ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数である「生鮮食料品を除く総合(コア指数)」は前年同月比3.4%の上昇となった。消費税の影響を除くと1.4%となり、4月よりも上昇幅が下落した。駆け込み需要の反動の影響が出ている可能性がある。

super02

 日銀では4月における消費増税による物価上昇を1.7%程度、5月における物価上昇を2%程度とみている。4月の上昇率は3.2%だったので、ここから1.7ポイントを引くと1.5%となる。
 結局のところ、消費税の影響を差し引きくと、3月は1.6%、4月は1.5%、5月は1.4%ということになり、物価上昇率は鈍化していることになる。

 この動きはある程度予想されていたものである。これまでの物価上昇の大部分は、円安による輸入物価の上昇に伴うものであり、円安の動きが一服した現在、物価上昇も鈍化してくることになる。

 もっとも家計にとっては、消費税の影響を考慮した数字はほとんど関係がない。税込価格が上昇することは、短期的には消費にとってマイナスとなる。

 同じく総務省が発表した5月の家計調査では、二人以上の世帯における実質的な消費支出はマイナス8.0%と大幅な落ち込みになった。4月は4.6%のマイナスだったので、5月に入って消費がさらに冷え込んでいる。3月は駆け込み需要によってプラス7.2%だったので、今のところは駆け込み需要とその反動のブレと解釈できるが、ここからあまり数字が上昇しないようだと、ジワジワとその影響が及んでくる可能性が高い。

 それにしても、今回の消費増税による駆け込み需要とその反動の大きさは少々驚きである。一部の高額商品を除くと、駆け込みでの購入は家計に大きなメリットをもたらすわけではない。生活必需品は今後も生涯にわたって購入し続けるので、駆け込みで安く買いためた分の効果は、時間が経過するほどゼロに収束してくるからだ。

 実際、過去の日本や諸外国では増税時におけるこうした過剰な駆け込み需要とその反動はあまり見られていない。もし日本の家計が弱体化して余裕がなくなり、こうした行動につながっているのだとすると、少々気になるところである。

 - 経済 , , ,

  関連記事

thanksgiving00
米国の感謝祭セールが順調。米国経済に依存する日本にとっては朗報

 米国の感謝祭休日における消費支出が前年を大きく上回ったことが明らかとなった。全 …

hitachieikoku
日立が英国鉄道事業で水漏れトラブル。だが、もっと大きな逆風が吹いている?

 日立が総力をあげて取り組んできた英国の鉄道事業で、新型車両のお披露目の当日に客 …

hanedanarita
羽田・成田の地下鉄建設に年金と生保資金を活用。本当に大丈夫なのか?

 国土交通省は2020年代の開業を目指している羽田・成田を結ぶ地下鉄路線の建設に …

suga03
消費増税をにらんだ5.5兆円経済対策の効果は一時的

 政府は12月5日の臨時閣議において、消費増税に対応した5.5兆円の経済対策を決 …

graph
金融機関が金利上昇に備えを開始。だが水面下ではもっと深刻な事態が進行中

 アベノミクスによる円安が進展したことで、金利上昇の可能性が現実化してきた。実際 …

tenanmon
中国のジニ係数は依然として高水準。政府統計と実態の乖離も継続中

 中国の所得格差が依然として高い水準にあることが、北京大学やミシガン大学を中心と …

setsubitousi
設備投資は足踏み状態。失速とは断言できないものの、パッとしない展開か?

 内閣府は2014年4月10日、2月の機械受注統計を発表した。主要指標である 「 …

ana787
ボーイング787のトラブルは本当にバッテリーなのか?下請けに甘んじる日本の悲しい現実

 米連邦航空局(FAA)は16日、全日空が所有するボーイング787がバッテリーの …

mama
子供がいると女性は不幸?内閣府の調査結果は日本社会の現状をよく表している

 内閣府経済社会総合研究所は、幸福度が子供の存在によってどのような影響を受けてい …

airasiajapan
エアアジアが合弁解消。日本でLCCがうまくいかない理由とは?

 アジア最大の格安航空会社(LCC)であるエアアジアとANAホールディングスは、 …