ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

都議会ヤジ問題。議員が名乗り出なかったということは何を意味するか?

 

 東京都議会において、みんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員が女性蔑視のヤジを浴びた問題で、都議会は2014年6月25日、信頼回復を目指す決議を本会議で採択した。
 「早く結婚した方がいい」というヤジについては自民党の鈴木章浩議員が5日も経過してから、ようやく発言を認め謝罪したが、鈴木議員以外のヤジの発言者は特定されないままの幕引きとなった。

suzukiakihiro

 ヤジの内容そのものについては、人口減少問題に対する危機感のなさや、人権感覚の欠如という点で、議論する価値すらないものといえる。ただ、ヤジを飛ばした本人が、積極的に名乗り出なかったという現実は、日本の議会制民主主義が機能していないという点で、非常に憂慮すべき問題といえる。

 原理原則で考えれば、議員はどんな内容であっても自身の意見を述べる権利を持っており、その発言について、処罰されるようなことがあってはならない。この原則を曲げてしまうと、行政府が警察権などを行使して議会に介入し、独裁政権を樹立することが可能となってしまうからである。現在のタイやエジプト、戦時中の日本などがこれに該当する。

 だが、「何を言ってもいい」という議会の自由を確立するためには、政治家が自信の発言に対して、政治的に100%の責任を負うという覚悟を持つことが大前提となる。ヤジ(不規則発言)とはいえ、議会内で発言したことについて、それを名乗り出ないということは、議会が持つ根本的な権利を自ら否定しているようなものである。

 ヤジを飛ばした本人が名乗り出ないのは、社会的に批判を浴びることが分かっているからである。つまり、ヤジを飛ばした議員は、自身の信条や発言内容について、公に主張する勇気を持っておらず、井戸端会議の感覚でコソコソと陰口を叩いただけということになる。

 名乗り出た上で謝罪した鈴木議員は、とりあえずその責任を果たしたということになるが、どのような感覚から謝罪したのかは定かではない。会見では「少子化、晩婚化が進む中で、早く結婚してもらいたいという思いがあった」と述べるなど、言い訳がましい釈明を行っている。
 これは考えようによっては、周囲から圧力があれば、容易に自説を撤回する人物であるということを意味している。議員は国民を映す鏡であり、それは日本国民の姿でもある。

 戦前の日本は天皇主権ではあったが、大正時代には、欧米各国と肩を並べる水準まで民主主義が成熟していた。そのような国が、昭和に入り、なぜいとも簡単に全体主義体制に陥ってしまったのかについては、いまだにナゾである。自身の信条や発言について責任を持つ覚悟がない議員が存在しているという事実は、そのヒントになるかもしれない。

 - 政治 ,

  関連記事

businessman05
生活保護との逆転現象で最低賃金見直しは必須。だが最低賃金はすでに有名無実か?

 最低賃金の改定について議論している厚生労働省の審議会において、最低賃金が生活保 …

abedabos201402
法人税引き下げが現実的に。だが税制上の不公平が解消されなければ効果は薄い

 安倍首相がダボス会議において法人税の実効税率の引き下げに言及したことで、政府与 …

tanigaki
自民党政権で初の死刑執行。だがなぜこの3人なのか?基準はまったく不明

 法務省は21日、死刑囚3人の死刑を執行したと発表した。政権交代で自民党の谷垣法 …

mistral
ロシアと欧米の対立で軍艦をロシアに輸出していたフランスの立場が微妙に

 ウクライナ問題によって欧米とロシアの対立が続く中、ロシアに最新鋭の軍艦を提供し …

Rare earth
実は厄介者?世界の9割を独占していた中国がレアアース輸入に転換した背景とは?

 世界シェアの90%を握るといわれている中国のレアアース生産が曲がり角に来ている …

amari
注目の4~6月期GDPは実質で2.6%。改定値もこの水準であれば消費税増税?

 内閣府は8月12日、2013年4~6月期の国内総生産(GDP)一次速報値を発表 …

irankakumondai
イラン核問題、最終解決に向けた枠組み合意。実はポテンシャルが大きいイラン市場

 米欧など6カ国とイランは2015年4月2日、イランの核問題について、最終的な解 …

deblasio
異人種家族を持つ元左翼活動家がNY市長選に圧勝。アメリカはどこに向かっているのか?

 ブルームバーグ現市長の任期満了に伴うニューヨーク市長選挙が11月5日に実施され …

maning
Wiki情報漏洩で禁固35年を言い渡されたマニング被告が、何と女性になりたいと告白!

 米軍事法廷は8月21日、機密文書を内部告発サイト「ウィキリークス」に漏えいした …

bhutan
「幸せの国ブータン」で初の政権交代。理想は大事だが、識字率50%という現実は重い

 ヒマラヤの山中に位置する王国ブータンで7月13日、国民議会(下院)の選挙が行わ …