ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日銀が国債保有シェア1位に。株も公的年金による事実上の政府保有が進む

 

 日銀による国債保有割合の増加が顕著になっている。日銀が6月18日に発表した資金循環統計によると、日銀の国債保有残高は201兆円となり、最大規模の国債保有者であった保険会社を上回った。

 nichigin04 国債発行残高に占める日銀の保有割合は20%を超え、現在では最大の国債保有者となっている。保険会社は国債保有残高を減らしているわけではない。一方、国内銀行は2013年末の13.7%から13.0%にシェアを落としており、国債の保有者が銀行から日銀にシフトしている様子がうかがえる。ちなみに、海外の国債保有者の割合は8.4%であった。

 日銀の保有割合が増加しているのは、当然のことながら、日銀の量的緩和策によって市場の国債を日銀が買い入れていることが原因。これは量的緩和策を開始する当初から分かっていたことではあるが、日銀が最大の国債保有者となってしまうことで、量的緩和策をいかに終了させるのかという、いわゆる出口戦略が困難になることが予想される。
 最大の保有者が売却に回ってしまうと、市場に対するインパクトが大きくなってしまうからだ。

 一方、株式市場でも事実上の政府による株の買い入れが進みつつある。公的年金の運用を行っているGPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は安倍政権の強い要請を受け、運用方針の見直しを開始している。

 現在、GPIFは130兆円ほどの資金を運用しており、このうち国内株が占める割合は17%程度である。運用方針見直し後は、国内株の比率が20%から22%程度に高まると予想されている。金額にすると、4兆円から6.5兆円が新規に株式市場に流れ込む。

 国債や株式の政府(あるいは日銀)による保有が進んでしまうと、リスクを取る主体が、市場から政府に移ることになる。政府が負うリスクは最終的には国民が負っているので、実質的には国民がリスク商品の購入を進めていることと同じになる。

 国民が市場に代わって、リスクを取りに行っているという自覚はおそらくないだろう。順調にものごとが進んでいるうちは、誰も損をしないので、非常によい政策に見えるかもしれない。だがひとたび、国債や株式の市場に波乱が起こった場合、社会への影響は極めて大きなものになるだろう。

 投資を成功させるカギは出口戦略にある。それは量的緩和という形であれ、年金による株式の買い支えであれ、同じことである。出口戦略に関する議論は早ければ早いほどよい。

 - 経済 , ,

  関連記事

spiritair
海外ではLCCを超えるスーパーLCCが大躍進。利用者の選択肢が広がる

 米国でLCC(格安航空会社)のさらに上をいく、超格安航空会社が躍進している。フ …

ieren
次期FRB議長はイエレン氏。総じて高評価だが、リベラルな面を危惧する声も

 オバマ米大統領は、来年1月で退任するバーナンキFRB(連邦準備制度理事会)議長 …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …

no image
機械受注は15.7%の大幅マイナス。ただ長期トレンドは今後の数値を見極める必要あり

 内閣府は2014年2月12日、2013年12月の機械受注統計を発表した。主要指 …

drugeconomy
麻薬や売春など地下経済をGDPにカウントする動き。ランキングに混乱も

 麻薬や売春など、いわゆる地下経済をGDP(国内総生産)に含めることに関する議論 …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

girishashusho
ギリシャ側が完全敗北。EUが主張する構造改革案をほぼ100%受け入れへ

 ギリシャの金融支援をめぐり、ギリシャ側が提出していた構造改革案についてEU(欧 …

mothers
従来の説はほとんどウソだった。日本でベンチャー企業が発達しない本当の理由。

 日本でベンチャー振興が叫ばれてから久しいが、一向にベンチャー企業が盛り上がる気 …

yahoomiyasaka
ヤフーがイー・アクセスを買収。宮坂社長のソフトバンク経営関与の布石という噂も

 ヤフーは2014年3月27日、通信事業者であるイー・アクセスの株式をソフトバン …