ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

AP通信が決算記事の作成にロボットを導入。この動きは一般企業にも波及する

 

 通信社大手のAPは2014年6月30日、同社が提供する決算記事の作成にロボットを導入する方針を明らかにした。単純作業から記者を解放し、より高度な取材活動にリソースを振り向ける。

 kijijidousakusei 決算記事は、単純作業が多いものの、正確性が求められるため、記者の負荷が高い。一方で、決算発表直後は、市場関係者を中心に事実関係に徹した記事へのニーズがあるため、メディア側としては手が抜けない分野である。

 AP通信は、自然言語解析技術を導入し、決算の数字など、基本的な情報を自動収集し、それをベースに記事を自動作成する。これによって単純な決算記事を大量に配信することが可能となり、これまで決算記事に割いてきた記者のリソースを、他の分野に振り向けることが可能となる。これまで300本程度だった決算記事を一気に4000本に増やせるという。

 同社が採用したのは、自然言語解析・作成ソフトを開発するベンチャー企業「Automated Insights」のアルゴリズム。同社はすでに財務レポートやフットボールのリキャップ(要約記事)など、3億以上の文章を自動生成した実績を持つ。APは同社に対して出資も行っている。

 米国では、自然言語解析技術を使った文章自動作成エンジンの普及が進んでいる。同様のアルゴリズムを開発するNarrativescience社は経済誌フォーブスにエンジンを提供しているほか、やはり財務報告書やスポーツ関係の記事作成の分野実績がある。

 今のところ、「文章」を生業とするメディア企業への導入が多いが、こうしたロボットの普及によってもっとも影響を受けるのは、企業のホワイトカラーである。
 企業内には、報告書や提案書など無数の文書が存在している。こうした文書の作成にかかる時間の多くは、事実関係の確認などであり、本当の意味で創造的な部分はそれほど多くない。逆に言えば、オフィスにおいて事務職への求人が多数存在するのは、こうした単純事務作業へのニーズが高かったからである。

 だがこうした自然言語解析アルゴリズムが普及することになると、基本的な文書の読み込みや作成に必要となる作業の多くをシステム化できる。そうなってくると、オフィスに大量の社員を確保しておく必要もなくなってくる。

 すでに米国のメディアでは、高度な分析や取材ができる記者と、単純作業しか出来ない記者の選別が始まっている。同じ事が一般企業のオフィスでも起こる可能性は高く、こうした動きは、時間差を伴って日本にも波及してくる。単純な業務スキルしか持たないホワイトカラーは仕事を続けることが難しくなってくるだろう。

 もっとも日本企業の場合、業務プロセス自体が曖昧となっており、そもそも文書による管理ができていないという現実がある。こうした自然言語解析技術は日本では普及しない可能性もあるわけだが、もしそうだとすると、別な意味で大きな問題かもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

kenshokin
遠隔操作ウイルス事件に懸賞金!Webで技術情報なども公開

 警察庁は12日、遠隔操作ウイルス事件について懸賞金を出すことを決定した。懸賞金 …

gold04
金価格の暴落でスイス中銀が評価損を計上。ドル高によって、金価格は低空飛行が続く

 スイスの中央銀行にあたるスイス国立銀行は、2013年の決算で約90億フラン(約 …

dell
デルがMBOで非公開化。背景には投資家の米株に対する強気姿勢がある

 米コンピューター大手のデルは5日、創業者のマイケル・デル氏などが「MBO」(経 …

may
英国首相に実務派のメイ内相が就任。市場には安心感が広がる

 英国の次期首相を選ぶ保守党の党首選は2016年7月11日、テリーザ・メイ内相と …

itochu
伊藤忠が取り組む業務朝型化の本質は、フレックス制度の廃止にある

 伊藤忠商事は8月2日、社員の朝型化を目指して、勤務体系の見直しを行うと発表した …

bitcoin
ビットコイン消失事件をきっかけに、規制強化の動きが高まっているが・・・

 仮想通貨ビットコインが大量消失した事件に関し、取引所運営会社社長が逮捕されたこ …

abeseichousenryaku
成長戦略が完全に頓挫?だが本当に追い込まれているのは首相ではなく日本国民

 政府は6月12日に開催した産業競争力会議において成長戦略の最終案を固めた。企業 …

doruen201409
為替市場で円安が加速。指標的には過剰だが、相場主導で現実が後追いか?

 為替相場が急に慌ただしくなってきた。2015年5月26日の外国為替市場では円安 …

kurodadenki
旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本 …

toyodaakio
トヨタが個人投資家向けにわざわざ種類株を発行する理由

 トヨタ自動車は2015年4月28日、値下がりリスクを抑える代わりに、売却や配当 …