ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

エアアジアが今度は楽天と組んで日本に再参入。だがガラパゴスの打破は難しそう

 

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアが再び日本市場に参入する。全日空と提携した前回とは異なり、今回は楽天とパートナーシップを組んでの参入となる。ただ日本は構造的にLCCのビジネスが成立しにくい特殊な市場であり、同社の再進出がうまくいくのかは不透明だ。

 airasia エアアジアはマレーシアに拠点を置くアジア最大のLCC。2012年に全日空と提携し日本市場に参入したが、業績は低迷。2013年には提携を解消し、日本市場から撤退した。

 同社のビジネスがうまくいかなかった理由はいくつかあるが、多くは日本市場の特殊性に起因している。エアアジアは価格を最優先するため、基本的に予約システムを使った直販を重視しているが、日本では旅行代理店経由の販売を行わないとなかなかチケットは売れない。
 また予約システムも、日本独自の使い勝手のものでなければ、日本人は使いたがらない。同社の予約システムに対しては不便であるという不満の声が多く寄せられていた。

 そして最大の特殊性は、現実的に自由な価格設定ができないという市場環境である。日本では、空港などの施設が官庁の巨大利権となっており、利用料が極めて高いという現実がある。航空会社はどんなにコスト削減を行っても顧客に安い料金を提示できない構造になっており、大手航空会社で比較しても、日本の航空運賃は非常に高い。

 国内LCC各社は詳細なデータを公開していないが、諸外国のLCCと比較すると、運行コストは1.5倍以上かかっていると推定される。またLCC各社は大手航空会社の関連会社であり、そもそも親会社を脅かすようなビジネスを展開できるわけがない。こうした事情が重なり、「破格の安値」を設定するというLCCのビジネスモデル自体が成立しにくいのである。

 エアアジアの創業者でありCEOのトニー・フェルナンデス氏は起業家精神にあふれた人物であり、日本市場の閉鎖性に不満を募らせていたといわれる。同じくベンチャー企業家である楽天の三木谷氏と組むことで状況を打開しようという目論見と考えられる。

 旅行代理店を傘下に持つ楽天と組むことで、チケット販売やシステムについてはある程度メドが立つ。問題はやはり割高な国内コストということになるだろう。産業競争力会議のメンバーでもある三木谷氏が、政治力を使ってこうした部分を打開できるのかに市場の注目が集まっている。

 - 経済 , ,

  関連記事

kokusaishushi201307
7月の国際収支。貿易赤字を投資収益がカバーする成熟国型体質がより鮮明に

 財務省は9月9日、7月の国際収支を発表した。最終的な国の利益を示す経常収支は5 …

sangyoukyousouryoku
残業代ゼロ政策の議論が復活。今度は一般社員への適用も検討?

 労働時間に関わらず賃金を一定にするホワイトカラーエグゼンプションが、再び議論の …

karyoku
原発再稼働をうたったエネルギー基本計画素案の前提条件は合っているのか?

 経済産業省は12月6日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会を開き、「エネ …

abeseichou02
安倍首相が成長戦略第2弾を発表。規制緩和を掲げるも消極的な印象。焦点は特区構想へ

 安倍首相は5月17日、都内で講演し企業の設備投資を年間70兆円台に回復させるこ …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

hakushokubunri
インバウンド増加なのに稼働率低迷で観光庁が指導?日本旅館の何が問題なのか

 観光庁がインバウンドの増加を目的に、旅館業界に対して食事料金と部屋料金を別立て …

fomc201604
米国が急激に利上げモードにシフト。日本の財政出動は完全にハシゴを外された状態に

 米国が急速に利上げモードにシフトしている。市場はまだ疑心暗鬼だが、地区連銀の各 …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

tokyomachinami
企業倒産が激減。日本経済は事実上、機能不全を起こしている?

 企業の倒産件数の減少が進んでいる。2015年はバブル期の頂点だった1990年以 …

gpifhiritsu201406
公的年金の株式シフトが前倒しスタート。一部からは利益の先取り懸念も

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2014年8月2 …