ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米軍における無人機墜落事例は400件。商業利用では自動操縦で問題解決か?

 

 米国で400機以上の無人機が墜落していることが明らかになった。米国ではすでに無人機の商業利用が一部、始まっているが、安全性についての議論が高まりそうだ。

 mujinkijiko 米主要紙であるワシントンポストは、情報公開法を利用して5万点以上の報告書などを入手、無人機の事故に関する情報をまとめた。それによると、2001年以降、アフガニスタンやイラクにおいて400件以上の墜落事故が起こっていることが明らかになった。

 事故原因として多いのは、パイロットの操縦ミス。無人機の多くは、機体に人は乗らないものの、遠隔でパイロットが操縦している。だが遠隔操縦システムでは、パイロットは自身の五感を使うことができないため、緊急時の危険回避能力は実際に乗って操縦するよりも劣るという。また人が乗る機材とは異なり、衝突防止システムなど安全装置が搭載されていないため、墜落が起きやすいという。

 いくつかの事例では無人機そのものに欠陥があった。これも悪天候が重なるケースが多く、悪天候と欠陥の相互作用で電気系統の誤作動を引きこしたとという。また通信が何らかの原因で途絶え、操縦不能になった事例もある。

 もっとも事故が多いのはプレデターという機種だが、同機に事故が多いのは、もっとも普及している機種のひとつであることが大きく関係しているかもしれない。無人機の価格は400万ドルと破格に安く、軍としては多少墜落してもよいという考え方で運用している可能性が高い。事故の数が多くなるのはやむを得ないのかもしれない。

 気になるのは、商業用の無人機が安全かという点である。米国では、市街地ではまだ許可されていないものの、人が少ない地域における無人機の商業利用がすでに始まっている。もちろん商業用の無人機にも墜落リスクは存在するのだが、専門家の多くは十分に克服が可能と見ているようだ。

 今回、報道された事故は2001年からの累計であり、13年も前の事例が含まれている。ここ10年における無人機の技術の進歩はすさまじいものがある。また商用無人機が普及する頃には自動操縦システムが普及している可能性が高い。人工知能の技術の発達で、すでに自動操縦の能力は人のパイロットを上回っているともいわれる。

 自動操縦と衝突回避システムの導入によって、事故はかなり減らせる可能性が高いと考えてよいだろう。もっとも、人による投石や鳥との衝突など、対応すべき課題はたくさん残っている。普及の過程では多くの問題が生じる可能性があるが、このあたりはメリットとの兼ね合いということになるだろう。

 ちなみに日本の場合には、いつものことながらの当局の対応は遅く、商用無人機がそもそも飛行許可されるのか自体が不透明である(農業用などで導入事例は多いが、体系的な法規制は今のところ存在していない)。良くも悪くも日本ではこうした心配は当面、無用である。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

economistataranai
7~9月期GDPは何とマイナス1.6%。エコノミストの予想はなぜこうも当たらないのか?

 内閣府は2014年11月17日、7~9月期のGDP(国内総生産)速報値を発表し …

googlekesan201303
Googleの7~9月期決算に見る、スマホ時代におけるネット広告の行方

 ネット検索最大手の米グーグルは10月17日、7~9月期の決算を発表した。売上高 …

graph02
内閣府でGDPの数字に誤り。先月は財政政策の基礎となる著名論文でもミスが発覚

 内閣府は5月7日、3月に発表した2012年10~12期の国内総生産(GDP)の …

bouekitoukei201404
消費税駆け込み需要の反動で、4月の貿易収支は改善

 財務省は2014年5月21日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

tenanmon
中国のPMIが低下するも、当局はハードランディング覚悟で対策は取らず

 中国国家統計局は7月1日、6月の製造業購買担当者景気指数(PMI)を発表した。 …

bouekitoukei 201406
貿易赤字は引き続き小康状態。この間に次のフェーズへの対策が必要

 財務省は2014年7月24日、6月の貿易収支を発表した。輸出額から輸入額を差し …

kamotsusen
FTA締結のメリットをまったく享受できない韓国。日本はTPPの影響をどう考えるべきか?

 各国と相次いでFTA(自由貿易協定)を締結してきた韓国において、消費者がその恩 …

businessman
GDP改定値は下方修正。景気の落ち込みが激しいことが明らかに

 内閣府は2014年9月8日、4~6月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した。 …

nyse03
絶好調な経済を背景に米国株への関心が高まる。だが本当に落とし穴はないのか?

 投資家の間で、米国株に対する関心が急速に高まっている。米FRB(連邦準備制度理 …

euhonbu00
欧州が緊縮策から方向転換?世界はリーマンショック以前に逆戻り

 これまで緊縮財政一辺倒だった欧州委員会(EU)が方向転換を図っている。スペイン …