ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

FRB、緩和縮小を継続。ただし、利上げはまだ先で株価にはプラスか?

 

 米国の中央銀行にあたるFRB(連邦準備制度理事会)は2014年6月18日、FOMC(連邦公開市場委員会)において量的緩和策による資産購入額をさらに縮小することを決定した。
 米国経済が順調に回復し、雇用も改善するとの見方が背景にある。ただ緩和的なスタンスは継続となり、利上げはもう少し先のことになりそうだ。

ieren02

 現在、FRBは毎月450億ドル(約4兆6000億ドル)の資産を購入しているが、7月からはこれを350億ドルに減額する。イエレン議長は、米国の景気について「ここ数ヶ月で再び上昇している」と楽観的な見通しを示した。これを背景に、今年1月から始まった量的緩和策の縮小をそのまま継続する。

 米国では寒波の影響などもあり、今年前半は景気の失速が懸念されていた。だが、フタを開けてみれば、大きな影響はなく、雇用市場も堅調だった。ただし、2014年の実質GDP成長率の見通しについては、プラス2.3%程度と3月時点の予測から大幅に下方修正している。米国というよりも、世界経済全体が成長率鈍化の傾向が顕著になっていることから、緩和的なスタンスは継続する見通し。

 イエレン議長は、政策金利について「景気が予想以上に改善すれば早期の利上げを行い、逆に悪化すれば低金利を継続する」としており、特に踏み込んだ発言はなかった。市場では現在の低金利がしばらく続くと解釈しているようだ。

 株式市場では、ダウ平均株価の高値更新が続いていることから、調整を予想する声が高まっていた。しかしイエレン議長が株価は「標準的な水準である」とコメントしたことや、低金利が継続する可能性が高まってきたことなどから、当分の間は現在の上昇傾向が続くとの見方が強くなっている。

 株価の下落を予想して空売りを仕掛けていた投資家も多数存在することから、手仕舞いによる株の買戻しによって、想像以上に株価が上昇することがあるかもしれない。

 - 経済 , ,

  関連記事

pionieer
パイオニアが伝統の音響機器事業に見切りを付け、カーナビ分野に注力

 パイオニアは2014年9月16日、大規模な人員削減や事業再編を伴う今後の事業方 …

beijing
中国のGDP鈍化で各国の株式市場が混乱。今後の中国経済をどう見るべきか?

 中国国家統計局が15日発表した1~3月期のGDP成長率をめぐって株式市場で混乱 …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

googlehead
Googleもいずれ成長鈍化?第2四半期決算は好調だが、クリック単価の下落は止まらず

 イ ンターネット検索最大手の米グーグルは7月18日、2013年4~6月期の決算 …

aribabakinyu
シャドーバンキングといっても幅が広い。アリババや百度でも扱っている。

 中国では、いわゆる影の銀行(シャドーバンキング)による過剰融資が大きな問題とな …

linejojo
LINEがいよいよ上場へ。ただし、ベストなタイミングは逸してしまった

 対話アプリのLINEが7月にも東京証券取引所に上場する。親会社である韓国ネイバ …

sonyhirai
ソニーが今年も業績の下方修正。悪材料小出しはもはや同社のお家芸

 経営再建中のソニーは2014年9月17日、2015年3月期の業績見通しについて …

fintech01
スマホの利用履歴で融資の可否を判断。近い将来、銀行は要らなくなる?

 ネットを使った金融サービスの分野に地殻変動が起きようとしている。銀行というビジ …

nichigin03
市中への資金供給量が過去最大。量的緩和は効果を上げてきているのか?

 日銀は7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表的な …

no image
日本の富裕層は124万世帯。格差拡大はこれからが本番?

 コンサルティング会社であるボストン・コンサルティング・グループは2014年6月 …