ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRB、緩和縮小を継続。ただし、利上げはまだ先で株価にはプラスか?

 

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は2014年6月18日、FOMC(連邦公開市場委員会)において量的緩和策による資産購入額をさらに縮小することを決定した。
 米国経済が順調に回復し、雇用も改善するとの見方が背景にある。ただ緩和的なスタンスは継続となり、利上げはもう少し先のことになりそうだ。

ieren02

 現在、FRBは毎月450億ドル(約4兆6000億ドル)の資産を購入しているが、7月からはこれを350億ドルに減額する。イエレン議長は、米国の景気について「ここ数ヶ月で再び上昇している」と楽観的な見通しを示した。これを背景に、今年1月から始まった量的緩和策の縮小をそのまま継続する。

 米国では寒波の影響などもあり、今年前半は景気の失速が懸念されていた。だが、フタを開けてみれば、大きな影響はなく、雇用市場も堅調だった。ただし、2014年の実質GDP成長率の見通しについては、プラス2.3%程度と3月時点の予測から大幅に下方修正している。米国というよりも、世界経済全体が成長率鈍化の傾向が顕著になっていることから、緩和的なスタンスは継続する見通し。

 イエレン議長は、政策金利について「景気が予想以上に改善すれば早期の利上げを行い、逆に悪化すれば低金利を継続する」としており、特に踏み込んだ発言はなかった。市場では現在の低金利がしばらく続くと解釈しているようだ。

 株式市場では、ダウ平均株価の高値更新が続いていることから、調整を予想する声が高まっていた。しかしイエレン議長が株価は「標準的な水準である」とコメントしたことや、低金利が継続する可能性が高まってきたことなどから、当分の間は現在の上昇傾向が続くとの見方が強くなっている。

 株価の下落を予想して空売りを仕掛けていた投資家も多数存在することから、手仕舞いによる株の買戻しによって、想像以上に株価が上昇することがあるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

nichukanfta
日中韓FTA交渉の第2回会合。すでにTPPに参加した日本は有利な立場に

 日中韓の3カ国で貿易や投資の自由化を目指す、日中韓自由貿易協定(FTA)交渉の …

toshiba03
もはや制御不能。東芝が米国原子力事業で再び巨額損失。債務超過の可能性も

 経営再建中の東芝は2016年12月27日、米国原子力事業において数千億円規模の …

airasiajapan
エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全 …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …

baishuboueisaku
かつて導入された買収防衛策が次々と撤回。背景にあるのは株主のモノ言い

 かつて上場企業で導入が相次いだ買収防衛策について、撤回するケースが増えてきてい …

g20wasinton
G20が閉幕。隠れた主要議題アジアインフラ投資銀行については言及なし

 日米欧と新興国の20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議は2015年4 …

english
政府の有識者会議で英語教育推進の動きが活発に。小学校での正式教科格上げ論も

 政府の有識者会議において英語教育に関する議論が活発になってきている。これまで教 …

gosuto
佐村河内氏のゴースト問題がホリエモンに飛び火。出版業界は戦々恐々!

 聴覚障害を持つ作曲家として知られていた佐村河内守氏によるゴーストライター問題が …

amari02
波紋を呼ぶ消費税還元セール禁止法案。政府がゴリ押しする真意は?

 政府が消費税還元セールの実施を禁止する法案を衆議院に提出したことについて、小売 …