ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

アルゼンチンが再び債務不履行?かつて繁栄を謳歌した先進国も今は昔

 

 2001年に債務不履行を起こしたアルゼンチンに再び債務不履行の恐れが出てきている。ただ、アルゼンチンの国債を購入している投資家は限定されており、市場全体に影響が及ぶとの見方は少ない。かつての先進国アルゼンチンは、もはや債務不履行の常習犯となりつつある。

 Buenos Aires アルゼンチンは2001年に債務不履行に陥ったあと、債務の減額に応じた債権者に対しては利払いを継続している、。だが、債務の減額に応じなかったアメリカの投資ファンドが債務の全額返済を求める裁判を米国内で起こし、裁判所は6月16日、これを支持する判決を出した。

 これによりアルゼンチン政府は、訴えを起こした投資ファンドへの債務返済が完了しない限り、債務の減額に応じた投資家に対する利払いができない状態となっている。
 アルゼンチンは、米国の判決を無視し、利払いの資金を送金したものの、米国の裁判所がこれを認めず、資金はアルゼンチンに戻されている。このままでは利払いが出来ず、アルゼンチンは再び債務不履行(デフォルト)となる可能性が出てきた。アルゼンチン政府は不当だとして、米国に対して抗議している。

 アルゼンチンが2001年に債務不履行に陥った際には、日本も含めてアルゼンチンの国債を購入していた投資家に損失が発生した。だが、アルゼンチンは2001年の危機以降、国際市場で債券を発行できない状態が続いており、新規の投資家は増えていない。仮にデフォルトになったとしても、その影響は限定的だ。

 アルゼンチンは、もはやデフォルとの常習犯となりつつある。2001年のデフォルトの前には、1982年にもデフォルトを起こしており、国際的な金融市場での信用度は低い。ただ同国は、昔からそのような国だったわけではない。

 第二次大戦以前、同国は世界有数の経済大国であり、生活水準は非常に高かった。首都のブエノスアイレスは「南米のパリ」と呼ばれたほどで、世界各国から人が集まり、繁栄を謳歌していた。だが戦後になり、産業構造の転換に失敗、豊かな先進国からデフォルトとインフレに悩まされる途上国へと転落してしまった。

 アルゼンチンの事例は、繁栄を極めた先進国でも、条件が揃えば容易に途上国水準に転落するという厳しい現実を示している。2001年の債務不履行の際には、アルゼンチンの事例について「他山の石」にしようという議論が日本でも盛んだったが、なぜか最近、そのような声は聞こえてこない。

 アルゼンチンの国民は、生活水準が低下し始めても、自国の産業が強固であると頑なに信じ、経済的繁栄が持続することを疑わなかったという。このため、財政再建が遅れ、現在のような債務過剰の状態を招いている。現実が見えなくなってくると、非常に危険であることをアルゼンチンの事例は示している。

 - 経済 ,

  関連記事

kobayshiseiyaku
ドラッグストア業界の圧力?小林製薬が薬のネット販売を中止

 小林製薬は1月から大衆薬のインターネット販売を中止する。ネット販売を中止するの …

runesasu002
従業員はゴミ?母体3社と産業革新機構でルネサス従業員を押し付け合い

 半導体大手ルネサスエレクトロニクスの経営再建をめぐって、外資ファンドを押しのけ …

tokkyo
中国が特許出願で世界1位に。国際特許で見ると「まだまだ」だが躍進は時間の問題

 特許の出願件数で中国が米国を抜いて、はじめて首位に立ったことが明らかになった。 …

panamagasaki
パナソニックのプラズマ撤退劇に見る、日本企業の「決断できない」体質

 パナソニックは2013年度末をメドにプラズマテレビ向けのパネル生産を停止する。 …

abeshouhizei
消費増税の正式決定で焦点は5兆円の経済対策の中身とその効果に移行

 政府は10月1日、閣議を開催し2014年4月から消費税を8%に引き上げることを …

shanhai
4月の中国主要経済統計。穏やかな回復は続いているが状況は今ひとつ

 中国国家統計局は5月13日、4月の主要経済指標を発表した。全体として強弱まちま …

toyotajinnji
トヨタの新役員人事が話題。同社はガバナンスの本質をよく理解している

 トヨタ自動車は2015年3月4日、新しい役員人事を発表した。外国人や女性の積極 …

shouhishakinyu
上限金利を元に戻す案を検討開始との報道。結局議論は振り出しに?

 貸金業者における上限金利を以前の29.2%に戻す案が与党内で検討されているとい …

sumitomochiba
国内化学各社が相次いでエチレン生産から撤退。米国シェールガス革命のインパクト

 住友化学は2月2日、石油化学製品の原料であるエチレンの国内生産を停止すると発表 …

itskills
勉強はできるが、ITはまるでダメ。OECDの調査結果が示す日本人の課題

 頭はいいはずなのに、日本はなぜか世界で勝負できない。多くの人が漠然と抱いている …