ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米大統領選挙、なぜか日本のマスコミが報じないオバマ、ロムニー以外の候補者

 

 米国大統領選挙の開票が一部の州で始まった。今日の午後には大勢が判明する見込みだ。

 ところで、日本ではなぜか民主党のオバマ大統領と共和党のロムニー候補しか報道されないが、大統領選挙には両候補以外も立候補している。

 二大政党以外の候補者が立候補するためには、各州で一定の有権者数の署名が必要となるためハードルが高い。ほぼすべての州でこの条件をクリアして、全米レベルで立候補できた候補者は4人いる。また一部の州のみでの立候補者を含めると25人にも上る。
 中には泡沫候補もいるが、二大政党以外の候補者を眺めてみると、米国政治の別な面も見えてくる。二大政党以外で、ほぼ全州で立候補した人は以下の4人だ。

 ゲーリー・ジョンソン候補(リバータリアン党)
 バージル・グード候補(アメリカ立憲党)
 ジル・スタイン候補(緑の党)
 ロッキー・アンダーソン候補(正義党)

 ジョンソン候補は米国政治で一定の根強い支持を得ているリバータリアン党の候補者。もともとは共和党員で元ニューメキシコ州知事。リバータリアンは政府の役割を極限まで縮小すべきと主張している人たち。肥大化した公務員制度を強く批判しており、場合によっては道路などの整備も自前で行うべきという考えを持っている。

 グード候補はアメリカ立憲党(旧アメリカ納税者党)の候補者で共和党の元下院議員。同党はキリスト教原理主義に基づく超保守主義政党で、不法移民への厳しい対処、中絶反対、IMFや世界銀行など国際金融システムへの不参加などを唱えている。

 スタイン候補はユダヤ人の女性医師。政党は緑の党。同党はその名の通り、エコロジーや平和を唱える政党。2000年の大統領選挙では、同党から消費者運動の著名リーダーであるラルフ・ネーダー氏が立候補して話題となった。

 アンダーソン候補は正義党の候補者で元ソルトレイクシティ市長(父親はモルモン教だったが本人はモルモン教ではない)。正義党は2011年に設立された社会民主系の政党。同氏は以前は民主党員だった。

 第三勢力で注目されるのは、やはりリバータリアン党だ。大統領選挙では独自の候補者を出していないが、リバータリアンとほぼ同じ主張をしているティーパーティも大統領選挙に大きな影響力を及ぼしているこ。肥大化した連邦政府に対する批判は全米レベルで相当な規模になっていることが伺える。
 また緑の党や正義党などのリベラル系政党も、60年代、70年代の時代から脈々と一定の支持を得ていることが分かる。このほか社会主義政党や一部の州の独立を主張する党なども、一部の州で候補者を出している。

 - 政治

  関連記事

kanntei
薬のネット解禁判決に対抗して政府は薬事法改正を画策。日本に「法の支配」は存在しない

 一般用医薬品(大衆薬)のインターネット販売を禁止した厚生労働省令は違法だとして …

putin
ロシアで米国人との養子縁組が禁止に。人権抑圧国家ロシアの恐ろしさ

  人権抑圧国家であるロシアの恐ろしさを象徴するような出来事が起こっている。ロシ …

businessman02
内閣府の世論調査。個人か国かとの問いで、個人とする割合が過去最高に

 内閣府は2015年3月23日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。「国や …

myanmer
ミャンマーの携帯電話事業で日本は落選。中東の通信会社を選定したしたたかな戦略

 ミャンマー政府は6月27日、同国における携帯電話事業への新規参入選定において、 …

koikeyuriko02
都議会のドン内田氏が引責辞任。小池氏はダメ押しで新党結成との噂も

 自民党東京都連は2016年8月4日、幹部会合を開き都連会長の石原伸晃経済再生相 …

shakaihoshouseidokaikaku
社会保障制度改革の具体策を議論する会議がスタート。サービス水準低下は不可避

 政府は2014年7月17日、社会保障制度改革推進会議の第1回会合を開催した。こ …

timoshenko
独裁政権vs民主主義者という単純図式ではないウクライナ。今後は課題山積

 反政府デモと警官隊の衝突で多数の死傷者が出たウクライナでは、国会がヤヌコビッチ …

hongkongramu
香港行政長官選挙は予想通りの出来レースで親中派女性候補が勝利

 香港トップである行政長官を選ぶ選挙が行われ、中国政府の支持を得た前政務官の林鄭 …

akafuku
「外国人お断り」という赤福前社長の発言は、日本人の優柔不断さの象徴?

 伊勢神宮の銘菓「赤福」の前社長による「外国人には来て欲しくない」という発言が波 …

clinton201601
「まさか」の状況となりつつある米大統領選挙。ブルームバーグ氏出馬検討の報道も

 米国の大統領選挙が大混戦の様相を呈してきている。当初、圧倒的に有利だった民主党 …