ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全日空と提携した前回とは異なり、今回は楽天とパートナーシップを組んでの参入となる。ただ日本は構造的にLCCのビジネスが成立しにくい特殊な市場であり、同社の再進出がうまくいくのかは不透明だ。

 airasia エアアジアはマレーシアに拠点を置くアジア最大のLCC。2012年に全日空と提携し日本市場に参入したが、業績は低迷。2013年には提携を解消し、日本市場から撤退した。

 同社のビジネスがうまくいかなかった理由はいくつかあるが、多くは日本市場の特殊性に起因している。エアアジアは価格を最優先するため、基本的に予約システムを使った直販を重視しているが、日本では旅行代理店経由の販売を行わないとなかなかチケットは売れない。
 また予約システムも、日本独自の使い勝手のものでなければ、日本人は使いたがらない。同社の予約システムに対しては不便であるという不満の声が多く寄せられていた。

 そして最大の特殊性は、現実的に自由な価格設定ができないという市場環境である。日本では、空港などの施設が官庁の巨大利権となっており、利用料が極めて高いという現実がある。航空会社はどんなにコスト削減を行っても顧客に安い料金を提示できない構造になっており、大手航空会社で比較しても、日本の航空運賃は非常に高い。

 国内LCC各社は詳細なデータを公開していないが、諸外国のLCCと比較すると、運行コストは1.5倍以上かかっていると推定される。またLCC各社は大手航空会社の関連会社であり、そもそも親会社を脅かすようなビジネスを展開できるわけがない。こうした事情が重なり、「破格の安値」を設定するというLCCのビジネスモデル自体が成立しにくいのである。

 エアアジアの創業者でありCEOのトニー・フェルナンデス氏は起業家精神にあふれた人物であり、日本市場の閉鎖性に不満を募らせていたといわれる。同じくベンチャー企業家である楽天の三木谷氏と組むことで状況を打開しようという目論見と考えられる。

 旅行代理店を傘下に持つ楽天と組むことで、チケット販売やシステムについてはある程度メドが立つ。問題はやはり割高な国内コストということになるだろう。産業競争力会議のメンバーでもある三木谷氏が、政治力を使ってこうした部分を打開できるのかに市場の注目が集まっている。

 - 経済 , ,

  関連記事

imf201601
IMFの世界経済見通し。中国のくしゃみでロシアとブラジルが高熱ダウン

 IMF(国際通貨基金)は2016年1月19日、世界経済見通しの改定値を発表した …

no image
韓国から通貨スワップ延長の申請未だなし。協定が終了した場合の影響は?

 日本と韓国で締結されている通貨スワップ協定が延長されない可能性が高くなってきた …

no image
ミャンマーとの経済協力で日本は一歩リード。だが手放しでは喜べない

 民主化と経済開放が進みつつあるミャンマーとの経済協力について、日本が他国を一歩 …

mof02
2014年度予算編成作業が大詰め。焦点は税収上振れ分の取り扱い

 2014年度予算の編成作業が大詰めを迎えている。自民党への政権交代によって、大 …

alstom
重電分野で世界規模の再編?原子力依存の日本勢の立場は苦しくなるばかり

 重電の分野で、世界規模の再編が進められようとしている。フランスの重電大手アルス …

kyuyomeisai02
4月の実質賃金は24カ月ぶりに上昇。だが中身は物価上昇率の鈍化

 賃金の伸びから物価の上昇分を差し引いた4月の実質賃金が24カ月ぶりに増加となっ …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

asakusa02
五輪で高まる外国人観光客への期待。だが日本は本当に観光立国を望んでいるのか?

 日本政府観光局(JNTO)は9月18日、8月の訪日外国人客数を発表した。日本を …

kosokudouro03
7~9月期GDP下方修正の影響は軽微。むしろ公共事業依存体質が問題

 内閣府は12月9日、2013年7~9月期の国内総生産(GDP)改定値を発表した …

tokyotower02
世界観光ランキングで日本の順位が急上昇。要因は評価項目の入れ替え

 世界経済フォーラムは2015年5月6日、2015年の旅行・観光競争力ランキング …