ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ルノーが往年の名車の復刻版を投入。これは自動車コモディティ化の予兆か?

 

 仏自動車大手のルノーが、往年の名車と呼ばれた「アルピーヌ」の復刻モデルを発売する。すでに同社はコンセプトカー(商品化が決まる前に、コンセプトを市場に伝えるために試作する車)である「ルノーアルピーヌA110-50」を発表しており、今後4年以内に量産モデルを開発する意向だ。

 量産にあたっては、英国のスポーツカーメーカーであるケータハム社と合弁会社を設立しフランス国内で製造する。
 アルピーヌはルノーをベースに作られたレーシングカーで、ラリーなどで優勝を重ねた名車。自動車ファンにはたまらないブランドであり、量産モデルも堅調な売れ行きが期待されている。

 だが、華やかな話題とは裏腹に、ルノーがこのような復刻ブランドを立ち上げる背景には、自動車業界が抱える深刻な問題が横たわっている。
 自動車業界は常に新しいコンセプトを提供し続けることで、高い付加価値を維持してきた。だが先進国を中心に自動車に対する需要が飽和しつつあり、新たな魅力を生み出しにくい状況となっているのだ。一方、新興国は基本的にコスト・パフォーマンスが重視されるため、高付加価値戦略は望めない。この状態が長く続くと、自動車業界はこれまでのよう高い利益率を維持することができなくなる。

 そこで手っ取り早く、潜在需要層を掘り起こす手段が、かつての名ブランドの復活というわけである。他の自動車メーカーでも復刻ブランド戦略は効果を上げている。独フォルクスワーゲンのビートル、独BMVのミニ、伊フィアットの500などは、いずれも大成功を収めている。

 自動車業界は、コモディティ化が進まない唯一の業界といわれてきたが、相次ぐ復刻版の投入は、とうとう自動車にもコモディティ化と水平分業の時代が到来する前触れなのかもしれない。

 

 - 経済

  関連記事

businessman04
駆け込み需要で絶好調な1~3月期GDP。10%増税と追加緩和への影響は?

 内閣府は2014年5月15日、2014年1~3月期の国内総生産(GDP)の速報 …

bitcoin
各国がビットコイン規制を検討中。だがそれはタテマエかもしれない

 仮想通貨ビットコインの主要取引所マウンドゴックスが破綻したことを受けて、日本政 …

gosuto
佐村河内氏のゴースト問題がホリエモンに飛び火。出版業界は戦々恐々!

 聴覚障害を持つ作曲家として知られていた佐村河内守氏によるゴーストライター問題が …

Buenos Aires
アルゼンチンが再び債務不履行?かつて繁栄を謳歌した先進国も今は昔

 2001年に債務不履行を起こしたアルゼンチンに再び債務不履行の恐れが出てきてい …

sharp
シャープがまさの赤字転落。だがこの事態は昨年からすでに予想されていた

 業績回復のメドが立ったと思われていたシャープに再び暗雲が漂っている。2015年 …

jinminginkou
中国のマネーサプライが急増。バブル崩壊なのかそれとも長期低迷なのか?

 中国人民銀行によると、2012年末時点で中国のマネーサプライ(M2)が97兆4 …

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …

tunisia
アラブの春においてチュニジアだけがうまくいく理由は?

 チュニジア制憲議会は1月26日、基本的人権の尊重、表現や信教の自由、男女平等を …

sony
ソニーが業績見通しを大幅上方修正。だが実態は不動産の売却益

 ソニーは4月25日、2012年度(2012年4月~2013年3月)の業績見通し …

no image
機械受注は15.7%の大幅マイナス。ただ長期トレンドは今後の数値を見極める必要あり

 内閣府は2014年2月12日、2013年12月の機械受注統計を発表した。主要指 …