ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

中国共産党が今度は人民解放軍幹部の党籍を剥奪。習氏への権力集中は完成段階に

 

 中国共産党は2014年6月30日、政治局会議を開催し、人民解放軍幹部の徐才厚・元中央軍事委員会副主席の党籍を剥奪することを決定した。党中央では徐氏に収賄行為があったと認定しており、刑事訴追される可能性が高い。このところ、習近平国家主席による権力集中が進んでいるが、これまで手つかずだった人民解放軍にもその影響が及んでいる。

shukinpei06

 徐氏は軍の実力者で、江沢民元国家主席がその後ろ盾といわれる。共産党は徐氏に重大な規律違反の疑いがあるとして調査を実施。地位を利用して部下の昇進に便宜を図り、その見返りに賄賂を受け取ったことが発覚したという。ただこの調査結果を額面通りに受け取る人はいない。一連の汚職摘発は習氏による権力闘争にほかならないからである。

 習氏は中国共産党創設期の幹部で国務院副総理を務めた習仲勲氏の息子であり、高級幹部の子弟を中心とする派閥である「太子党」に属しているといわれている。
 習氏が総書記に就任する当初は、太子党と対立する派閥である、胡錦濤グループ(中国共産主義青年団出身者を出身とする学歴エリート・グループ)との権力闘争が激しかったが、胡錦濤グループは政権移行後、勢力を後退させている。同グループに属する李克強首相は習政権内で指導力を発揮できない状況にある。

 習氏は胡錦濤グループとの権力闘争にメドがつくと、今度は、自身の後ろ盾にもなっていた江沢民元国家主席の影響力排除に乗り出している。江沢民氏の支援によって異例の昇進を遂げた薄煕来氏を汚職で摘発したり、江沢民氏の経済的基盤である鉄道省の解体を実施するなど、矢継ぎ早に手を打っている。

 徐氏の摘発は、習氏の権力闘争がいよいよ最大の利権機構である人民解放軍にも及んできたことを示している。人民解放軍は単なる軍隊ではなく、各地で工場やレストランを経営するなど、巨大な経済利権団体であり、中国の政治に絶大な影響力を持っている。軍に対する一定の発言力を確保することができれば、習氏への権力集中が完成することになる。

 もっとも人民解放軍の掌握は一筋縄ではいかない可能性もある。かつて独裁的な権力を振るった毛沢東氏ですら、人民解放軍の実力者であった林彪氏を排除するのにかなり苦心している。
 習氏は若い頃、当時、失脚していた父親の影響で下放(地方の農村などに強制的に送られること)されており、リベンジしたいという思いが人一倍強かったという。絶対的権力は絶対的に腐敗するといわれるが、習氏への権力集中が中国政治に安定をもたらすのか、その逆であるのかは、今のところ誰にも分からない。

 - 政治 , , ,

  関連記事

saiki
外務省の斎木次官が訪中。だが今のところ日中首脳会談開催のメドは立たず

 外務省の斎木事務次官は7月29日、中国を訪問し、中国外交部(外務省)の王毅外相 …

shudempsey
デンプシー米統合参謀本部議長が習近平氏と会談。米中のアジア戦略交渉がスタート?

 中国の習近平国家主席は4月23日、中国を訪問している米国のデンプシー統合参謀本 …

gaza
ハマスがロケット弾を一般住宅から発射。イスラエルの報復で犠牲者がさらに増加

 イスラエルとイスラム原理主義組織ハマスの戦闘がさらに激化している。イスラエルに …

no image
維新ガタガタ!問題公約案を橋下代表や松井幹事長が相次いで批判

 国軍の創設や在日米軍の撤廃、アジア通貨圏の構築など、極右政党丸出しの公約案を明 …

kakunenryouyuso
プルトニウムがとうとう米国へ返還。日本をとりまく国際情勢は変化している

 日米間の合意によって、日本が米国に返還することが決定していた研究用プルトニウム …

George Washington
無意味な米兵の外出禁止令。問題の本質を隠す意図があるのでは?

 在日米軍兵士による事件が相次いでいることを受けて、在日米軍では外出禁止に加えて …

cross
米大統領選挙に見る政治と宗教。米国社会は想像以上に変化が進んでいる

 日本ではあまり報道されないが、米国の政治は宗教によって動く側面が強い。言うまで …

spaceshuttle
宇宙開発事業も空洞化?NASAに押し寄せる民営化という時代の波

 かつて科学技術の頂点といわれ、国家の威信をかけて行われていた宇宙開発にも、空洞 …

merukerurainiti02
ドイツが慰安婦発言をめぐって日本側を翻弄。メルケル首相の狙いは?

 ドイツのメルケル首相の発言をめぐって、政府と民主党の間で、「言った言わない」論 …

f35c
武器輸出三原則の緩和に踏み切らせた、日米防衛産業の苦しい経営事情

 政府は航空自衛隊の次期主力戦闘機F35について、武器輸出三原則の例外扱いとし、 …