ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

消費税の影響は今のところ限定的だが、やはり公共事業頼み?

 

 消費増税後の景気を、活発な公共事業が支える構図が明確になっている。内閣府が発表した4月の機械受注統計では、官公庁からの受注が前月比で40%と過去最高の伸び率を記録した。また建設会社の請負金額も新年度に入り増加傾向にある。

 kosokudoro02 内閣府は2014年6月12日、4月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「船舶・電力を除く民需」(季節調整済み)は前月比でマイナス9.1%となった。先月は期末ということもあり19%という大きな伸びを示していたことから、今月の数字が反動で減少することはあらかじめ予想されていた。

 過去数ヶ月を平均すると横ばいとなるため、設備投資の分野については、増税の影響は今のところ限定的といえる。ただ、詳細を見ると公共事業への依存度が高いことが分かる。
 主要指標には含まれない官公庁からの受注は40%増、海外からの受注は70%増と非常に活発だ。受注総額も過去最高になっている。国内の設備投資不足を、海外からの受注や公共事業が補う構図が鮮明になっている。

 安倍政権では消費税対策として、今年度の公共事業を前倒し発注することを決定している。建設会社の請負金額は、新年度に入って前年同月比で10%増となっており、前倒しの効果が出始めている。少なくとも年度の前半は活発な公共工事によって景気の冷え込みは回避できるかもしれない。

 ただ最終的な景気の原動力となる個人消費は予断を許さない状況となっている。4月の実質賃金は消費増税によって前年同月比3.1%減と、2009年以来の大幅なマイナスを記録した。5月以降には、賃上げの効果が出てくる可能性もあるが、やはり実質賃金の3%減少は家計にとって大きい。公共事業の効果が切れる年度後半に、十分な水準まで消費が伸びているのかは不透明だ。

 - 経済 , ,

  関連記事

sonycity
REITが次々に増資と物件取得を実施。インフレ期待からまだまだ上昇するのか?

 REIT(不動産投資信託)の増資と物件取得が相次いでいる。国内では最大級のRE …

iot
IoTに関する産学官協議会が米国勢に合流。最悪のガラパゴスは回避したが・・・

 あらゆるモノをインターネットにつなげる「IoT」の分野において、日本勢が米国勢 …

kokusaishushi201311
11月の経常収支もやはり赤字。為替市場をにらんで日本が考えるべきこと

 財務省は2014年1月14日、2013年11月の国際収支を発表した。最終的な国 …

google2014
グーグル2015年1Q決算は、成長鈍化で投資先行。ロボットなどが収益に貢献するのはまだ先

 米グーグルは2015年4月23日、2015年1~3月期の決算を発表した。主力の …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

no image
ドイツの財政が絶好調。税収増加のカギは、やはり企業の競争力と経済成長にあり

 ドイツの財政状況が絶好調だ。2012年の税収(国と地方の合計)は6024億ユー …

indochina
中印が経済的理由から急接近。インド側の狙いは日本と中国が「競争」すること

 中国の習近平国家主席は2014年9月17日、インドを公式訪問し、モディ首相と会 …

nougyouyushutu
国内版ワーホリに批判殺到。地方の労働市場はもはや市場メカニズムを放棄?

 総務省が、都市部の学生や若手社員が長期休暇を利用して地方で働く「ふるさとワーキ …

detroit
米自動車産業は奇跡の復活を遂げたのに、なぜデトロイト市は破綻したのか?

 GM(ゼネラル・モーターズ)やフォードなどが本拠を構える自動車の街、米デトロイ …

setsubitousi
日本企業の内部留保が過去最高。むしろ重要なのは資産の有効活用

 日本企業が内部留保を蓄積している。2013年3月期における日本企業の内部留保は …