ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

国民年金納付率が向上。だが実態は督促の強化と、給付対象者の減少

 

 厚生労働省は2014年6月23日、2013年度の国民年金の納付状況について公表した。国民年金の納付率は60.9%と前年度より1.9ポイント改善した。ただ詳細を見ると、年金納付の状況が改善したとはいいにく状況だ。

nenkintecho

 納付率は保険料を納めた月数を納付すべき月数で割った数字。納付率を向上させるためには、督促などを強化し、納付金額(納付月数)そのものを増やす方法と、納付対象者(納付すべき月数)を減らす方法の2種類がある。前者は分子を増やし、後者は分母を減らすというやり方である。

 本来は納付金額の増加によってのみ納付率が改善することが望ましいのだが、実際はそうでもない。納付された金額はこのところ毎年減少している。一方で、納付対象者も同じように毎年減少しているのだが、ここ2年は納付対象者の減少スピードの方が速い。納付率が上昇しているのは、納付対象者が減っていることが大きく影響しているのだ。

 これは所得が低い人に納付免除の申請をしてもらい、数字上、納付対象者の数を減らしているからである。督促などを強化した効果もあるが、本質的な状況はあまり改善したとは言い難い。

 現実問題として、国民年金の対象となっている若年層の所得は低く、払いたくても払えない人が多い。年齢別の納付率を見ると、20~24歳までは56%の納付率があるが、25から29歳になると50%まで一気に低下してしまう。学生のうちは親の負担で納付していたが、社会人になって十分な所得が得られず、納付できなくなっている状況がうかがえる。

 地域別に見ると、納付率が高かった上位3県は、島根、新潟、山形であった。逆に納付率が低かったのは、沖縄、大阪、埼玉であった。東京は次にランキングされているので、沖縄を除くと、基本的に大都市圏での納付率が低い。
 一方で保険料の全額免除割合は、東京、神奈川、埼玉など首都圏は軒並み20%台となっており、他の地域と比較すると圧倒的に低い。首都圏には仕事が豊富にあることが主な要因と考えられる。

 保険料は収入がなければ納めることができない。督促を強化したところで、その効果は限定的である。当たり前の結論だが、雇用を拡大することしか、根本的な意味で納付率を向上させる方法はないようだ。

 - 政治, 社会 ,

  関連記事

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …

babysitta
ベビーシッターの届け出制を厚労省が検討開始。果たして根本的な解決になるのか?

 厚生労働省は2014年8月4日、ベビーシッターのあり方に関する有識者委員会の初 …

google schmidt
Googleのシュミット会長が北朝鮮訪問。その先に中国を見据えた米朝交渉が動き始めた

 インターネット検索最大手Googleのエリック・シュミット会長が北朝鮮を訪問す …

trump201611
トランプ大統領の登場で懸念される、日露急接近による地政学的リスク

 混乱の中で投票日を迎えた米大統領選挙は、土壇場でトランプ氏が逆転勝利するという …

hirari
クリントン前国務長官が出馬表明。知名度抜群だが、政策面での不安も

 民主党のヒラリー・クリントン前国務長官は2015年4月12日、インターネットの …

abenaikaku3ji
第3次安倍内閣が発足。経済最優先だが、再度の追加緩和頼み?

 第3次安倍内閣が本格的なスタートを切った。安倍首相は発足後ただちに財界に対して …

jutaku02
世帯収入が多いほど無理なくマイホームを購入しているという調査結果をどう見るか

 世帯収入が多いほど、無理のない範囲の金額でマイホームを購入している。そんなアン …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …

shukinpeiru
習近平国家主席が就任早々、米国のルー財務長官と会談

 米国のルー財務長官は3月19日、中国を訪問し、就任したばかりの習近平国家主席と …

businessman07
厚労省のブラック企業調査。労働行政のパンドラの箱を開けてしまったとの声も

 厚生労働省は2013年12月17日、若者の使い捨てなどが疑われる、いわゆる「ブ …