ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

政府税調が法人減税改革案をまとめる。減税先行となり、優遇見直しは難航必至

 

 政府税制調査会は2014年6月27日、法人課税専門委員会(大田弘子座長)がまとめた法人税改革に関する提言を最終決定した。「単年度の税収中立である必要はない」として減税先行を容認する一方で、「恒久財源を用意することは鉄則」と指摘した。
 政府はこの提言をたたき台に、具体的な議論を進めていく方針。提言内容は比較的バランスの取れたものになっているが、優遇税制の見直し対象となる法人からの反発は必至で、調整は難航するみられる。

ohtahiroko

 提言では、法人税率の単純な税率引き下げに加えて、課税ベースの見直しを行い、「広く薄く」課税する必要があるとしている。
 日本の法人税は高いといわれているが、実際には無数の優遇税制が入り組んでおり、高い負担を強いられている企業とそうでない企業の差が激しいのが実情。税率の引き下げに加えて、フラットな制度への移行を進めるべきという提言の内容は合理的といえる。

 具体的には、特定産業向けに税を優遇する租税特別措置の見直しや中小企業向けの優遇税制の見直しなどが盛り込まれている。
 租税特別措置の適用を受けた件数は、2012年度は約132万件あり、全体の適用金額の合計は4兆4000億円にも上っている。全体の4分の1が製造業と建設業で占められており、特定企業に適用が集中するケースが多くなっている。例えば、試験研究費に関する税控除では減税額の95%を上位10社が占めていた。
 提言では、期限の定めのあるものについては原則として期限到来時に廃止する、期限の定めがないものについては期限を定める、特定企業への集中を見直すといった方針が示された。

 中小企業には現在、様々な特例措置があるが、こうした特例措置を受けるために、わざわざ資本金を小さくするなどの行為も見られる。提言では中小企業の指定範囲を狭め、本当に支援が必要な企業に対象が絞れるよう工夫する必要があるとしている。
 また所得金額のうち800 万円以下の金額に適用される19%への軽減税率は厳しく見直す必要があるとしたほか、リーマンショック後の時限措置として設けられた15%の軽減税率は役割を終えたと指摘している。

 このほか、公益法人課税の見直しや地方法人課税の見直しなどが盛り込まれている。公益法人課税については、公益事業の名のもとに優遇税制を受け、実質的には民間企業に対して優位な競争を行っている法人が一部にあり、民間企業によるサービス拡大を阻んでいる。

 内容的には非常にバランスの取れたものとなっているが、政治的な現実を見据え、単年度の税制中立は求めず、減税先行を容認した。できるだけ早いうちに、財源の手当を行う必要があるが、調整は難航する可能性が高い。

 提言で指摘された各種の優遇税制については、廃止される法人からの激しい反発が予想されるからだ。特に政治力の大きい、大企業の租税特別措置や公益法人の課税見直しを断行するのは容易ではない。安倍政権が本当に改革を目指した政権なのかは、どの分野の優遇税制を見直すのかによって、よりはっきりしてくるだろう。

 - 政治 , ,

  関連記事

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

ibukibunmei kaisan
解散の万歳はどこでするのが正しい?過去のケースでは実はバラバラ

 衆議院解散における万歳三唱は帝国議会の時代からの慣習といわれてるが、今回の解散 …

kyuryo
今年も賃上げは確実だが、企業があまり積極的になっていない理由

 安倍政権が賃上げに向けて本格的に動き出している。昨年度に引き続き、財界に対して …

swis201405
最低賃金を2500円にする国民投票を行ったスイスの驚くべき実態とは

 最低賃金を何と2500円にするという驚くべき国民投票がスイスで行われた。結果は …

shalegas
米国が安価なシェールガスの日本輸出を解禁。だが長期的円安で効果は相殺か?

 東京電力は6日、米国産の安価なシェールガスを年間200万トン確保したと発表した …

hagel04
米国防長官が史上最大規模の軍縮プランを発表。背景には米国の変質と兵器ハイテク化

 ヘーゲル米国防長官は2014年2月24日、米軍の戦力を第2次世界大戦以前の規模 …

hayashi
待機児童ゼロを実現した横浜方式は「方法論」ではなく「決断」。

 横浜市が「保育所に入れない待機児童をゼロにする」目標を達成したことで、「横浜方 …

kousokumuryouka
GDP改定値は政府の目論見通り大幅上方修正。消費税増税はほぼ確実か?

 内閣府は2013年9月9日、4~6月期GDP(国内総生産)の改定値を発表した。 …

hasimoto2
維新の会が驚愕の選挙公約を明らかに。その恐ろしい内容とは?

 日本維新の会の次期衆院選に向けた驚くべき公約案が明らかになった。26日産経新聞 …

nitigin
皆さん!中央銀行の独立性について根本的に誤解していませんか?

 2~3%の高いインフレ目標の設定と、日銀による国債引き受けに言及した自民党の安 …