ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国がとうとう原油の輸出解禁へ。地政学的にも経済的にもインパクトは大きい

 

 米国のオバマ政権がとうとう米国産原油の輸出規制緩和に乗り出した。米紙ウォールストリート・ジャーナルによると、オバマ政権は米テキサス州の石油会社2社に対して、現在は原則として禁止されている国産原油の輸出を許可した。米国が原油の輸出に踏み切ることになれば、地政学的にはもちろんのこと、世界経済にも大きな影響を与えることになる。

beikokuoil

 米国は1970年代のオイルショックを契機に、国産原油の輸出を禁じる措置を40年にわたって継続してきた。だが米国の石油をめぐる状況はここ10年で激変している。
 米国で安価なシェールガス/シェールオイルの開発が進んだことから、米国は世界最大の石油輸入国から、世界最大の石油産出国に変貌しようとしている。近い将来、米国は必要とするすべてのエネルギーを自給できるようになる見込みである。

 そこで急浮上してきたのが原油の輸出解禁である。石油関連企業は、国内で有り余る原油を国外に輸出し、事業を拡大しようとしている。一方、国内の産業界からは、安価な石油は自国産業が有利になるよう活用すべきであり、輸出に回す必要はないとの意見が出ており、議論が続いていた。

 だが世界経済の規模が拡大する中、輸出できるエネルギー源を持っていることは国際交渉において圧倒的に有利であることは明らかである。米国の7分の1の経済規模しかない弱小国家ロシアが、あれほどの振る舞いができるのは、欧州への天然ガス輸出という強力な武器を持っているからである。

 米国は総合的な観点から、従来のエネルギー政策を転換し、原油の輸出に踏み切ったと考えられる。この動きが本格化すると、地政学的にはもちろん、経済的にも極めて大きなインパクトを世界に与えることになる。

 米国は中東の軍事力をアジアにシフトする、いわゆる「リバランス戦略」を進めているが、原油の輸出はこの動きをさらに加速させ、米軍の国内への「引きこもり」を促す可能性がある。

 また、米国はこれまで毎月3兆円以上という巨額の貿易赤字を垂れ流しており、ドル不安のひとつの要因にもなっていた。貿易赤字の主な原因である石油の輸入が減少し、米国がさらに石油を輸出するということになると、米国の貿易収支が劇的に改善する可能性が出てくる。そうなってくるとドル高の流れは今よりもさらに顕著になってくるだろう。

 新興国の経済的な停滞が続く中で、ドル高の傾向が強くなると、新興国における金融的な不安定さはさらに増すことになる。量的緩和策を継続する日本にとっても同様で、円安が加速するリスクを意識する必要が出てくるかもしれない。世界各国は米国を批判しながら、ドルのバラマキ政策の恩恵を受けてきたわけだが、そのメリットを享受することができなくなる日が近づいている。

 - 政治, 経済 , ,

  関連記事

wallstreet
富の偏在が進む米国。だが日本もそれに劣らない格差大国

 米国で100万ドル(約1億円)以上の金融資産を持つ世帯が1000万世帯に達しつ …

nissangone02
日産が主力部品メーカーをファンドに売却。自動車業界はいよいよ再編に向けて動き出す

 日産が系列の部品メーカーであるカルソニックカンセイを売却すると発表した。これま …

koikeyuriko02
都議会のドン内田氏が引責辞任。小池氏はダメ押しで新党結成との噂も

 自民党東京都連は2016年8月4日、幹部会合を開き都連会長の石原伸晃経済再生相 …

kikaiinsatu
機械受注は過去最大の伸びだったが、あくまで特殊要因。実態はマイナス

 設備投資の先行指標となる機械受注が11年ぶりの良好な数字となった。だが特殊要因 …

kyosantobakuha
中国共産党庁舎爆破事件。動揺が走るも中国の体制崩壊につながる可能性は低い

 中国北部の山西省太原市で11月6日、連続爆破事件が発生した。中国共産党省委員会 …

fcatokai
日本がとうとう核物質の米国返還を決定。日米関係は根本的に変わった

 日米両政府は2014年3月24日、核物質の最小化に関する日米の共同声明を発表し …

sakakibara
まるでヤクザ映画?政府が財界に「決意を示せ」と設備投資増強を要請

 経団連の榊原定征会長は2015年11月26日、政府が開催した官民対話で、設備投 …

kakeibo
家計のエンゲル係数が急上昇。それ以上に上昇しているのは電気代と水道代

 消費支出に占める食費の割合を示すエンゲル係数が急上昇している。2014年4月に …

frb
FRBが正式に量的緩和策の終了を決定。米国経済は新しい局面を迎えた

 FRB(連邦準備制度理事会)は2014年10月29日のFOMC(連邦公開市場委 …

ibmwatson
人工知能の事業化が本格的にスタート。日本がこの分野で不利である最大の理由

 人工知能の事業化が急ピッチで進みそうな状況になってきた。米IBMは2014年1 …