ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

骨太の方針に具体的な人口目標を明記。だが本当に実現可能なのか?

 

 政府の経済財政諮問会議は2014年6月13日、「経済財政運営と改革の基本方針」、いわゆる「骨太の方針」の素案を提示した。法人税の実効税率について、「20%台まで引き下げることを目指す」と明記したほか、人口に関して「50 年後に1億人程度」という具体的な数値目標を設定した。

 kazoku004 日本の人口問題はかなり前から指摘されており、政府は重い腰をようやく上げたということになる。人口は経済成長の二大要素のひとつであり、一般論としては、人口を増やすことは非常に重要な政策ということになる。だが今の日本でこれを達成することは容易ではない。

 現在、日本の出生率は1.4程度だが、50年後に1億人を維持するためには、出生率を2まで引き上げる必要がある。日本の都道府県でこの数値を実現しているところはない。かろうじて近い数字を出しているのは沖縄で1.9となっているが、他県のほとんどは平均値に近い数字だ。
 2という数字を実現するには、多くの都道府県で沖縄を超える必要があるだけでなく、もっとも人口集約が進み、出生率が低い東京(1.09)を何とかしなければならない。

 だが安倍政権は、女性の社会参加の促進や生涯労働を推奨する政策も併せて実施している。これらの政策は、ある意味で人口増加策と矛盾するものである。女性を幅広く社会に参加させる一方、東京の出生率を現在の2倍にすることは現実的に不可能に近い。

 そうなってくると、すでに子供を持つ家庭による第三子の出産が決め手になってくるが、これも期待薄だ。内閣府が昨年行った調査によると、伝統的な家族の価値観を重視する人ほど出産意欲が高いものの、第三子以降についてはほとんど変わらないことが明らかになっている。つまり経済的な部分がネックになり、多産を望んでいても実現することができないのである。

 本当にこの数字を実現するためには、大量の移民を受け入れること以外に道はなくなってしまう。政府は建設労働者の恒久的な受け入れ策の検討を始めるなど、着々と移民受け入れに向けて動き始めている。
 米国のように、あらゆる階層の移民を上手に受け入れれば、イノベーションと競争が促され、経済成長にプラスの効果をもたらすことになる。だが本当に移民を受け入れるのであれば、極めて高度な戦略性が必要となるだけでなく、国内既得権益層との調整というやっかいな問題を解決しなければならない。
 現在の日本社会にその覚悟があるのかは何ともいえない。最悪なのは、こうした戦略性なしに、場当たり的に移民を受け入れることである。

 少子化対策の必要性について議論することと、具体的な人口の目標値を設定することには大きな違いがある。具体的な道筋を示さないまま、本当に目標値を設定してしまってもよいのか、もう一度、国民的な議論を行う必要があるだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

abetoruko
トルコとの原子力協定に疑問の声。理論的にはトルコ独自の核武装が可能に

 政府がトルコと結んだ原子力協定の内容が波紋を呼んでいる。日本側が同意すればトル …

ogabamayosan2014
オバマ大統領が来年度予算案を提出。国債依存度は20%だが、米国では高いとの認識

 オバマ米大統領は4月10日、総額3兆7780億ドル(約370兆円)となる201 …

abeaso
安倍政権が消費増税を最終決断。法人減税とセットで理解を得ようとの算段だが・・・

 安倍首相がとうとう消費税の増税を最終決断した。政府内部では消費税増税を前提に景 …

nichigin04
日銀の審議委員人事。トヨタ出身者内定で、追加緩和の外堀埋まる?

 政府は2015年4月21日、退任する日銀の森本宜久審議委員の後任に、トヨタ自動 …

akiya
全国の空き家率が過去最高。そろそろ今後の住み方を本気で考える時期に

 総務省は2014年7月29日、2013年の住宅・土地統計調査結果を発表した。全 …

hyuga02
憲法改正や集団的自衛権など安倍カラーがなぜか次々後退。求められる明確な方向性

 政府が集団的自衛権の行使に関する憲法解釈の見直しを先送りするとの報道が大きな波 …

marugen
丸源ビルのオーナーが検察を徹底批判。死んだら全財産を国に寄贈の考えは変わったか?

 銀座などの歓楽街で「丸源ビル」を展開する不動産グループの経営者で、脱税容疑で逮 …

gay
同性婚の問題が政治的不安定要素として急浮上。国民大分裂の可能性も

 同性婚の問題が国際社会における政治的不安定要素として急浮上してきている。米国で …

ecb
失業率の悪化で国民の不満が爆発。欧州で緊縮策の一時棚上げが急浮上

 景気低迷と失業率の低下に歯止めがかからない欧州で、緊縮策を一時棚上げし、景気対 …