ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

米国の若者の7割が兵役不適格。肥満などが主な原因だが、装備ハイテク化の影響も

 

 米国の若者の約7割が、何らかの理由で兵役の対象にならないという現実が話題となっている。肥満や薬物、顔のタトゥーなどがその理由だが、装備のハイテク化が急速に進んでおり、数学力や読解力の問題もかなり大きいと考えられる。

usarmy

 米紙が報道したところによると、米国で軍隊に志願するための要件は、高卒もしくは同等の学力証明、軍が実施する学力テストへの合格、体重や身長などの身体的基準があるという。さらに、顔など特定部位にタトゥーをしていないことや、ボディピアスをしていないこと、精神疾患がないことなどもチェックされるという。

 米国防総省によると、米国の17歳から24歳の若者のうち、約7割が何らかの条件に抵触し、本人が入隊を志願したとしても、軍に入れない状態であるという。
 入隊できない理由としてもっとも多いのが身体的、学力的な問題で28%がこれに該当する。肥満で身体基準をクリアしないケースや数学力、読解力でクリアしないケースが多いという。最近目立っているのがタトゥー。

 米国では35歳以下の若者でタトゥーを入れている割合が3割に達するとの調査もあり、タトゥーがかなり浸透している。軍人でもタトゥーを入れている人は多いが、顔面のタトゥーなどは禁止されている。だが新兵の志願者でこうした特定部位へのタトゥーが理由で拒否されるケースが増えているという。

 だがもっとも影響が大きいのは、数学、読解力スキルと考えられる。米軍はここ10年で兵器のIT化を急速に進めている。最前線の歩兵はネットワークで結ばれており、IT機器を駆使しながら、リアルタイムで状況判断や意思決定を行う必要がある。このため、一定以上の能力がないと、兵器をうまく使いこなせない。

 米国では、大学院に行くための奨学金を目当てに入隊する低所得層出身の学生も多く、実はこうした優秀な人材が、装備のハイテク化を現場で支えてきた面がある。今後はロボット兵器の本格的な導入で、ハイテク機器に対する知識がさらに必要になってくる可能性が高い。高度な専門知識を持つ人材へのニーズは高まる一方だ。

 景気が回復してくると、学生ローンが組みやすくなり、軍に行かなくても進学の道が開けてくる学生も出てくる。こうした中で、どのように兵卒を確保するのか、国防総省にとって大きな課題といえそうだ。

 - 政治 , ,

  関連記事

pakukune
朴槿恵政権の閣僚人事が難航。背景のひとつは徴兵逃れ疑惑

 韓国の朴槿恵(パククネ)新政権の組閣が難航している。韓国の国会は26日、元検事 …

carter
米次期国防長官は、実務官僚で経験豊富なカーター氏に落ち着く?

 辞任が決まっているヘーゲル米国防長官の後任に、前国防副長官のアシュトン・カータ …

iijima
飯島参与の訪朝を受け入れた北朝鮮の窮状。朝鮮総連ビル落札問題も影響か?

 北朝鮮は5月18日から20日までの3日間で計6発の短距離ミサイルを発射した。い …

abeobama
夕食会も出迎えもなし。日米首脳会談で見せ付けられた日本軽視の厳しい現実

 米国を訪問した安倍首相は、日本時間23日未明(現地時間22日午後)、オバマ米大 …

gpifpotofori201506
公的年金の株式買い入れ余力が大幅に低下。今後の運用成績はどうなる?

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は2015年8月2 …

abe201306
盛り上がりに欠ける参院選。与党内では選挙後の人事の話題で持ち切り

 7月4日に参院選が公示された。アベノミクスの評価、ねじれ解消、ネット選挙解禁な …

kakusazini
所得格差を示すジニ係数は過去最大。しかし累進課税などで最終的な格差は縮小

 厚生労働省は2016年9月15日、2014年度における所得再分配調査の結果を発 …

nsa
米国の諜報機関は本当に全部の電話やメールの盗聴を実施できているのか?

 米国の諜報機関による盗聴問題が拡大する兆しを見せている。ドイツのマスコミが、米 …

abe5gatsukeizai
萎む成長戦略。最高裁判断まで出ている薬のネット販売解禁が規制緩和の目玉だって?

 アベノミクスの要として市場から多くの期待を集めていた成長戦略の雲行きが怪しくな …

hagel03
アフガン撤退に暗雲?ヘーゲル国防長官がアフガンを訪問するも、カルザイ大統領は激怒

 ヘーゲル米国防長官は3月10日、アフガニスタンを訪問しカルザイ大統領と会談した …