ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売する。すでに同社はコンセプトカー(商品化が決まる前に、コンセプトを市場に伝えるために試作する車)である「ルノーアルピーヌA110-50」を発表しており、今後4年以内に量産モデルを開発する意向だ。

 量産にあたっては、英国のスポーツカーメーカーであるケータハム社と合弁会社を設立しフランス国内で製造する。
 アルピーヌはルノーをベースに作られたレーシングカーで、ラリーなどで優勝を重ねた名車。自動車ファンにはたまらないブランドであり、量産モデルも堅調な売れ行きが期待されている。

 だが、華やかな話題とは裏腹に、ルノーがこのような復刻ブランドを立ち上げる背景には、自動車業界が抱える深刻な問題が横たわっている。
 自動車業界は常に新しいコンセプトを提供し続けることで、高い付加価値を維持してきた。だが先進国を中心に自動車に対する需要が飽和しつつあり、新たな魅力を生み出しにくい状況となっているのだ。一方、新興国は基本的にコスト・パフォーマンスが重視されるため、高付加価値戦略は望めない。この状態が長く続くと、自動車業界はこれまでのよう高い利益率を維持することができなくなる。

 そこで手っ取り早く、潜在需要層を掘り起こす手段が、かつての名ブランドの復活というわけである。他の自動車メーカーでも復刻ブランド戦略は効果を上げている。独フォルクスワーゲンのビートル、独BMVのミニ、伊フィアットの500などは、いずれも大成功を収めている。

 自動車業界は、コモディティ化が進まない唯一の業界といわれてきたが、相次ぐ復刻版の投入は、とうとう自動車にもコモディティ化と水平分業の時代が到来する前触れなのかもしれない。

 

 - 経済

  関連記事

kabuka
アベノミクスによる株高はいつまで続くのか?もしバブルだというならこんなレベルじゃない

 アベノミクスによる株高に証券市場は沸いている。経済誌などでは「本格的な上昇相場 …

no image
相次ぐ大手企業の経営危機によって、会社の所有権論争が事実上決着した

  東京電力による原発事故や、シャープやルネサスエレクトロニクスの巨額赤字など、 …

detroit
米自動車産業は奇跡の復活を遂げたのに、なぜデトロイト市は破綻したのか?

 GM(ゼネラル・モーターズ)やフォードなどが本拠を構える自動車の街、米デトロイ …

tosho002
米国の利上げに市場の関心が集中。増税延期と大型補正にも市場の反応は鈍い

 安倍首相は2016年6月1日、消費増税の再延期と大型の補正予算について正式に表 …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

businessman02
10~12月期のGDPは輸出不振から予想を下回る。早くも補正予算追加との声も

 内閣府は2014年2月17日、2013年10~12月期の国内総生産(GDP)を …

soukaishoshu
今頃になってようやく株主総会分散開催を経産省が指導。だがとっくに手遅れ?

 経済産業省が、6月に集中している株主総会を7月以降などに分散して開催するよう促 …

trumpusa
トランプ政権の経済閣僚が固まる。かつての対日貿易交渉がそのまま中国版にシフト?

 トランプ次期政権の経済チームの顔ぶれがほぼ固まった。対中強硬派の人物が多く、中 …

caterpillar002
世界の景気指標であるキャタピラー決算から見る、2015年の動向

 米建設機械大手のキャタピラーは2015年1月27日、2014年10~12月期の …

abe20150630
財政再建は経済成長頼みで結論先送り。肝心の成長戦略は弾切れ状態

 政府は2015年6月30日、経済財政運営の基本方針「骨太の方針」と新しい成長戦 …