ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、オバマ政権は米テキサス州の石油会社2社に対して、現在は原則として禁止されている国産原油の輸出を許可した。米国が原油の輸出に踏み切ることになれば、地政学的にはもちろんのこと、世界経済にも大きな影響を与えることになる。

beikokuoil

 米国は1970年代のオイルショックを契機に、国産原油の輸出を禁じる措置を40年にわたって継続してきた。だが米国の石油をめぐる状況はここ10年で激変している。
 米国で安価なシェールガス/シェールオイルの開発が進んだことから、米国は世界最大の石油輸入国から、世界最大の石油産出国に変貌しようとしている。近い将来、米国は必要とするすべてのエネルギーを自給できるようになる見込みである。

 そこで急浮上してきたのが原油の輸出解禁である。石油関連企業は、国内で有り余る原油を国外に輸出し、事業を拡大しようとしている。一方、国内の産業界からは、安価な石油は自国産業が有利になるよう活用すべきであり、輸出に回す必要はないとの意見が出ており、議論が続いていた。

 だが世界経済の規模が拡大する中、輸出できるエネルギー源を持っていることは国際交渉において圧倒的に有利であることは明らかである。米国の7分の1の経済規模しかない弱小国家ロシアが、あれほどの振る舞いができるのは、欧州への天然ガス輸出という強力な武器を持っているからである。

 米国は総合的な観点から、従来のエネルギー政策を転換し、原油の輸出に踏み切ったと考えられる。この動きが本格化すると、地政学的にはもちろん、経済的にも極めて大きなインパクトを世界に与えることになる。

 米国は中東の軍事力をアジアにシフトする、いわゆる「リバランス戦略」を進めているが、原油の輸出はこの動きをさらに加速させ、米軍の国内への「引きこもり」を促す可能性がある。

 また、米国はこれまで毎月3兆円以上という巨額の貿易赤字を垂れ流しており、ドル不安のひとつの要因にもなっていた。貿易赤字の主な原因である石油の輸入が減少し、米国がさらに石油を輸出するということになると、米国の貿易収支が劇的に改善する可能性が出てくる。そうなってくるとドル高の流れは今よりもさらに顕著になってくるだろう。

 新興国の経済的な停滞が続く中で、ドル高の傾向が強くなると、新興国における金融的な不安定さはさらに増すことになる。量的緩和策を継続する日本にとっても同様で、円安が加速するリスクを意識する必要が出てくるかもしれない。世界各国は米国を批判しながら、ドルのバラマキ政策の恩恵を受けてきたわけだが、そのメリットを享受することができなくなる日が近づいている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …

shoushika
少子化対策タスクフォースが提言書。だが対策を阻む本当の理由には触れずじまい

 政府の有識者会議「少子化危機突破タスクフォース」(座長・佐藤博樹東大大学院教授 …

rokkasho
韓国から核燃料の再処理を受託との報道。原子力は核の問題であるという理解が必要

 日本政府が、使用済み核燃料の再処理を韓国から受託することを検討しているという東 …

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

no image
ヨーロッパ各地で独立運動が勃発。欧州統合は本当に可能なのか?

 ヨーロッパ各地で地域の独立運動に火が付いている。欧州統合とはまったく逆の流れで …

swis201405
最低賃金を2500円にする国民投票を行ったスイスの驚くべき実態とは

 最低賃金を何と2500円にするという驚くべき国民投票がスイスで行われた。結果は …

koizumisinjiro
選挙対策か本気か?小泉進次郎議員らが社会保障の抜本改革を提言

 小泉進次郎議員ら、自民党の若手議員でつくる「2020年以降の経済財政構想小委員 …

suntec
太陽光パネルの大手、サンテックが破産。もともと儲からないことは皆分かっていたハズ

 中国の太陽電池メーカー尚徳電力(サンテックパワー)が破産し、江蘇省の地元裁判所 …

euhonbu
EUが太陽光パネルのダンピングで中国と和解。大きな混乱はない模様

 中国製の太陽光パネルが不当に安く販売されているとして、欧州連合(EU)が反ダン …

no image
港区から外国人ビジネスマンの姿が消え、公務員が激増中

 東京都港区の高級オフィス街の風景が激変している。 これまで外資系企業などの入居 …