ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アルゼンチンが再び債務不履行?かつて繁栄を謳歌した先進国も今は昔

 

 2001年に債務不履行を起こしたアルゼンチンに再び債務不履行の恐れが出てきている。ただ、アルゼンチンの国債を購入している投資家は限定されており、市場全体に影響が及ぶとの見方は少ない。かつての先進国アルゼンチンは、もはや債務不履行の常習犯となりつつある。

 Buenos Aires アルゼンチンは2001年に債務不履行に陥ったあと、債務の減額に応じた債権者に対しては利払いを継続している、。だが、債務の減額に応じなかったアメリカの投資ファンドが債務の全額返済を求める裁判を米国内で起こし、裁判所は6月16日、これを支持する判決を出した。

 これによりアルゼンチン政府は、訴えを起こした投資ファンドへの債務返済が完了しない限り、債務の減額に応じた投資家に対する利払いができない状態となっている。
 アルゼンチンは、米国の判決を無視し、利払いの資金を送金したものの、米国の裁判所がこれを認めず、資金はアルゼンチンに戻されている。このままでは利払いが出来ず、アルゼンチンは再び債務不履行(デフォルト)となる可能性が出てきた。アルゼンチン政府は不当だとして、米国に対して抗議している。

 アルゼンチンが2001年に債務不履行に陥った際には、日本も含めてアルゼンチンの国債を購入していた投資家に損失が発生した。だが、アルゼンチンは2001年の危機以降、国際市場で債券を発行できない状態が続いており、新規の投資家は増えていない。仮にデフォルトになったとしても、その影響は限定的だ。

 アルゼンチンは、もはやデフォルとの常習犯となりつつある。2001年のデフォルトの前には、1982年にもデフォルトを起こしており、国際的な金融市場での信用度は低い。ただ同国は、昔からそのような国だったわけではない。

 第二次大戦以前、同国は世界有数の経済大国であり、生活水準は非常に高かった。首都のブエノスアイレスは「南米のパリ」と呼ばれたほどで、世界各国から人が集まり、繁栄を謳歌していた。だが戦後になり、産業構造の転換に失敗、豊かな先進国からデフォルトとインフレに悩まされる途上国へと転落してしまった。

 アルゼンチンの事例は、繁栄を極めた先進国でも、条件が揃えば容易に途上国水準に転落するという厳しい現実を示している。2001年の債務不履行の際には、アルゼンチンの事例について「他山の石」にしようという議論が日本でも盛んだったが、なぜか最近、そのような声は聞こえてこない。

 アルゼンチンの国民は、生活水準が低下し始めても、自国の産業が強固であると頑なに信じ、経済的繁栄が持続することを疑わなかったという。このため、財政再建が遅れ、現在のような債務過剰の状態を招いている。現実が見えなくなってくると、非常に危険であることをアルゼンチンの事例は示している。

 - 経済 ,

  関連記事

nichigin02
マネーストックの伸びは順調。だが絶対値では量的緩和以降、横ばいの傾向

 日銀は10月11日、9月のマネーストック(マネーサプライ)速報を発表した。代表 …

drugstoa
規制緩和の象徴が今度は規制強化の立場に。市販薬ネット販売規制に見る栄枯盛衰

 市販薬の新しいネット販売ルールを議論する厚生労働省の検討会議は9月20日、市販 …

seveneleven
超優良企業セブンによるニッセン買収で見えてくる、同社と日本経済の限界点

 セブン&アイ・ホールディングスは2013年12月2日、カタログ通販大手のニッセ …

jutakugai
再来年に迫った相続税増税で住宅保有者は大慌て。だが今後も資産課税強化は続く

 2015年1月に迫った相続税の増税が住宅保有層における懸案事項になってきている …

arevagenpatsu
フランスの国策原子力企業アレバが経営危機。中国からの資本参加も検討?

 経営危機に陥っているフランスの国営原子力企業アレバ社に対する中国の資本参加が取 …

foxconn
アップルがパソコンの一部の国内生産に回帰。だが鴻海への丸投げは変わらず

 米アップルが自社製品の一部を米国での生産に切り替える。同社のクックCEOが6日 …

skymark03
JALとスカイマーク提携に国交省が待った?国家による救済は半永久的に尾を引く

 スカイマークは2014年11月21日、日本航空(JAL)と提携交渉を行っている …

cameron2
先週はオランド大統領、今週はキャメロン首相。欧州首脳が相次いでインドに売り込み

 英国のキャメロン首相は18日、インドを訪問した。首相としては2度目のインド訪問 …

sebunsuzu
セブン&アイ鈴木会長が退任。自らが主導した人事案は取締役会で否決

 セブン&アイ・ホールディングスの鈴木敏文会長兼最高経営責任者は2016年4月8 …

mitsukoshi
個人消費が中間層にも拡大の兆し。日本経済が構造転換したサインか?

 これまで富裕層に限定されていた消費拡大が中間層にも波及する可能性が出てきた。日 …