ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

都議会ヤジ問題。議員が名乗り出なかったということは何を意味するか?

 

 東京都議会において、みんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員が女性蔑視のヤジを浴びた問題で、都議会は2014年6月25日、信頼回復を目指す決議を本会議で採択した。
 「早く結婚した方がいい」というヤジについては自民党の鈴木章浩議員が5日も経過してから、ようやく発言を認め謝罪したが、鈴木議員以外のヤジの発言者は特定されないままの幕引きとなった。

suzukiakihiro

 ヤジの内容そのものについては、人口減少問題に対する危機感のなさや、人権感覚の欠如という点で、議論する価値すらないものといえる。ただ、ヤジを飛ばした本人が、積極的に名乗り出なかったという現実は、日本の議会制民主主義が機能していないという点で、非常に憂慮すべき問題といえる。

 原理原則で考えれば、議員はどんな内容であっても自身の意見を述べる権利を持っており、その発言について、処罰されるようなことがあってはならない。この原則を曲げてしまうと、行政府が警察権などを行使して議会に介入し、独裁政権を樹立することが可能となってしまうからである。現在のタイやエジプト、戦時中の日本などがこれに該当する。

 だが、「何を言ってもいい」という議会の自由を確立するためには、政治家が自信の発言に対して、政治的に100%の責任を負うという覚悟を持つことが大前提となる。ヤジ(不規則発言)とはいえ、議会内で発言したことについて、それを名乗り出ないということは、議会が持つ根本的な権利を自ら否定しているようなものである。

 ヤジを飛ばした本人が名乗り出ないのは、社会的に批判を浴びることが分かっているからである。つまり、ヤジを飛ばした議員は、自身の信条や発言内容について、公に主張する勇気を持っておらず、井戸端会議の感覚でコソコソと陰口を叩いただけということになる。

 名乗り出た上で謝罪した鈴木議員は、とりあえずその責任を果たしたということになるが、どのような感覚から謝罪したのかは定かではない。会見では「少子化、晩婚化が進む中で、早く結婚してもらいたいという思いがあった」と述べるなど、言い訳がましい釈明を行っている。
 これは考えようによっては、周囲から圧力があれば、容易に自説を撤回する人物であるということを意味している。議員は国民を映す鏡であり、それは日本国民の姿でもある。

 戦前の日本は天皇主権ではあったが、大正時代には、欧米各国と肩を並べる水準まで民主主義が成熟していた。そのような国が、昭和に入り、なぜいとも簡単に全体主義体制に陥ってしまったのかについては、いまだにナゾである。自身の信条や発言について責任を持つ覚悟がない議員が存在しているという事実は、そのヒントになるかもしれない。

 - 政治 ,

  関連記事

no image
北朝鮮が最高人民会議を開催。結局、重大発表はなかった

 北朝鮮は25日、国会に相当する最高人民会議を開催した。仏誌が経済改革について重 …

ogabamayosan2014
オバマ大統領が来年度予算案を提出。国債依存度は20%だが、米国では高いとの認識

 オバマ米大統領は4月10日、総額3兆7780億ドル(約370兆円)となる201 …

amarikaiken
甘利氏の「予想」通りGDPは上方修正。発言の何が問題なのか?

 内閣府は2015年12月8日、2015年7~9月期のGDP(国内総生産)改定値 …

saujisaruman
サウジアラビアのサルマン国王が1000人を引き連れて異例の来日。背景には強烈な危機感

 サウジアラビアのサルマン国王が2017年3月12日、来日した。13日には安倍首 …

nougyouyushutu
日本の農作物輸出が過去最大。だが全体から見れば輸出はごくわずかという現実

 日本の農作物の輸出が徐々に増加している。農林水産省の調査によると、2013年に …

okanekazoeru
スイスで否決のベーシックインカム。だがAI時代の到来を考えると現実的?

 年金など各種の社会保障を廃止する代わりに、すべての国民に一定金額の支給を行う「 …

no image
インサイダー疑惑で露呈した証券会社の下半身接待。なぜ増えているのか?

 証券会社による一連のインサイダー取引疑惑によって、証券業界の下半身接待の実態が …

obamasyria
オバマ大統領がシリアへの軍事介入について議会承認を求めたことの本質的意味

 オバマ米大統領は8月31日、ホワイトハウスで声明を発表し、シリアに対して軍事介 …

nichigin04
日銀のマイナス金利。とりあえず時間稼ぎが出来たという点で成功か

 日銀は、2016年1月28日・29日に開催した金融政策決定会合において、金融機 …

takenaka
竹中氏と三木谷氏が突如反乱?産業競争力会議が安倍政権のアキレス腱に?

 これまで官僚主導で予定調和的に進んできた政府の産業競争力会議の雰囲気が変わって …