ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の犬肉祭に批判が殺到。捕鯨問題のヒントになる可能性も

 

 中国広西チワン族自治区の玉林市で毎年夏に行われる恒例行事「ライチ犬肉祭り」を目前に控え、犬肉を食べることの是非について論争が巻き起こっている。

inuniku

 中国の一部では昔から犬肉を食べる習慣がある。玉林市では毎年夏至の日に肉祭りを行い、飲食店が大量の犬肉料理を提供している。犬の鍋などを食べると、風邪を引きにくい体質になるという。

 だが、店頭に並ぶ犬の肉は、丸焼きなどなかなかグロテスクなもの。海外の動物愛護団体は、こぞって玉林市の犬肉祭りを動物虐待であるとして非難している。また中国人の生活が西洋化するにつれ、国内でも犬肉を食べることについて批判的な人が増えている。同市にはこうした動物愛護派の中国人が多数押しかけ抗議を行っているという。

 当局はこうした状況にかなり神経を尖らせており、動物愛護派を刺激しないよう、店頭の目立つところには犬肉を展示しない、犬の屠殺を公共の場で行わない、看板からは犬の文字を削除する、などの指導を行っているという。

 ただ商店主や祭の主宰者は、犬肉を食するのは中国3000年の伝統だ、などと反発を強めている。確かに中国の一部では犬肉を食べる習慣があるが(日本もかつては存在した)、この祭自体は18年前から始まったもの。同じく玉林の名産品であるライチを組み合わせ「ライチ犬肉祭り」としており、いわゆる町おこしのイベントである。

 こうしたことも背景にあり、現在の中国では、全体的には否定的なトーンとなっている。この状況は、日本における捕鯨問題とも一部共通しているかもしれない。

 国際司法裁判所の判決をきっかけに、このところ日本の調査捕鯨が再び国際的な批判の対象となっている。日本では鯨を食べる文化は昔からあったが、大量に鯨を捕獲し、日常的に食べるようになったのは、実は戦後のことである。

 食文化に関する議論はとかく感情論、差別論になりがちだが、商業的に目立つ行為を行うと批判が増えるというのは、共通したメカニズムのようである。
 野蛮とされる食習慣であっても、批判されずに続いているものもある。もし捕鯨を継続したいのであれば、両者を分ける違いは何なのか、もう少し真剣に考えてみてもよいだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

chinacompany
経済援助型から企業M&Aへと変貌する中国の直接投資。日本はどう付き合う?

 これまで香港経由や途上国に偏重していた中国の直接投資が大きく変わろうとしている …

shanhai
中国から200兆円を超えるお金が不正に流出。中国の金庫は実はスッカラカン?

 米国の民間研究機関グローバル・フィナンシャル・インテグリティー(GFI)は17 …

38north02
北朝鮮が寧辺の原子炉を再稼働?外交問題に加えて、安全上のリスクを指摘する声も

 北朝鮮が再稼働を表明していた寧辺(ヨンビョン)の原子炉について、外交上の問題に …

no image
ヨーロッパ各地で独立運動が勃発。欧州統合は本当に可能なのか?

 ヨーロッパ各地で地域の独立運動に火が付いている。欧州統合とはまったく逆の流れで …

abe
安倍総裁が「ぶら下がり取材」の拒否を表明。背景には日本人の知性の劣化がある

 自民党の安倍総裁は、野田首相と同様、首相官邸で記者団の質問に答える、いわゆる「 …

leekanyunamida
シンガポール「建国の父」リー・クアンユー死去。独立当初は、絶望感で涙を流した?

 シンガポール建国の父と呼ばれるリー・クアンユー元首相が2015年月23日、同国 …

boyscout
米国のボーイスカウトで同性愛者の入団拒否めぐる議論が紛糾

 同性愛者をめぐる扱いをめぐって、米国のボーイスカウト団体が揺れている。米国ボー …

takenaka
竹中氏と三木谷氏が突如反乱?産業競争力会議が安倍政権のアキレス腱に?

 これまで官僚主導で予定調和的に進んできた政府の産業競争力会議の雰囲気が変わって …

no image
維新ガタガタ!問題公約案を橋下代表や松井幹事長が相次いで批判

 国軍の創設や在日米軍の撤廃、アジア通貨圏の構築など、極右政党丸出しの公約案を明 …

Zuckerberg
動き出した米国の移民制度改革。その影響はやがて日本や中国にも及んでくる

 米国社会が移民容認に向けて動き始めた。3月27日付けの米ウォールストリート・ジ …