ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アルゼンチンが再び債務不履行?かつて繁栄を謳歌した先進国も今は昔

 

 2001年に債務不履行を起こしたアルゼンチンに再び債務不履行の恐れが出てきている。ただ、アルゼンチンの国債を購入している投資家は限定されており、市場全体に影響が及ぶとの見方は少ない。かつての先進国アルゼンチンは、もはや債務不履行の常習犯となりつつある。

 Buenos Aires アルゼンチンは2001年に債務不履行に陥ったあと、債務の減額に応じた債権者に対しては利払いを継続している、。だが、債務の減額に応じなかったアメリカの投資ファンドが債務の全額返済を求める裁判を米国内で起こし、裁判所は6月16日、これを支持する判決を出した。

 これによりアルゼンチン政府は、訴えを起こした投資ファンドへの債務返済が完了しない限り、債務の減額に応じた投資家に対する利払いができない状態となっている。
 アルゼンチンは、米国の判決を無視し、利払いの資金を送金したものの、米国の裁判所がこれを認めず、資金はアルゼンチンに戻されている。このままでは利払いが出来ず、アルゼンチンは再び債務不履行(デフォルト)となる可能性が出てきた。アルゼンチン政府は不当だとして、米国に対して抗議している。

 アルゼンチンが2001年に債務不履行に陥った際には、日本も含めてアルゼンチンの国債を購入していた投資家に損失が発生した。だが、アルゼンチンは2001年の危機以降、国際市場で債券を発行できない状態が続いており、新規の投資家は増えていない。仮にデフォルトになったとしても、その影響は限定的だ。

 アルゼンチンは、もはやデフォルとの常習犯となりつつある。2001年のデフォルトの前には、1982年にもデフォルトを起こしており、国際的な金融市場での信用度は低い。ただ同国は、昔からそのような国だったわけではない。

 第二次大戦以前、同国は世界有数の経済大国であり、生活水準は非常に高かった。首都のブエノスアイレスは「南米のパリ」と呼ばれたほどで、世界各国から人が集まり、繁栄を謳歌していた。だが戦後になり、産業構造の転換に失敗、豊かな先進国からデフォルトとインフレに悩まされる途上国へと転落してしまった。

 アルゼンチンの事例は、繁栄を極めた先進国でも、条件が揃えば容易に途上国水準に転落するという厳しい現実を示している。2001年の債務不履行の際には、アルゼンチンの事例について「他山の石」にしようという議論が日本でも盛んだったが、なぜか最近、そのような声は聞こえてこない。

 アルゼンチンの国民は、生活水準が低下し始めても、自国の産業が強固であると頑なに信じ、経済的繁栄が持続することを疑わなかったという。このため、財政再建が遅れ、現在のような債務過剰の状態を招いている。現実が見えなくなってくると、非常に危険であることをアルゼンチンの事例は示している。

 - 経済 ,

  関連記事

office
待遇がよい正社員ほど不満タラタラ。人材会社のアンケート結果が示す意外?な結果

 大手人材サービス会社のエンジャパンが自社サイトの利用者に対して行った、月収とそ …

lng2
米国が天然ガスの日本輸出を許可。これが経済や政治にもたらすインパクトは大きい

 米エネルギー省は5月17日、日本に対する天然ガスの輸出を許可すると発表した。テ …

cyprus2
キプロス問題でとうとうロシアが介入か?小さな島をめぐって地政学上の策略が渦巻く

 金融危機に陥ったキプロスの支援策をめぐって、とうとうロシアが本格的に動き始めた …

tmall2014
上場を控えたアリババが4~6月期の決算を公表。取扱高の拡大で業績は好調

 米国で株式の新規公開(IPO)を予定している中国の電子商取引大手アリババは、2 …

foxconn
中国の鴻海で組合代表者の自由選挙を実施。グローバルなモノの流れが変化する?

 アップルからiPhoneなどの製造を一手に引き受ける中国のフォックスコン社(台 …

seoulapart
不況なのに家賃高騰?経済が低迷しつつある韓国で奇妙な現象が発生する理由とは?

 経済成長が鈍化しているにも関わらず、家賃が急騰するという奇妙が現象が韓国で起こ …

tosho05
個人投資家向けの優遇税制(日本版ISA)が前途多難な状況

 小口の個人投資家向け優遇税制である日本版ISA(少額上場株式等に係る配当所得及 …

jinkochinoibm
メガバンクで人工知能の活用が本格化。新産業革命の時代はすぐそこ?

 メガバンクで人工知能を活用する動きが本格化している。制約条件の多い銀行業務での …

shuukatsu
内定辞退者が増加という報道。学生の就活は本当に昔と違うのか?

 神奈川県庁の内定辞退者が5年連続で3割を超えたというニュースをきっかけに、内定 …

imf201510
IMFが世界経済の見通しを発表。日本は大幅減で、中国は下方修正なし

 IMF(国際通貨基金)は2015年10月6日、最新の世界経済見通しを発表した。 …