ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

5月の物価上昇は増税の影響を除くと鈍化。家計支出も大幅な落ち込み

 

 総務省は2014年6月27日、5月の消費者物価指数を発表した。代表的な指数である「生鮮食料品を除く総合(コア指数)」は前年同月比3.4%の上昇となった。消費税の影響を除くと1.4%となり、4月よりも上昇幅が下落した。駆け込み需要の反動の影響が出ている可能性がある。

super02

 日銀では4月における消費増税による物価上昇を1.7%程度、5月における物価上昇を2%程度とみている。4月の上昇率は3.2%だったので、ここから1.7ポイントを引くと1.5%となる。
 結局のところ、消費税の影響を差し引きくと、3月は1.6%、4月は1.5%、5月は1.4%ということになり、物価上昇率は鈍化していることになる。

 この動きはある程度予想されていたものである。これまでの物価上昇の大部分は、円安による輸入物価の上昇に伴うものであり、円安の動きが一服した現在、物価上昇も鈍化してくることになる。

 もっとも家計にとっては、消費税の影響を考慮した数字はほとんど関係がない。税込価格が上昇することは、短期的には消費にとってマイナスとなる。

 同じく総務省が発表した5月の家計調査では、二人以上の世帯における実質的な消費支出はマイナス8.0%と大幅な落ち込みになった。4月は4.6%のマイナスだったので、5月に入って消費がさらに冷え込んでいる。3月は駆け込み需要によってプラス7.2%だったので、今のところは駆け込み需要とその反動のブレと解釈できるが、ここからあまり数字が上昇しないようだと、ジワジワとその影響が及んでくる可能性が高い。

 それにしても、今回の消費増税による駆け込み需要とその反動の大きさは少々驚きである。一部の高額商品を除くと、駆け込みでの購入は家計に大きなメリットをもたらすわけではない。生活必需品は今後も生涯にわたって購入し続けるので、駆け込みで安く買いためた分の効果は、時間が経過するほどゼロに収束してくるからだ。

 実際、過去の日本や諸外国では増税時におけるこうした過剰な駆け込み需要とその反動はあまり見られていない。もし日本の家計が弱体化して余裕がなくなり、こうした行動につながっているのだとすると、少々気になるところである。

 - 経済 , , ,

  関連記事

building
アベノミクスの本質は資産バブル。多くの国民がそう理解している?

 「アベノミクスの効果は不動産に顕著に反映される」-多くの国民がそう考えているこ …

akiya
低所得者の住居支援に空き家を活用。成熟国家としては正しい方向性

 国土交通省は高齢化の進展によって公営住宅が足りなくなることから、空き家を活用す …

businessman04
2016年4~6月期GDPは事実上ゼロ成長。財政も需要の先食い状態が続く

 内閣府は2016年8月15日、2016年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

toshibassd
東芝がメモリー事業分離を決定。だが、市場の注目はすでに次の売却事業へ

 米国の原子力事業で多額の損失を抱える東芝が、メモリー事業の分社化を決断した。し …

kaswase20130606
株高と円安は終わったのか?カギを握るのは購買力平価による為替レート

 日銀による異次元の緩和策以降、順調に進んできた円安と株高にブレーキがかかり始め …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

sharp
シャープがレノボにテレビ工場を売却。再建のカギである鴻海との提携は依然として進まず

 経営再建中のシャープが、中国のパソコン大手レノボ(聯想)に、中国のテレビ組立工 …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …

manshon
銀行が住宅ローン金利を引き下げ。融資先が見つからない銀行の苦しい台所事情

 9月に入って金融機関による住宅ローンの引き下げが相次いでいる。三菱東京UFJ銀 …

nandflash
東芝の半導体技術漏洩事件。罰則強化では根本的解決にならない

 東芝の半導体技術が韓国企業に漏洩した問題で、情報提供者に対する厳罰化を求める声 …