ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売する。すでに同社はコンセプトカー(商品化が決まる前に、コンセプトを市場に伝えるために試作する車)である「ルノーアルピーヌA110-50」を発表しており、今後4年以内に量産モデルを開発する意向だ。

 量産にあたっては、英国のスポーツカーメーカーであるケータハム社と合弁会社を設立しフランス国内で製造する。
 アルピーヌはルノーをベースに作られたレーシングカーで、ラリーなどで優勝を重ねた名車。自動車ファンにはたまらないブランドであり、量産モデルも堅調な売れ行きが期待されている。

 だが、華やかな話題とは裏腹に、ルノーがこのような復刻ブランドを立ち上げる背景には、自動車業界が抱える深刻な問題が横たわっている。
 自動車業界は常に新しいコンセプトを提供し続けることで、高い付加価値を維持してきた。だが先進国を中心に自動車に対する需要が飽和しつつあり、新たな魅力を生み出しにくい状況となっているのだ。一方、新興国は基本的にコスト・パフォーマンスが重視されるため、高付加価値戦略は望めない。この状態が長く続くと、自動車業界はこれまでのよう高い利益率を維持することができなくなる。

 そこで手っ取り早く、潜在需要層を掘り起こす手段が、かつての名ブランドの復活というわけである。他の自動車メーカーでも復刻ブランド戦略は効果を上げている。独フォルクスワーゲンのビートル、独BMVのミニ、伊フィアットの500などは、いずれも大成功を収めている。

 自動車業界は、コモディティ化が進まない唯一の業界といわれてきたが、相次ぐ復刻版の投入は、とうとう自動車にもコモディティ化と水平分業の時代が到来する前触れなのかもしれない。

 

 - 経済

  関連記事

itoyokado
イトーヨーカドーが20店舗を閉鎖。エースだった社長の電撃辞任で内部体制もガタガタ

 セブン&アイ・ホールディグスは2016年3月8日、傘下の総合スーパーであるイト …

london02
EU離脱の国民投票が終了。結果がどうなるにせよ英国にとってメリットは少ない

 EU(欧州連合)からの離脱の是非を問う英国の国民投票が終了した。大勢は24日の …

ieren03
FRBが予定通り追加利上げを決断。内容は想像以上にタカ派で、すでに金融引き締めに転換?

 大方の予想通り、FRB(連邦準備制度理事会)が追加利上げを決定した。ただ内容は …

manindensha
神奈川県民の通勤コストは何と100万円。もっとも安い県はいくら?

 神奈川県民が年間100万円も通勤費をかけているという調査結果が話題となっている …

kokusaishushi201312
国際収支を見れば、日本の輸出不振は1990年代から始まっていた事が分かる

 財務省は2014年2月10日、2013年12月の国際収支を発表した。最終的な国 …

niinami
ローソン新浪氏を社長に招聘したサントリー。長年の「迷い」を断ち切ることができるのか?

 サントリーホールディングスは、ローソン会長の新浪剛史氏を10月1日付けで社長に …

no image
産業革新機構がルネサスを愛国救済。まるで中国の反日デモとの声も

 産業革新機構が、経営不振に陥っているルネサスエレクトロニクスに対して、トヨタ自 …

super01
大手小売の決算見通しから、消費増税の影響を予想すると?

 小売各社の来期の決算見通しが出揃ったことで、消費増税の景気への影響が少しずつ見 …

kosokudoro02
財政投融資のあり方に関する議論が財務省でスタート。焦点は官製ファンドなど産業投資

 財務省は従来の財政投融資のあり方を検証し、今後の方向性を見極める作業に着手した …

no image
経済界の言い分に騙されるな!中国ビジネスは尖閣より前に大失速している

 領有権問題の長期化を懸念する声が経済界を中心に高まっている。 経団連の米倉会長 …