ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

昆虫に対する若者の嫌悪感が増加。一方で飢餓対策から昆虫食への関心も高まる

 

 虫を素手で触ることができない若者が増加しているという。一方で、世界的な食糧難を解決するには、昆虫食が最適という専門家による驚きの指摘がある。昆虫食は現実的なものなのだろうか?

konchushoku02

 大阪府高等学校生物教育研究会の調査によると、高校生に対して「昆虫に素手で触れることができるか」とを聞いたところ、「できる」と回答した生徒は42%だった。25年前の1989年には70%だったことを考えると、ここ25年で激減したといってよい。都市化によって幼少期に昆虫に触れる機会が減ったことが原因と考えられる。ちなみにヘビを触れないという人は、今も昔も約23%でほとんど変わらない。

 昆虫に対して嫌悪感を持つ人が増える一方で、国際的には専門家による驚きの指摘がある。人間が昆虫食を実施すれば、世界的な食糧不足は一発で解決するというものである。

 昨年、国連食糧農業機関(FAO)は、世界の飢餓対策として昆虫食を推奨する報告書を発表している。昆虫はタンパク質などの栄養価が高く、どこにでも生息し、すぐに増殖することができるため、環境への負荷が少ないという。

 確かに、先進国の食は想像を絶する水準で資源を浪費している。世界中で生産されるトウモロコシなどの穀物のほとんどは、食用ではなく肉牛を育てるための飼料として使われている。牛肉1キロを生産するのに必要な飼料は8キロにも及ぶ。

 牛肉1キロなど人間は一瞬で食べてしまうが、8キロのトウモロコシがあれば相当の人数を養うことができる。我々は牛丼一杯のために大量の穀物を浪費しているのだ。肉食をやめて、昆虫からタンパク質を摂取すれば、世界の飢餓問題はあっという間に解決するという。
 ちなみに昆虫は恒温動物ではないのでエネルギー効率が高く、昆虫1キロの育成に必要な飼料は2キロでよいという。

 日本にはイナゴを食べる習慣が存在することも影響しているのか、昆虫食を実施している人は結構多い。ブログなどで味を報告している人もいるが、基本的にあっさりしていて美味しいという。だが、ネックになるのはやはり形。
 多くの人が食べるということになった場合、虫であれば問答無用でダメなのか、それとも形が見えなければOKなのかは何ともいえない。

 夏が到来し、山にいく機会が増えるこの季節、果たして昆虫を食することができるのか、自問自答してみるのもよいかもしれない。少なくともイナゴを食べたことがない人は、いい機会なのでトライしてみるとよいだろう。

 - 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

kyouin
心の病で休職する教員は民間企業の倍近く。教師の適性に問題があるのでは?

 文部科学省は24日、2011年度において心の病で休職した教員は5274人だった …

bitcoin
米当局がビットコインを事実上公認。日本は巨額の富を失ったかもしれない

 米内国歳入庁(IRS)は2014年3月25日、仮想通貨ビットコインに関する税務 …

yota
ロシア企業が両面にディスプレイのある奇妙なスマホを開発。ロシア躍進の兆候か?

 ロシアの企業であるヨタ・デバイスが両面にディスプレイを備えた奇妙なスマートホン …

chuusha
子宮頸がんワクチンが定期接種の対象に。一部から懸念の声が上がる理由とは?

 子宮頸(けい)がんなど3ワクチンを定期接種の対象とする予防接種法改正案が3月2 …

jisui
日本は著作権解釈もガラパゴス?。独自解釈が行き過ぎると国際競争でまた敗北するゾ

 本や漫画の電子化を請け負う事業が著作権侵害にあたるとして、作家の東野圭吾氏、浅 …

datacenter
NSA盗聴問題であらためてクローズアップされるクラウドのメリット/デメリット

 米国の諜報機関によるインターネット盗聴問題は、クラウドコンピューティングの持つ …

businessman02
平均給与は何と24年前と同水準。日本がひたらすら生産性を下げてきた理由は雇用維持

 アベノミクスで賃上げが期待されているが、足元ではまだまだ賃金減少が続いている。 …

nomikai
「飲みニケーション」に関する単純な是非論は、問題の本質を見誤らせる

 一時は姿を消していたと思われていた飲みニケーションという言葉が再び注目を集めて …

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …