ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全日空と提携した前回とは異なり、今回は楽天とパートナーシップを組んでの参入となる。ただ日本は構造的にLCCのビジネスが成立しにくい特殊な市場であり、同社の再進出がうまくいくのかは不透明だ。

 airasia エアアジアはマレーシアに拠点を置くアジア最大のLCC。2012年に全日空と提携し日本市場に参入したが、業績は低迷。2013年には提携を解消し、日本市場から撤退した。

 同社のビジネスがうまくいかなかった理由はいくつかあるが、多くは日本市場の特殊性に起因している。エアアジアは価格を最優先するため、基本的に予約システムを使った直販を重視しているが、日本では旅行代理店経由の販売を行わないとなかなかチケットは売れない。
 また予約システムも、日本独自の使い勝手のものでなければ、日本人は使いたがらない。同社の予約システムに対しては不便であるという不満の声が多く寄せられていた。

 そして最大の特殊性は、現実的に自由な価格設定ができないという市場環境である。日本では、空港などの施設が官庁の巨大利権となっており、利用料が極めて高いという現実がある。航空会社はどんなにコスト削減を行っても顧客に安い料金を提示できない構造になっており、大手航空会社で比較しても、日本の航空運賃は非常に高い。

 国内LCC各社は詳細なデータを公開していないが、諸外国のLCCと比較すると、運行コストは1.5倍以上かかっていると推定される。またLCC各社は大手航空会社の関連会社であり、そもそも親会社を脅かすようなビジネスを展開できるわけがない。こうした事情が重なり、「破格の安値」を設定するというLCCのビジネスモデル自体が成立しにくいのである。

 エアアジアの創業者でありCEOのトニー・フェルナンデス氏は起業家精神にあふれた人物であり、日本市場の閉鎖性に不満を募らせていたといわれる。同じくベンチャー企業家である楽天の三木谷氏と組むことで状況を打開しようという目論見と考えられる。

 旅行代理店を傘下に持つ楽天と組むことで、チケット販売やシステムについてはある程度メドが立つ。問題はやはり割高な国内コストということになるだろう。産業競争力会議のメンバーでもある三木谷氏が、政治力を使ってこうした部分を打開できるのかに市場の注目が集まっている。

 - 経済 , ,

  関連記事

contena
韓国大統領選はFTAをめぐって政策が真っ二つ。日本のTPP論争にも影響か?

 12月に行われる韓国大統領選挙において、2大候補者の経済政策が真っ二つに割れて …

furunreport
中国版フォーブスと呼ばれる最新の長者番付。米国の資産家の水準に近づく

 中国の民間調査会社である胡潤研究院は、中国の大富豪ランキングである「胡潤百富( …

oilpump
原油価格が50ドル割れ。マクロ的な状況を考えると急上昇リスクへの警戒も必要

 原油価格の下落が止まらない。ギリシャの政情不安が重なったことで投資家の心理は冷 …

yasai
韓国で野菜の流通コスト高が政治問題に。だが日本はもっとひどいぞ!

 韓国の朴槿恵新政権の重要な政策課題の一つが、割高といわれる韓国の流通コストの改 …

teninjikyu
カリフォルニア州の最低賃金は1700円へ。日本は人手不足なのに賃金下落の不思議

 米カリフォルニア州議会は2016年3月28日、最低賃金(時給)を15ドル(17 …

ketusgo
新経済連盟の三木谷代表が提言書を提出。英語などグローバル色を強く打ち出す内容

 新経済連盟の三木谷浩史代表理事は4月17日、甘利明経済財政・再生相と会談し、新 …

ieren201409
FRBが年内の資産縮小開始を表明。米国の量的緩和策は完全終了フェーズへ

 FRB(連邦準備制度理事会)が市場の予想通り、再利上げと年内の資産圧縮開始を決 …

nichigin
目立った成果がないのに日銀の緩和継続のニュースで株価が急上昇した理由

 日銀は2014年2月18日、金融政策決定会合において大規模な金融緩和策の継続を …

munyutin
反ウォール街だったはずのトランプ政権に多数のゴールドマン出身者

 選挙期間中からウォール街を敵視し、庶民の味方であることを強調していたトランプ大 …

amazonwordrobe
洋服の買い方が一変?アマゾンの新サービスにアパレル業界に激震

 先日、高級スーパーを買収し世間を驚かせた米アマゾンが、今度はアパレルの分野で革 …