ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国の台湾問題責任者が初の訪台。台湾の中国傾斜の背景にはTPP

 

 中国政府で台湾問題を担当する、国務院台湾事務弁公室の張志軍主任が2014年6月25日、台湾を訪問した。台湾事務弁公室のトップが台湾を訪問するのは今回が初めて。

taiwankinendo

 台湾(中華民国)は、中国共産党との内戦に敗れて以降、現在の場所に逃げ延び、中国の共産党政権と対立してきた。当初、米国や日本は台湾を正式な中国とみなしていたが、中国の台頭によって状況が変化、1979年に米国は中国と正式に国交を結んだ。

 だがここ10年で中国がさらに躍進し世界的大国になったことで、状況はさらに変わった。
 中国が武力を使って強引に台湾を吸収する可能性は極めて低くなる一方、台湾の側にも、中国と協力した方がよいという意見が増えてきたのだ。もともと中国との対立の原因となった国民党が、現在では中国共産党との提携に積極的というのは皮肉としかいいようがない。

 台湾では財界を中心に中国との共存を模索する動きが活発だが、その背景にはTPP(環太平洋パートナーシップ協定)があるといわれている。
 現在のTPP交渉に中国は参加していないが、いずれ中国がTPPに加わることは既定路線といわれている。台湾もTPP加入の方向性で調整を進めているが、もし中国が先にTPPに加盟してしまうと、台湾はTPP加盟交渉を米国に対してだけでなく、中国とも行わなければならなくなる。こうなってしまうと、台湾の外交的な立場は一気に弱体化してしまう。

 台湾では今年4月、中国との経済協定に反対する学生が立法院(国会)を占拠するという事件が発生した。台湾政府が2013年に中国と調印したサービス貿易協定は密室で決められた協定であり、台湾の中小企業への打撃が大きいというのがその主な理由である(中国との接近によって、せっかく育ってきた台湾の民主主義が失われてしまうという危機感もある)。

 台湾当局がこの協定の締結を急いだのは、TPP交渉において台湾が取り残されることを危惧したからだといわれている。中国と貿易協定を結んでおけば、中国のTPP加盟に合わせて台湾もTPP加盟交渉を行うことができるからだ。

 以前は中国側による切り崩し工作で、台湾における親中国派を増やす試みが行われていたが、現在はむしろ台湾側から中国にすり寄るような状況となりつつある。今回の張主任の訪台で、中国と台湾との提携関係はさらに深まると考えられている。

 かつては中国を圧倒する経済力を誇り、米国や日本をバックに独立を果たすことを夢見ていた台湾だが、状況はすっかり変わってしまったようだ。

 - 政治 , ,

  関連記事

coal
迷走が続く日本のエネルギー政策。結局は石炭火力という国際標準に落ち着くのか?

 迷走していた日本のエネルギー政策にひとつの方向性が見え始めている。一旦は縮小さ …

hosokawakoizumi
細川元首相が都知事選に出馬表明。その後の政局にばかり焦点が当たる奇妙な選挙に

 猪瀬直樹前知事の辞職に伴う東京都知事選において、細川護熙元首相が立候補を表明し …

kanntei
首相動静は「知る権利を超えている」という小池元防衛相の発言は典型的インテリジェンス

 新聞の首相動静が「国民の知る権利の範囲を超えている」という小池百合子元防衛相の …

beiyosan
米国の予算教書。税収増で財政赤字問題はほぼ解消。歳出拡大へ

 米大統領府(ホワイトハウス)は2015年2月2日、2016年会計年度(2015 …

nichigin04
マイナス金利の影響がじわじわと消費者に波及。投信手数料引き上げや年金減額も

 マイナス金利の消費者への転嫁がじわじわと進んでいる。普通預金の口座にマイナス金 …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

maduro
ベネズエラ総選挙で野党が勝利。ボリバル革命は原油安の直撃を受け瓦解

 反米主義を掲げ、社会主義的な政策を強引に推進してきた南米ベネズエラで総選挙が実 …

iwatakikuo
岩田副総裁候補が、積極的な財政出動を肯定。バラ捲き予算にはずみ?

 日銀副総裁候補の岩田規久男学習院大教授は5日、衆院議院運営委員会の所信聴取に出 …

seichousenryaku201406
新成長戦略の骨子が明らかに。従来とはうって変わって構造改革的な要素が前面に

 政府の産業競争力会議は2014年6月10日、今月下旬に閣議決定が予定されている …

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …