ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の犬肉祭に批判が殺到。捕鯨問題のヒントになる可能性も

 

 中国広西チワン族自治区の玉林市で毎年夏に行われる恒例行事「ライチ犬肉祭り」を目前に控え、犬肉を食べることの是非について論争が巻き起こっている。

inuniku

 中国の一部では昔から犬肉を食べる習慣がある。玉林市では毎年夏至の日に肉祭りを行い、飲食店が大量の犬肉料理を提供している。犬の鍋などを食べると、風邪を引きにくい体質になるという。

 だが、店頭に並ぶ犬の肉は、丸焼きなどなかなかグロテスクなもの。海外の動物愛護団体は、こぞって玉林市の犬肉祭りを動物虐待であるとして非難している。また中国人の生活が西洋化するにつれ、国内でも犬肉を食べることについて批判的な人が増えている。同市にはこうした動物愛護派の中国人が多数押しかけ抗議を行っているという。

 当局はこうした状況にかなり神経を尖らせており、動物愛護派を刺激しないよう、店頭の目立つところには犬肉を展示しない、犬の屠殺を公共の場で行わない、看板からは犬の文字を削除する、などの指導を行っているという。

 ただ商店主や祭の主宰者は、犬肉を食するのは中国3000年の伝統だ、などと反発を強めている。確かに中国の一部では犬肉を食べる習慣があるが(日本もかつては存在した)、この祭自体は18年前から始まったもの。同じく玉林の名産品であるライチを組み合わせ「ライチ犬肉祭り」としており、いわゆる町おこしのイベントである。

 こうしたことも背景にあり、現在の中国では、全体的には否定的なトーンとなっている。この状況は、日本における捕鯨問題とも一部共通しているかもしれない。

 国際司法裁判所の判決をきっかけに、このところ日本の調査捕鯨が再び国際的な批判の対象となっている。日本では鯨を食べる文化は昔からあったが、大量に鯨を捕獲し、日常的に食べるようになったのは、実は戦後のことである。

 食文化に関する議論はとかく感情論、差別論になりがちだが、商業的に目立つ行為を行うと批判が増えるというのは、共通したメカニズムのようである。
 野蛮とされる食習慣であっても、批判されずに続いているものもある。もし捕鯨を継続したいのであれば、両者を分ける違いは何なのか、もう少し真剣に考えてみてもよいだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

nichigin04
日銀の政策委員会、積極緩和派の原田氏起用で黒田路線がより強固に

 政府は2015年2月5日、退任する日銀の宮尾龍蔵審議委員の後任に、積極的な金融 …

yakuinousetsu
日本企業の経営環境が激変?金融庁と東証がまとめた統治指針案のインパクト

 金融庁と東京証券取引所は、上場企業に少なくとも2名以上の社外取締役の設置を求め …

fcatokai
日本がとうとう核物質の米国返還を決定。日米関係は根本的に変わった

 日米両政府は2014年3月24日、核物質の最小化に関する日米の共同声明を発表し …

no image
日本の男女平等ランキングは人権抑圧国家並み。だが本当の問題はもっと深刻だ!

 ダボス会議で知られる世界経済フォーラムは24日、世界男女平等ランキング(The …

asean
ASEAN首脳会議。議長国カンボジアが中国に遠慮し領有権問題を文面から勝手に削除

 カンボジアのプノンペンで開かれている東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議に …

inrakku02
タイのインラック首相がとうとう失職。7月の総選挙に向けて混迷の度合いが深まる

 タイの政局がますます混迷の度合いを深めてきた。タイの憲法裁判所はインラック首相 …

danboukigu
日本の温室効果ガス削減は家庭の省エネ頼み。断熱ゼロで寒い日本の家がさらに寒くなる

 地球温暖化対策の国連会議COP21において、パリ協定が締結されたことで、温暖化 …

seifusaimu
政府の借金が10倍の8000兆円になる?財務省ビックリ試算の中身

 財務省の財政制度等審議会は、政府が現在の財政健全化目標を達成できたとしても、そ …

monju
高速増殖炉もんじゅの運転再開が困難に。破綻に近づく核燃料サイクル政策

 かつて夢の原子炉と呼ばれ、日本の核燃料サイクル政策の要と位置付けられていた高速 …

datacenter
NSA盗聴問題であらためてクローズアップされるクラウドのメリット/デメリット

 米国の諜報機関によるインターネット盗聴問題は、クラウドコンピューティングの持つ …