ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

昆虫に対する若者の嫌悪感が増加。一方で飢餓対策から昆虫食への関心も高まる

 

 虫を素手で触ることができない若者が増加しているという。一方で、世界的な食糧難を解決するには、昆虫食が最適という専門家による驚きの指摘がある。昆虫食は現実的なものなのだろうか?

konchushoku02

 大阪府高等学校生物教育研究会の調査によると、高校生に対して「昆虫に素手で触れることができるか」とを聞いたところ、「できる」と回答した生徒は42%だった。25年前の1989年には70%だったことを考えると、ここ25年で激減したといってよい。都市化によって幼少期に昆虫に触れる機会が減ったことが原因と考えられる。ちなみにヘビを触れないという人は、今も昔も約23%でほとんど変わらない。

 昆虫に対して嫌悪感を持つ人が増える一方で、国際的には専門家による驚きの指摘がある。人間が昆虫食を実施すれば、世界的な食糧不足は一発で解決するというものである。

 昨年、国連食糧農業機関(FAO)は、世界の飢餓対策として昆虫食を推奨する報告書を発表している。昆虫はタンパク質などの栄養価が高く、どこにでも生息し、すぐに増殖することができるため、環境への負荷が少ないという。

 確かに、先進国の食は想像を絶する水準で資源を浪費している。世界中で生産されるトウモロコシなどの穀物のほとんどは、食用ではなく肉牛を育てるための飼料として使われている。牛肉1キロを生産するのに必要な飼料は8キロにも及ぶ。

 牛肉1キロなど人間は一瞬で食べてしまうが、8キロのトウモロコシがあれば相当の人数を養うことができる。我々は牛丼一杯のために大量の穀物を浪費しているのだ。肉食をやめて、昆虫からタンパク質を摂取すれば、世界の飢餓問題はあっという間に解決するという。
 ちなみに昆虫は恒温動物ではないのでエネルギー効率が高く、昆虫1キロの育成に必要な飼料は2キロでよいという。

 日本にはイナゴを食べる習慣が存在することも影響しているのか、昆虫食を実施している人は結構多い。ブログなどで味を報告している人もいるが、基本的にあっさりしていて美味しいという。だが、ネックになるのはやはり形。
 多くの人が食べるということになった場合、虫であれば問答無用でダメなのか、それとも形が見えなければOKなのかは何ともいえない。

 夏が到来し、山にいく機会が増えるこの季節、果たして昆虫を食することができるのか、自問自答してみるのもよいかもしれない。少なくともイナゴを食べたことがない人は、いい機会なのでトライしてみるとよいだろう。

 - 社会, IT・科学 , ,

  関連記事

laferrari
景気低迷でもフェラーリやランボルギーニの限定モデルが飛ぶように売れるワケ

 世界経済の回復を先取りしているのか、欧州で超高級車が飛ぶように売れている。イタ …

kokuzei
政府・与党が保険金への相続税軽減を決定。庶民には関係なく、富裕層のみが恩恵

 政府・与党は、死亡保険金にかかる相続税を軽減する方針を固めた。これまでは「相続 …

influ03
中国で鳥インフルエンザで2名が死亡。現段階で感染が拡大するかは不明

 中国政府は3月31日、これまで人への感染が確認されていなかった「H7N9型」鳥 …

googleio2015
グーグルがスマホ向けの新OSを公開。人工知能が強化され、利用者の状況把握がさらに進展

 米グーグルは2015年5月28日、スマホ向け基本ソフトの新製品である「アンドロ …

kukanjokin
空間除菌グッズの表示をめぐって消費者庁と大幸薬品が大バトル

 空間除菌グッズをめぐる消費者庁と事業者のバトルが激しくなっている。きっかけは消 …

francegas01
バフェット氏が所有する仏工場で悪臭ダダ漏れ。日本人によぎったある光景とは?

 フランス北部ルーアンにある化学工場で21日、腐った卵のような強い臭気を放つガス …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

newspicks
NewsPicksを運営するユーザベースが上場。本業はまずまずだが上場を急いだ印象は拭えない

 ニュース・アプリ「NewsPicks」を運営するユーザベースが2016年10月 …

nucleayankey
コスト高から原発撤退が相次ぐ米国。簡単に原発からの撤退を決められるのはナゼ?

 米国で原子力発電からの撤退が相次いでいる。理由は安全性への懸念ではなくコスト。 …

nisegusuri
調剤薬局の偽造薬問題。日本の医薬品行政はまともに機能していない

 C型肝炎治療薬の偽造薬が薬局チェーンで発見されるという、前代未聞の事件が発生し …