ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

骨太の方針に具体的な人口目標を明記。だが本当に実現可能なのか?

 

 政府の経済財政諮問会議は2014年6月13日、「経済財政運営と改革の基本方針」、いわゆる「骨太の方針」の素案を提示した。法人税の実効税率について、「20%台まで引き下げることを目指す」と明記したほか、人口に関して「50 年後に1億人程度」という具体的な数値目標を設定した。

 kazoku004 日本の人口問題はかなり前から指摘されており、政府は重い腰をようやく上げたということになる。人口は経済成長の二大要素のひとつであり、一般論としては、人口を増やすことは非常に重要な政策ということになる。だが今の日本でこれを達成することは容易ではない。

 現在、日本の出生率は1.4程度だが、50年後に1億人を維持するためには、出生率を2まで引き上げる必要がある。日本の都道府県でこの数値を実現しているところはない。かろうじて近い数字を出しているのは沖縄で1.9となっているが、他県のほとんどは平均値に近い数字だ。
 2という数字を実現するには、多くの都道府県で沖縄を超える必要があるだけでなく、もっとも人口集約が進み、出生率が低い東京(1.09)を何とかしなければならない。

 だが安倍政権は、女性の社会参加の促進や生涯労働を推奨する政策も併せて実施している。これらの政策は、ある意味で人口増加策と矛盾するものである。女性を幅広く社会に参加させる一方、東京の出生率を現在の2倍にすることは現実的に不可能に近い。

 そうなってくると、すでに子供を持つ家庭による第三子の出産が決め手になってくるが、これも期待薄だ。内閣府が昨年行った調査によると、伝統的な家族の価値観を重視する人ほど出産意欲が高いものの、第三子以降についてはほとんど変わらないことが明らかになっている。つまり経済的な部分がネックになり、多産を望んでいても実現することができないのである。

 本当にこの数字を実現するためには、大量の移民を受け入れること以外に道はなくなってしまう。政府は建設労働者の恒久的な受け入れ策の検討を始めるなど、着々と移民受け入れに向けて動き始めている。
 米国のように、あらゆる階層の移民を上手に受け入れれば、イノベーションと競争が促され、経済成長にプラスの効果をもたらすことになる。だが本当に移民を受け入れるのであれば、極めて高度な戦略性が必要となるだけでなく、国内既得権益層との調整というやっかいな問題を解決しなければならない。
 現在の日本社会にその覚悟があるのかは何ともいえない。最悪なのは、こうした戦略性なしに、場当たり的に移民を受け入れることである。

 少子化対策の必要性について議論することと、具体的な人口の目標値を設定することには大きな違いがある。具体的な道筋を示さないまま、本当に目標値を設定してしまってもよいのか、もう一度、国民的な議論を行う必要があるだろう。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

okawasho
三陸沖地震のニュース速報。絶叫するNHKのアナウンサーに、疑問の声が噴出

 7日17時18分ごろ、東北地方でマグニチュード7.3の比較的強い地震が発生した …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

kokkaigijido02
選挙権の年齢が18歳以上に引き下げ。しかし成人年齢は20歳のまま

 選挙権の年齢を20歳以上から18歳以上に引き下げる公職選挙法の改正案が2015 …

jabuil
動き出す農協改革。最初のターゲットがJA全中になる理由

 政府が農協改革に向けて動き始めた。規制改革会議は5月22日、中央組織が地域の農 …

no image
台湾の巡視船が尖閣諸島の領海に侵入。投入されているのは最新鋭の船舶

 時事通信によると、25日午前6時ごろ、尖閣諸島において台湾の漁船団数十隻と巡視 …

capitolhill
TPAがようやく可決。米議会はなぜ外国との通商権限を持っているのか?

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)の交渉に重要な役割を果たす、米国の大統領 …

security
オバマ大統領がサイバーセキュリティの大統領令に署名。だが産業界からは疑問の声も

 オバマ大統領は13日、サイバーセキュリティ対策を強化するための大統領令に署名し …

planb1step
米国で緊急避妊薬が17歳以下でも自由に購入可能に。日本では処方箋が必要だが・・・・

 米国のニューヨーク連邦裁判所は4月5日、性行為の後でも効果のある緊急避妊薬の店 …

abe5gatsukeizai
政府と日銀が相次いで景気判断を上方修正。背景には来年4月の消費増税が・・・

 政府や日銀が景気判断の見直しに向けて動き始めた。政府は5月の月例経済報告で景気 …

kodomohinkon
子供の貧困対策。広告宣伝費に税金2億円をバラ撒き、集まった寄付はわずか2000万円

 子どもの貧困対策として政府が設立した基金が、予想通り、本末転倒な状態となってい …