ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

佐川急便の1万人主婦配送要員採用は、新しいサービスの入り口になる?

 

 佐川急便は今後2年間で1万人の主婦パートを採用する。少量の荷物を自宅周辺で配送し、既存の配送網を強化する。
 佐川急便やヤマト運輸など宅配事業者は、すでに地域に根ざした存在となっているが、主婦パートの登用でその傾向はさらに顕著になる。場合によっては、介護や警備、医療といった新しいサービスの入り口になる可能性もある。

 sagawajoshi 佐川急便はセールスドライバーと呼ばれる正社員が、荷物の配送や集荷、決済などあらゆる業務を一手に担っている。最近はネット通販の普及で、小さな荷物が断続的に届けられる傾向が強くなってきており、セールスドライバーの負担は大きくなる一方である。

 日経新聞の報道によると、今後採用する主婦パートは、30個程度の荷物を自宅周辺で届ける業務に従事するという。
 自宅周辺であれば、不在の場合10分後に再訪問したり、顧客の生活時間に合わせて配送時間を工夫するなど、よりきめ細かな対応が可能となる。エリア完全密着型の配送要員を確保することで、正社員であるセールスドライバーの業務を補完する。

 こうした配送要員が普及してくると、宅配事業者には別なビジネスチャンスも生まれてくる。主婦の配送要員は、地域や住民のことを熟知しているので、独居老人の見守りや介護、家事支援、ベビーシッターといった別なサービス分野の窓口になる可能性があるのだ。

 フルタイムのパート要員を確保できないことも多いので、同社における勤怠管理はシステム化される可能性が高い。同一エリアでも複数の要員が時間や曜日によってバラバラに従事することになるが、逆にこうした状況は、サービスの窓口としては都合がよい。特定の人物に依存する必要がなく、サービスを受け入れる側も、心理的抵抗が少ないからだ。

 日本は人口の減少が加速しており、特定地域への人口の集約化が進む可能性が高い。こうした地域拠点を活用したビジネスは今後、さらに拡大してくることになるだろう。

 - 社会, 経済

  関連記事

facebookmobile
フェイスブックはスマホ広告が堅調で過去最高益。ただし北米依存の状況はあまり変わらず

 SNS最大手の米フェイスブックは2014年7月23日、2014年4~6月期の決 …

fukusima
原子力規制委員会が明らかにした再稼動審査の方針。事故防止の観点がまったく欠如

 原子力規制委員会が打ち出した、7月以降に開始する原発の再稼動審査の内容について …

putinkuremia
思いのほか苦境にあるロシア。今回の一連の外交はいわゆる「弱者の戦略」

 ロシアによるクリミア併合プロセスが着々と進んでいる。表面的には軍事力を前面に押 …

tukijitwin
ツインタワーも登場!都のプロジェクトチームが築地建て替え案をとりまとめ

 築地市場の豊洲への移転問題について議論している東京都のプロジェクトチームが、築 …

toshiba03
東芝の不正会計問題。自己資本並みに大きい「のれん代」は大丈夫なのか?

 不正な会計処理が問題となっている東芝は2015年7月21日、田中久雄前社長、佐 …

kuroda
黒田日銀が、このタイミングで構造改革路線を主張し始めた理由

 日銀が、かつての「構造改革路線」を強く主張し始めている。黒田総裁は2014年5 …

no image
英国でスタバ、Amazon、Googleの税金逃れが政治問題に。英国も劣化しているのか?

 米国に本社のあるグローバル企業、Amazon、スターバックス、Googleの3 …

kabuka
公的年金がリスクの高いアクティブ運用にシフト。背景には何が?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年4月1 …

seveneleven
セブンが600億円の減損。旧体制における「負の遺産」整理に着手

 セブン&アイ・ホールディングスは2016年10月6日、2016年3~8月期(半 …

shuinhonkaigi
衆院でマイナンバー法案が可決。喜んでいるのは国税庁とIT業界だけ?

 衆議院は5月9日、本会議において共通番号(マイナンバー)法案を与党、民主党など …