ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

都議会ヤジ問題。議員が名乗り出なかったということは何を意味するか?

 

 東京都議会において、みんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員が女性蔑視のヤジを浴びた問題で、都議会は2014年6月25日、信頼回復を目指す決議を本会議で採択した。
 「早く結婚した方がいい」というヤジについては自民党の鈴木章浩議員が5日も経過してから、ようやく発言を認め謝罪したが、鈴木議員以外のヤジの発言者は特定されないままの幕引きとなった。

suzukiakihiro

 ヤジの内容そのものについては、人口減少問題に対する危機感のなさや、人権感覚の欠如という点で、議論する価値すらないものといえる。ただ、ヤジを飛ばした本人が、積極的に名乗り出なかったという現実は、日本の議会制民主主義が機能していないという点で、非常に憂慮すべき問題といえる。

 原理原則で考えれば、議員はどんな内容であっても自身の意見を述べる権利を持っており、その発言について、処罰されるようなことがあってはならない。この原則を曲げてしまうと、行政府が警察権などを行使して議会に介入し、独裁政権を樹立することが可能となってしまうからである。現在のタイやエジプト、戦時中の日本などがこれに該当する。

 だが、「何を言ってもいい」という議会の自由を確立するためには、政治家が自信の発言に対して、政治的に100%の責任を負うという覚悟を持つことが大前提となる。ヤジ(不規則発言)とはいえ、議会内で発言したことについて、それを名乗り出ないということは、議会が持つ根本的な権利を自ら否定しているようなものである。

 ヤジを飛ばした本人が名乗り出ないのは、社会的に批判を浴びることが分かっているからである。つまり、ヤジを飛ばした議員は、自身の信条や発言内容について、公に主張する勇気を持っておらず、井戸端会議の感覚でコソコソと陰口を叩いただけということになる。

 名乗り出た上で謝罪した鈴木議員は、とりあえずその責任を果たしたということになるが、どのような感覚から謝罪したのかは定かではない。会見では「少子化、晩婚化が進む中で、早く結婚してもらいたいという思いがあった」と述べるなど、言い訳がましい釈明を行っている。
 これは考えようによっては、周囲から圧力があれば、容易に自説を撤回する人物であるということを意味している。議員は国民を映す鏡であり、それは日本国民の姿でもある。

 戦前の日本は天皇主権ではあったが、大正時代には、欧米各国と肩を並べる水準まで民主主義が成熟していた。そのような国が、昭和に入り、なぜいとも簡単に全体主義体制に陥ってしまったのかについては、いまだにナゾである。自身の信条や発言について責任を持つ覚悟がない議員が存在しているという事実は、そのヒントになるかもしれない。

 - 政治 ,

  関連記事

abetouben
安倍政権が考える言論の自由と民主党が考える言論の自由

 与野党の間で「言論の自由」の考え方をめぐって論争となっている。安倍首相がテレビ …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

George Washington02
米経済誌が在日米軍の段階的撤退論を掲載。内容は冷静で、かなり客観的

 米経済誌ウォール・ストリート・ジャーナルは5月10日、「米軍は日本からの撤退を …

mof05
2015年度予算は過去最大だが、歳出抑制に向けて舵を切り始めた内容

 政府は2015年1月14日、2015年度予算案を閣議決定した。予算総額は過去最 …

no image
ゆうちょ銀行が住宅ローン参入。フランスにはその未来予想図がある

 ゆうちょ銀行は個人向け住宅ローンへの参入を総務省と金融庁に認可申請した。両省庁 …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

mof03
財務省が幹部人事を発表。ようやくイレギュラーな人事が収束に向かう?

 財務省は2017年7月5日、幹部人事を発表した。事務次官だった佐藤慎一氏の後任 …

nichibeikokki
米国の対日世論調査から考える、今後の対日感情の変化と中国の影響

 米国の調査機関であるピューリサーチセンターは2015年4月7日、日米の相互信頼 …

tenanmon02
天安門の自動車爆破事件。世界が危惧するシリア問題との関連性

 北京の天安門広場で、車が歩道に突入・炎上し5人が死亡した事件について、中国当局 …

honkonsinshun
香港トップの春節ビデオメッセージに民主派が猛反発。香港市民は羊の群れではない?

 中国では春節(旧正月)を迎えており、各地でお祝いなどが行われている。そのような …