ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米軍における無人機墜落事例は400件。商業利用では自動操縦で問題解決か?

 

 米国で400機以上の無人機が墜落していることが明らかになった。米国ではすでに無人機の商業利用が一部、始まっているが、安全性についての議論が高まりそうだ。

 mujinkijiko 米主要紙であるワシントンポストは、情報公開法を利用して5万点以上の報告書などを入手、無人機の事故に関する情報をまとめた。それによると、2001年以降、アフガニスタンやイラクにおいて400件以上の墜落事故が起こっていることが明らかになった。

 事故原因として多いのは、パイロットの操縦ミス。無人機の多くは、機体に人は乗らないものの、遠隔でパイロットが操縦している。だが遠隔操縦システムでは、パイロットは自身の五感を使うことができないため、緊急時の危険回避能力は実際に乗って操縦するよりも劣るという。また人が乗る機材とは異なり、衝突防止システムなど安全装置が搭載されていないため、墜落が起きやすいという。

 いくつかの事例では無人機そのものに欠陥があった。これも悪天候が重なるケースが多く、悪天候と欠陥の相互作用で電気系統の誤作動を引きこしたとという。また通信が何らかの原因で途絶え、操縦不能になった事例もある。

 もっとも事故が多いのはプレデターという機種だが、同機に事故が多いのは、もっとも普及している機種のひとつであることが大きく関係しているかもしれない。無人機の価格は400万ドルと破格に安く、軍としては多少墜落してもよいという考え方で運用している可能性が高い。事故の数が多くなるのはやむを得ないのかもしれない。

 気になるのは、商業用の無人機が安全かという点である。米国では、市街地ではまだ許可されていないものの、人が少ない地域における無人機の商業利用がすでに始まっている。もちろん商業用の無人機にも墜落リスクは存在するのだが、専門家の多くは十分に克服が可能と見ているようだ。

 今回、報道された事故は2001年からの累計であり、13年も前の事例が含まれている。ここ10年における無人機の技術の進歩はすさまじいものがある。また商用無人機が普及する頃には自動操縦システムが普及している可能性が高い。人工知能の技術の発達で、すでに自動操縦の能力は人のパイロットを上回っているともいわれる。

 自動操縦と衝突回避システムの導入によって、事故はかなり減らせる可能性が高いと考えてよいだろう。もっとも、人による投石や鳥との衝突など、対応すべき課題はたくさん残っている。普及の過程では多くの問題が生じる可能性があるが、このあたりはメリットとの兼ね合いということになるだろう。

 ちなみに日本の場合には、いつものことながらの当局の対応は遅く、商用無人機がそもそも飛行許可されるのか自体が不透明である(農業用などで導入事例は多いが、体系的な法規制は今のところ存在していない)。良くも悪くも日本ではこうした心配は当面、無用である。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

setsubitousi
需給ギャップが3期連続で縮小。日本経済復活なのか単なるバラマキなのか?

 内閣府は2013年12月16日、7~9月期の日本経済における需給ギャップがマイ …

keizaizaisei201511
GDP600兆円の具体策について議論始まる。最終的には3%の賃上げで実現?

 安倍首相が「新三本の矢」で掲げた名目GDP600兆円の目標について、その具体策 …

borubo
仏マクロン政権がガソリン車の販売禁止を提言。ボルボなど欧州メーカーもEVシフトへ

 フランスのマクロン政権が、2040年までにガソリン車の販売を禁止するという野心 …

blackberry10
起死回生を狙ったブラックベリーの新OSは評価がいま一つ。社名変更も株価は下落

 スマートフォンの草分けとして知られる「BlackBerry」を開発しているカナ …

torisimariyaku
経済同友会が独立取締役の義務化を要望。実現がほぼ絶望的な理由とは?

 経済同友会は10月28日、企業からの独立性が高い「独立取締役」の設置を上場企業 …

simrock
携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をか …

jinminginkou
中国人民銀行が預金準備率引き下げ。いずれ量的緩和に追い込まれる?

 中国の景気減速がはっきりしてきたことで、金融市場にもこれに付随した動きが見られ …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

shougi
プロ棋士がコンピュータに負けた事件で浮き彫りになった日本人のメンタリティ

 将棋のプロ棋士とコンピューターソフトが争い、コンピュータが勝利したという出来事 …

communityshop
英国で社会起業家が、低所得者向け「ソーシャル・スーパーマーケット」を開店

 英国では初めてとなる「ソーシャル・スーパーマーケット」の開店が話題を呼んでいる …