ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の台湾問題責任者が初の訪台。台湾の中国傾斜の背景にはTPP

 

 中国政府で台湾問題を担当する、国務院台湾事務弁公室の張志軍主任が2014年6月25日、台湾を訪問した。台湾事務弁公室のトップが台湾を訪問するのは今回が初めて。

taiwankinendo

 台湾(中華民国)は、中国共産党との内戦に敗れて以降、現在の場所に逃げ延び、中国の共産党政権と対立してきた。当初、米国や日本は台湾を正式な中国とみなしていたが、中国の台頭によって状況が変化、1979年に米国は中国と正式に国交を結んだ。

 だがここ10年で中国がさらに躍進し世界的大国になったことで、状況はさらに変わった。
 中国が武力を使って強引に台湾を吸収する可能性は極めて低くなる一方、台湾の側にも、中国と協力した方がよいという意見が増えてきたのだ。もともと中国との対立の原因となった国民党が、現在では中国共産党との提携に積極的というのは皮肉としかいいようがない。

 台湾では財界を中心に中国との共存を模索する動きが活発だが、その背景にはTPP(環太平洋パートナーシップ協定)があるといわれている。
 現在のTPP交渉に中国は参加していないが、いずれ中国がTPPに加わることは既定路線といわれている。台湾もTPP加入の方向性で調整を進めているが、もし中国が先にTPPに加盟してしまうと、台湾はTPP加盟交渉を米国に対してだけでなく、中国とも行わなければならなくなる。こうなってしまうと、台湾の外交的な立場は一気に弱体化してしまう。

 台湾では今年4月、中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠するという事件が発生した。台湾政府が2013年に中国と調印したサービス貿易協定は密室で決められた協定であり、台湾の中小企業への打撃が大きいというのがその主な理由である(中国との接近によって、せっかく育ってきた台湾の民主主義が失われてしまうという危機感もある)。

 台湾当局がこの協定の締結を急いだのは、TPP交渉において台湾が取り残されることを危惧したからだといわれている。中国と貿易協定を結んでおけば、中国のTPP加盟に合わせて台湾もTPP加盟交渉を行うことができるからだ。

 以前は中国側による切り崩し工作で、台湾における親中国派を増やす試みが行われていたが、現在はむしろ台湾側から中国にすり寄るような状況となりつつある。今回の張主任の訪台で、中国と台湾との提携関係はさらに深まると考えられている。

 かつては中国を圧倒する経済力を誇り、米国や日本をバックに独立を果たすことを夢見ていた台湾だが、状況はすっかり変わってしまったようだ。

 - 政治 , ,

  関連記事

no image
李明博大統領、政敵である朴槿恵氏と会談。退任後は逮捕されずに済むのか?

 韓国の李明博大統領と与党セヌリ党の次期大統領候補に指名された朴槿恵氏は2日、青 …

ryosinei
香港の民主化を求める抗議活動が拡大中。中国は一歩も引かない構えだが

 香港の選挙制度改革を求める抗議活動が予想外の広がりを見せている。当初、セントラ …

no image
オスプレイの反対運動。危険だからダメというが安全ならOKなの?

 米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイが沖縄の普天間飛行場に配備された。  沖縄県議 …

iannfugoui
慰安婦問題で日本は全面的に譲歩。振り上げた拳を降ろしただけで交渉は終了

 日韓両政府は2015年12月28日、従軍慰安婦問題について合意に達した。旧日本 …

kerry02
ミサイル警戒の最中、ケリー国務長官が日中韓国歴訪。北との水面下の交渉は?

 北朝鮮によるミサイル発射に備え、日米韓による監視が続いている。ミサイルを発射す …

no image
失業率25%のスペイン。国家は非常事態なのに国内旅行は絶好調。何故?

 経済危機真っ只中のスペインだが、観光業が絶好調である。経済危機によって価格を引 …

geitsu
ゲーツ元国防長官のオバマ大統領批判から、文民統制の本当の意味を考える

 米国のゲーツ元国防長官が近く発売される回顧録の中で、アフガン戦争をめぐるオバマ …

sinbun
新聞協会が消費税軽減税率を求める声明を発表。差別ギリギリのその驚くべき内容とは?

 消費税増税を前に、新聞業界が新聞などへの軽減税率適用を求めて政府・与党に対する …

no image
オバマ大統領が自家製ビールのレシピ公開。背景には人種問題へのアピールが

 オバマ大統領が手作りしている特製ビールの造り方をホームページでビデオ付きで公開 …

swis201405
最低賃金を2500円にする国民投票を行ったスイスの驚くべき実態とは

 最低賃金を何と2500円にするという驚くべき国民投票がスイスで行われた。結果は …