ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

佐川急便の1万人主婦配送要員採用は、新しいサービスの入り口になる?

 

 佐川急便は今後2年間で1万人の主婦パートを採用する。少量の荷物を自宅周辺で配送し、既存の配送網を強化する。
 佐川急便やヤマト運輸など宅配事業者は、すでに地域に根ざした存在となっているが、主婦パートの登用でその傾向はさらに顕著になる。場合によっては、介護や警備、医療といった新しいサービスの入り口になる可能性もある。

 sagawajoshi 佐川急便はセールスドライバーと呼ばれる正社員が、荷物の配送や集荷、決済などあらゆる業務を一手に担っている。最近はネット通販の普及で、小さな荷物が断続的に届けられる傾向が強くなってきており、セールスドライバーの負担は大きくなる一方である。

 日経新聞の報道によると、今後採用する主婦パートは、30個程度の荷物を自宅周辺で届ける業務に従事するという。
 自宅周辺であれば、不在の場合10分後に再訪問したり、顧客の生活時間に合わせて配送時間を工夫するなど、よりきめ細かな対応が可能となる。エリア完全密着型の配送要員を確保することで、正社員であるセールスドライバーの業務を補完する。

 こうした配送要員が普及してくると、宅配事業者には別なビジネスチャンスも生まれてくる。主婦の配送要員は、地域や住民のことを熟知しているので、独居老人の見守りや介護、家事支援、ベビーシッターといった別なサービス分野の窓口になる可能性があるのだ。

 フルタイムのパート要員を確保できないことも多いので、同社における勤怠管理はシステム化される可能性が高い。同一エリアでも複数の要員が時間や曜日によってバラバラに従事することになるが、逆にこうした状況は、サービスの窓口としては都合がよい。特定の人物に依存する必要がなく、サービスを受け入れる側も、心理的抵抗が少ないからだ。

 日本は人口の減少が加速しており、特定地域への人口の集約化が進む可能性が高い。こうした地域拠点を活用したビジネスは今後、さらに拡大してくることになるだろう。

 - 社会, 経済

  関連記事

no image
中国反日デモ斜め読み。警察車両って日本車だったんだ!

 尖閣諸島への日本人の上陸を受けて、中国で反日デモが激しくなっている。上陸のニュ …

google2014
さらに安定成長に向かうグーグル。市場は次のブレークスルー待ち

 米グーグルは2015年1月29日、2014年10~12月期の決算を発表した。こ …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

suntorypuremoru
サントリーが新浪氏のトップ就任に合わせて組織改編。とうとうビール部門が独り立ち

 サントリーホールディングスは2014年9月25日、ビール事業の分離などを柱とす …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

kanntei
社会保障改革の手順を閣議決定。肝心の年金問題についてはほぼ手つかずのまま

 政府は8月21日、閣議において社会保障制度改革の手順を定めるための法案骨子を決 …

beijing
中国経済の実態を表す「本物」の経済統計が発表。格差は世界最悪の水準

 中国経済の本当の姿を示す調査結果が市場で話題となっている。四川省の大学が失業率 …

seveneleven
コンビニ最大手のセブンがとうとう加盟店からのロイヤリティ減額を決断

 コンビニ最大手のセブン-イレブンが「聖域」とされてきた加盟店からのロイヤリティ …

soukaishoshu
今頃になってようやく株主総会分散開催を経産省が指導。だがとっくに手遅れ?

 経済産業省が、6月に集中している株主総会を7月以降などに分散して開催するよう促 …

tmall2014
上場を控えたアリババが4~6月期の決算を公表。取扱高の拡大で業績は好調

 米国で株式の新規公開(IPO)を予定している中国の電子商取引大手アリババは、2 …