ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の犬肉祭に批判が殺到。捕鯨問題のヒントになる可能性も

 

 中国広西チワン族自治区の玉林市で毎年夏に行われる恒例行事「ライチ犬肉祭り」を目前に控え、犬肉を食べることの是非について論争が巻き起こっている。

inuniku

 中国の一部では昔から犬肉を食べる習慣がある。玉林市では毎年夏至の日に肉祭りを行い、飲食店が大量の犬肉料理を提供している。犬の鍋などを食べると、風邪を引きにくい体質になるという。

 だが、店頭に並ぶ犬の肉は、丸焼きなどなかなかグロテスクなもの。海外の動物愛護団体は、こぞって玉林市の犬肉祭りを動物虐待であるとして非難している。また中国人の生活が西洋化するにつれ、国内でも犬肉を食べることについて批判的な人が増えている。同市にはこうした動物愛護派の中国人が多数押しかけ抗議を行っているという。

 当局はこうした状況にかなり神経を尖らせており、動物愛護派を刺激しないよう、店頭の目立つところには犬肉を展示しない、犬の屠殺を公共の場で行わない、看板からは犬の文字を削除する、などの指導を行っているという。

 ただ商店主や祭の主宰者は、犬肉を食するのは中国3000年の伝統だ、などと反発を強めている。確かに中国の一部では犬肉を食べる習慣があるが(日本もかつては存在した)、この祭自体は18年前から始まったもの。同じく玉林の名産品であるライチを組み合わせ「ライチ犬肉祭り」としており、いわゆる町おこしのイベントである。

 こうしたことも背景にあり、現在の中国では、全体的には否定的なトーンとなっている。この状況は、日本における捕鯨問題とも一部共通しているかもしれない。

 国際司法裁判所の判決をきっかけに、このところ日本の調査捕鯨が再び国際的な批判の対象となっている。日本では鯨を食べる文化は昔からあったが、大量に鯨を捕獲し、日常的に食べるようになったのは、実は戦後のことである。

 食文化に関する議論はとかく感情論、差別論になりがちだが、商業的に目立つ行為を行うと批判が増えるというのは、共通したメカニズムのようである。
 野蛮とされる食習慣であっても、批判されずに続いているものもある。もし捕鯨を継続したいのであれば、両者を分ける違いは何なのか、もう少し真剣に考えてみてもよいだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

kerrykishida
岸田外相がケリー国務長官と会談。米国が日本の自制を強く望んでいることが明らかに

 安倍首相と共に訪米した岸田文雄外相は22日、ホワイトハウスで行われた日米首脳会 …

kousokumuryouka
高速道路無料化は事実上廃止?。基本インフラさえ無料で利用できない日本の貧しさ

 国土交通省の審議会である国土幹線道路部会は、6月7日に開いた会合で、高速道路料 …

koizumisinjiro
選挙対策か本気か?小泉進次郎議員らが社会保障の抜本改革を提言

 小泉進次郎議員ら、自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員 …

shakaibunkakaikan
社民党が党本部を移転。旧党本部ビルは幽霊屋敷と呼ばれ崩壊寸前だった

 社民党は26日、社会党時代から半世紀近く使用してきた永田町の「社会文化会館」か …

lagard
IMFのラガルド専務理事が仏当局から家宅捜索と事情聴取。またもや権力闘争か?

 IMF(国際通貨基金)のラガルド専務理事がフランスの司法当局から、フランス経済 …

runesasu002
従業員はゴミ?母体3社と産業革新機構でルネサス従業員を押し付け合い

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの経営再建をめぐって、外資ファンドを押しのけ …

kanntei
政府、財界、労組による賃上げ協定構想が浮上。だが内容は賃下げを狙ったものだ

 労働者の賃上げが実現できるように、政府、経済界、労働組合の3者で協定を結ぶ構想 …

obamaputin2015
国連総会での各国首脳会談。日は露に、露は米にラブコールを送っているが・・・

 ニューヨークで開かれている国連総会を利用した首脳会談が相次いでいるが、各国のス …

seiyujo
経済産業省が石油業界に合理化を要望。「上からの改革」はうまくいくのか?

 経済産業省は石油元売り各社に設備の統合を促す方針を固めた。日経新聞の報道による …

darairama
習近平氏の父親はダライ・ラマとマブダチ。だがチベット弾圧姿勢は変わらず?

 中国共産党の次期総書記に内定しているといわれる習近平だが、その父親がチベットの …