ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

LINEの情報が韓国政府に筒抜けという報道。上場を前にLINEが大波乱

 

 無料通話チャット・アプリLINEの情報が韓国政府に筒抜けになっているという報道が波紋を呼んでいる。LINEの森川社長はすぐに全面否定のコメントを出したが、騒動はすぐには収まりそうもない。LINEは上場を前に大きな課題を抱えてしまった格好だ。

linemorikawa

 きっかけは、韓国の国家情報院(旧KCIA)が、LINEを傍受し、収拾したデータを欧州に保管、分析しているという月刊誌FACTAの記事。韓国政府のサイバーセキュリティ関係者が、日本の内閣情報セキュリティセンター(NISC)との協議の場で認めたという。

 傍受の方法はシステムに直接侵入するのではなく、通信回線とサーバーの間でワイヤタッピングするというもので、韓国の国内法では違法にならないという。記事では、LINEの日本人ユーザーの通話データなどが韓国政府に送られているとしている。

 LINEの森川社長は、「LINEの通信は、国際基準を満たした最高レベルの暗号技術を使って通信されていますので、記事に書かれている傍受は実行上不可能です」と反論し、「看過できない記事」であるとしてFACTAに強く抗議している。

 元CIA職員であるスノーデン氏の事件で明らかになったように、各国の情報機関が通信回線からデータを抜き取っていることはもはや常識である。LINEは韓国企業ネイバーの子会社であり日本資本ではない。同社が韓国政府からの情報収集対象になっていないことの方がむしろ不自然なことである。ネットでは、森川社長が「傍受は不可能」と言い切ってしまっていることから、逆にそれを不安視する声も上がっているようだ。

 ただ、そのことをもってLINEが危険なのかという議論はまた別の話である。やりとりされている情報を解読できるかは、最終的には情報収集する側のリソースに依存している。森川社長が述べているように、すべての情報を日常的に解読することは実質的に不可能であろう。だが、特定の人物などに対して、情報機関が目的を持って解析を試みた場合には、どんな情報でも丸裸になってしまうリスクは残る。

 これはLINEに限った話ではなく、あらゆるネットサービス共通の課題といえる。セキュリティが100%かどうかという議論はあまり意味をなさない。巨大な情報組織が特定対象に的を絞り、目的を持って行動すれば、たいがいのことは実行できてしまう。
 だが、一般的な利用者が危険にさらされているのかという点では、必ずしもそうとは言い切れないし、韓国政府が日本など諸外国との競争のためにこのデータを利用としたとしても、最終的にはかけたコストと成果のバランスの問題ということになる。

 もっとも、森川社長の対応は少し軽率だったかもしれない。FACTAはすぐに、「LINEは韓国当局から、「おたくの暗号は破っておりません」とのお墨付きを得たのでしょうか」と再反論を掲載している。また「もし抗議するなら、LINEは韓国政府に対して抗議すべき」とも主張している。韓国資本の会社だから韓国政府に抗議できず、報道したFACTAを批判しているのではないかという論旨である。

 確かに、韓国政府がLINEを盗聴しているのかについて、LINE側が本質的な意味で確認する手段はない。また、この情報をFACTAにリークした情報源は、意図を持ってリークした可能性が高いが、情報の内容が内容だけにFACTA側も100%のウラを取ることは不可能である。情報源の存在そのものをFACTAが捏造したのでなければ、FACTAの報道を批判するというのは、スジ違いであろう。

 LINEは久々の超大型上場銘柄として市場で大きな注目を集めている。上場を前にした単なる情報戦なのか、今後さらに問題が大きくなるのか、現時点ではまだ何ともいえない。

 - マスコミ, 政治, 社会, IT・科学 ,

  関連記事

minpaku
民泊法案が今国会で成立の公算。年間日数制限でビジネス目的は困難に?

 住宅の空き部屋を旅行者などに有料で貸し出す、いわゆる「民泊」の解禁を目的とした …

amari
甘利経財相が日本の輸出不振に言及。アベノミクスは現実路線に転換?

 日本の輸出に対する安倍政権のスタンスが現実を反映したものに変わってきた。円安に …

powerball
賞金470億円!夢の米国宝くじ。それに比べて日本の宝くじのお粗末さときたら・・・

 1等賞金が史上最高額となり全米の注目を集めていた宝くじ「パワーボール」の抽選が …

doshakuzure
気象庁の特別警報を知るきっかけはテレビだけ。告知ルートの偏りが明らかに

 気象庁が「特別警報」の認知に関して実施したアンケート調査で興味深い結果が出てい …

saiteichingin
米中間選挙で注目を集めた格差問題。だが日本の方が状況はより深刻かもしれない

 米国の中間選挙で民主党が敗北したことで、あらためて米国の格差問題がクローズアッ …

nobelprize
批判などどこ吹く風。臆面もなくEUにノーベル平和賞を贈る北欧人のしたたかさ

 ノーベル平和賞の授賞式が10日、ノルウェーの首都オスロの市庁舎で開かれた。今年 …

masuzoe03
オリンピック利権に好都合だった舛添氏の辞任で、日本経済の不確実性は高まった

 東京都の舛添要一知事は2016年6月15日、6月21日付けの辞職願を都議会に提 …

no image
受給ギャップ拡大などインチキ。そもそも想定された需要など、もはや存在していない

 内閣府は15日、7~9月期の需給ギャップが4~6月期に比べて5兆円拡大して15 …

tpptaikou
バラマキにすらなっていない。官庁や独法の予算配分に終始したTPP大綱

 政府は2015年11月25日、TPP(環太平洋パートナーシップ協定)に関する政 …

syriakubaku201409
米国がシリアで空爆を開始。とりあえず中東各国の協力を取り付けた形に

 米国防総省は2014年9月23日、米軍がイラクに続いて隣国のシリアでも空爆を開 …