

 こうしたコバンザメ商法は、あまり格好のいいものではないが、ある意味でビジネスの王道でもある。今となっては、日本メーカーのグローバルな立場は非常に弱く、GEとシーメンスというう巨人の後に付いていくことが合理的な状態となっているからである。

 GEの売上げは約15兆円、シーメンスの売上げは11兆円 ある。アルストムのエネルギー部門の売上げは約2兆円なので、もしGEが買収に成功すると、単純計算で売上げは17兆円になる。
 これに対して三菱重工は約2兆円、東芝は約6兆円(半導体事業を含む)、ITや建機など多業種部門を多く抱える日立でさえも全体で9兆円の規模しかない。かつて日本メーカー各社は、GEやシーメンスに肉薄する勢いがあったが、バブル後の失われた20年間で、トップ企業との差は決定的なものとなった。

 日本の国内市場は縮小が続いており、各社は基本的に海外に活路を見出すしかない。その意味で、国際的な再編劇にうまく乗るという今回のやり方は非常に合理的な選択といってよいだろう。

 - 経済 , , ,

  関連記事

tokyofukei001
2017年1~3月期のGDPは、とうとう名目値がマイナスに転落。完全にデフレに逆戻り

 内閣府は2017年5月18日、2017年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

choukikinri
デフレは構造的要因と譲らなかった白川前総裁はやはり正しかったのか?

 日本の長期金利低下が加速している。10月2日の債権市場では10年物国債の利回り …

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …

abe20141229
政府の予算と決算には乖離がある。経済対策3.5兆円を額面通りに評価してはいけない

 政府は2014年12月27日、臨時閣議を開き、総額3兆5000億円の経済対策を …

koutaishidenka
歴史は繰り返す!皇太子さまへの退位要求と転落の昭和史の類似性

 月刊誌新潮45に掲載された皇太子さまに退位を迫る論文が波紋を呼んでいる。論文を …

sharp
シャープがレノボにテレビ工場を売却。再建のカギである鴻海との提携は依然として進まず

 経営再建中のシャープが、中国のパソコン大手レノボ(聯想)に、中国のテレビ組立工 …

no image
反日デモで中国からの撤退を検討する企業が増加。だがデモは言い訳にすぎない

 中国全土で発生した大規模な反日デモをきっかけに、多くの日本企業が中国進出計画の …

no image
日韓スワップ協定は延長せず。背景に領土問題があることは明らか

 政府が韓国との通貨スワップ協定を延長しないことが確定した。  通貨スワップ協定 …

twitter
ツイッターの決算。閲覧数の伸び鈍化がより鮮明になり、フツーの会社へ

 短文投稿サイトの米ツイッターは2014年4月29日、2014年1~3月期の決算 …

usakoyoutoukei201403
良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …