ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の犬肉祭に批判が殺到。捕鯨問題のヒントになる可能性も

 

 中国広西チワン族自治区の玉林市で毎年夏に行われる恒例行事「ライチ犬肉祭り」を目前に控え、犬肉を食べることの是非について論争が巻き起こっている。

inuniku

 中国の一部では昔から犬肉を食べる習慣がある。玉林市では毎年夏至の日に肉祭りを行い、飲食店が大量の犬肉料理を提供している。犬の鍋などを食べると、風邪を引きにくい体質になるという。

 だが、店頭に並ぶ犬の肉は、丸焼きなどなかなかグロテスクなもの。海外の動物愛護団体は、こぞって玉林市の犬肉祭りを動物虐待であるとして非難している。また中国人の生活が西洋化するにつれ、国内でも犬肉を食べることについて批判的な人が増えている。同市にはこうした動物愛護派の中国人が多数押しかけ抗議を行っているという。

 当局はこうした状況にかなり神経を尖らせており、動物愛護派を刺激しないよう、店頭の目立つところには犬肉を展示しない、犬の屠殺を公共の場で行わない、看板からは犬の文字を削除する、などの指導を行っているという。

 ただ商店主や祭の主宰者は、犬肉を食するのは中国3000年の伝統だ、などと反発を強めている。確かに中国の一部では犬肉を食べる習慣があるが(日本もかつては存在した)、この祭自体は18年前から始まったもの。同じく玉林の名産品であるライチを組み合わせ「ライチ犬肉祭り」としており、いわゆる町おこしのイベントである。

 こうしたことも背景にあり、現在の中国では、全体的には否定的なトーンとなっている。この状況は、日本における捕鯨問題とも一部共通しているかもしれない。

 国際司法裁判所の判決をきっかけに、このところ日本の調査捕鯨が再び国際的な批判の対象となっている。日本では鯨を食べる文化は昔からあったが、大量に鯨を捕獲し、日常的に食べるようになったのは、実は戦後のことである。

 食文化に関する議論はとかく感情論、差別論になりがちだが、商業的に目立つ行為を行うと批判が増えるというのは、共通したメカニズムのようである。
 野蛮とされる食習慣であっても、批判されずに続いているものもある。もし捕鯨を継続したいのであれば、両者を分ける違いは何なのか、もう少し真剣に考えてみてもよいだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …

senetereport
CIAの拷問プログラムを開発した心理学者には100億円の報酬。米上院調査報告書

 米上院情報特別委員会は12月9日、米中央情報局(CIA)が同時多発テロ以降、テ …

abeamari
産業競争力会議がテーマ別会合をスタート。雇用流動化や企業再編は実現できるのか?

 政府の産業競争力会議3月6日、テーマ別会合の議論をスタートした。この日は「人材 …

naikakukaizou201409
内閣改造、人事のポイントは派閥力学。政策面ではTPPと株価維持

 安倍首相は2014年9月3日、内閣改造と党役員人事を行った。直前に石破氏が幹事 …

mof05
2015年度予算は過去最大だが、歳出抑制に向けて舵を切り始めた内容

 政府は2015年1月14日、2015年度予算案を閣議決定した。予算総額は過去最 …

seattle
シアトル市議会が時給15ドルの最低賃金を可決。現行から6割引き上げ

 米国ワシントン州のシアトル市議会は2014年6月4日、市の最低賃金を1時間15 …

piketishasin
日本の所得上位1%が年収1300万円という識者の指摘は本当か?

 ピケティ・ブームが続く中、日本の所得上位1%は1300万円からという数字がネッ …

nichibeikokki
米国の対日世論調査から考える、今後の対日感情の変化と中国の影響

 米国の調査機関であるピューリサーチセンターは2015年4月7日、日米の相互信頼 …

Ronald Reagan02
横須賀に後継空母の配備が正式決定。日本から空母がいなくなる事態は何とか回避

 米海軍は、神奈川県横須賀基地に配備している第七艦隊の主力空母「ジョージ・ワシン …

josei
女性の時間あたり賃金に、生産性向上のヒントがあるかもしれない

 麻生財務大臣による出産発言によって、安倍政権の女性活用政策に再び注目が集まって …