ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

日本企業の内部留保が過去最高。むしろ重要なのは資産の有効活用

 

 日本企業が内部留保を蓄積している。2013年3月期における日本企業の内部留保は304兆円となり、過去最高となった。

 setsubitousi 内部留保とは、その期の利益の中から、株主への配当や税金などをすべて差し引いて、残った金額のこと。会計上、過去から積み上げた利益に該当する費目はいくつかあるが、これらを総合した金額は利益剰余金と呼ばれる。

 2013年3月時点における日本企業の利益剰余金は304兆円で、昨年度末の285兆円から大幅に増えた。日本企業は過去20年間、いくつかの例外の年を除いて基本的に内部留保を増やしてきた。企業が内部留保を蓄積していることについては、各方面から批判が出ている。

 もっとも多いのは、内部留保を賃金に回せというものである。これは現在の安倍政権の幹部からもよく聞かれるセリフである。ただ、会計的には内部留保は賃金を支払った後の結果でしかなく、そもそも賃金は内部留保から支払うものではない。賃金は各期の人件費としていくらが適切かという問題であり、直接内部留保とは関係しないのだ。おそらく、内部留保を蓄積しているという事実が、賃上げの材料として利用されているということだろう。

 次によく聞かれるのが、内部留保を蓄積するくらいなら、配当や自社株買いなど株主還元に回すべきという議論である。これは多くの企業がわざわざ株式会社の形態を採用している以上、ある意味で当然の主張といえる。
 日本企業は、内部留保を蓄積してきたが、現預金も同様に積み上げている。2013年3月期の現預金の総額は150兆円を超えており、有効な使い道がないまま、銀行預金として遊んでいる。

 統計上、現預金の額は年々積み上がっているものの、現預金を豊富に持っているのは、一部の優良企業だけというのも現実である。企業が保有する資産で最も多いのは、土地や設備などの固定資産で760兆円に達する。これは企業の総資産額の半分以上を占める。中小の製造業の場合、資産のほとんどが固定資産であり、その原資は利益ではなく、借り入れである。日本企業全体としてみれば、現預金がそれほど多いとはいえない。

 保有する固定資産が収益を生み出すための優良資産であるならば何の問題もないが、必ずしもそうとは言い切れない。現時点において、日本企業の設備はまだ過剰だといわれている。競争力を失った資産の入れ替えが思うように進まず、その結果として、新規投資の抑制が続いているのだとすると、むしろ、こちらの方が問題だろう。

 - 経済 ,

  関連記事

sonyhonsha
ソニーが相次いでリストラ策。だが今後の戦略についてはいまだ不透明

 業績低迷が続くソニーが、相次いでリストラ策を打ち出している。個々の施策はそれな …

nissan
自動車業界が大変動。ルノー・日産連合が上半期で世界トップに

 今年上半期の自動車販売で仏ルノー・日産連合が世界首位となった。自動車市場はそろ …

souzouteki
日本には創造性が求められる仕事などない、という若者の認識はかなり正確?

 日本の若年層の中で、自分のことを創造的だと考える人は8%しかおらず、創造性が求 …

abe
安倍総裁が2%の物価目標を日銀に要請。その結果、経済はどうなる?

 自民党の安倍総裁は18日午後、党本部で日銀の白川総裁と会談し、物価目標を2%と …

abetoben
首相がアベノミクスへの懸念について見解を表明。あと半年で円安効果が出るというが・・

 安倍首相は5月7日の参院予算委員会の集中審議に出席し、貿易赤字やインフレなど、 …

doruen201311
ドル円が心理的節目である100円を完全突破?関係者の多くは円安継続を予想

 為替市場において、心理的な節目となっていた1ドル=100円のカベがとうとう破ら …

facebookdown
フェイスブック利用者が近い将来一気に8割減という予測は現実的なのか?

 フェイスブックは伝染病のように消え去るという研究者の予測が話題となっている。フ …

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

hp
パソコン終焉の象徴。HPが1兆円の巨額赤字を計上。不正会計が理由にあらず

  米コンピューター大手ヒューレット・パッカード(HP)が巨額赤字を計上した。2 …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …