ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

AP通信が決算記事の作成にロボットを導入。この動きは一般企業にも波及する

 

 通信社大手のAPは2014年6月30日、同社が提供する決算記事の作成にロボットを導入する方針を明らかにした。単純作業から記者を解放し、より高度な取材活動にリソースを振り向ける。

 kijijidousakusei 決算記事は、単純作業が多いものの、正確性が求められるため、記者の負荷が高い。一方で、決算発表直後は、市場関係者を中心に事実関係に徹した記事へのニーズがあるため、メディア側としては手が抜けない分野である。

 AP通信は、自然言語解析技術を導入し、決算の数字など、基本的な情報を自動収集し、それをベースに記事を自動作成する。これによって単純な決算記事を大量に配信することが可能となり、これまで決算記事に割いてきた記者のリソースを、他の分野に振り向けることが可能となる。これまで300本程度だった決算記事を一気に4000本に増やせるという。

 同社が採用したのは、自然言語解析・作成ソフトを開発するベンチャー企業「Automated Insights」のアルゴリズム。同社はすでに財務レポートやフットボールのリキャップ(要約記事)など、3億以上の文章を自動生成した実績を持つ。APは同社に対して出資も行っている。

 米国では、自然言語解析技術を使った文章自動作成エンジンの普及が進んでいる。同様のアルゴリズムを開発するNarrativescience社は経済誌フォーブスにエンジンを提供しているほか、やはり財務報告書やスポーツ関係の記事作成の分野実績がある。

 今のところ、「文章」を生業とするメディア企業への導入が多いが、こうしたロボットの普及によってもっとも影響を受けるのは、企業のホワイトカラーである。
 企業内には、報告書や提案書など無数の文書が存在している。こうした文書の作成にかかる時間の多くは、事実関係の確認などであり、本当の意味で創造的な部分はそれほど多くない。逆に言えば、オフィスにおいて事務職への求人が多数存在するのは、こうした単純事務作業へのニーズが高かったからである。

 だがこうした自然言語解析アルゴリズムが普及することになると、基本的な文書の読み込みや作成に必要となる作業の多くをシステム化できる。そうなってくると、オフィスに大量の社員を確保しておく必要もなくなってくる。

 すでに米国のメディアでは、高度な分析や取材ができる記者と、単純作業しか出来ない記者の選別が始まっている。同じ事が一般企業のオフィスでも起こる可能性は高く、こうした動きは、時間差を伴って日本にも波及してくる。単純な業務スキルしか持たないホワイトカラーは仕事を続けることが難しくなってくるだろう。

 もっとも日本企業の場合、業務プロセス自体が曖昧となっており、そもそも文書による管理ができていないという現実がある。こうした自然言語解析技術は日本では普及しない可能性もあるわけだが、もしそうだとすると、別な意味で大きな問題かもしれない。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

bouekitoukei 201407
貿易赤字は25カ月連続だが安定飛行状態に。今後のカギは国内サービス業

 財務省は2014年8月20日、7月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

usakoyoutoukei201403
良好な雇用統計にも関わらず、米国株が大幅下落。潮目は変わったのか?

 米労働省は2014年4月4日、3月の雇用統計を発表した。非農業部門の新規雇用者 …

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …

toshiba03
東芝の不正会計問題。自己資本並みに大きい「のれん代」は大丈夫なのか?

 不正な会計処理が問題となっている東芝は2015年7月21日、田中久雄前社長、佐 …

rokkasho
再処理工場の新規性基準了承。欠落する核燃料サイクルに関する包括的議論

 原子力規制委員会は9月11日、使用済み燃料の再処理工場などに適用する新規制基準 …

kourioote
2月決算の小売大手決算。個人消費に多少の明るい兆しが見える

 2月決算の小売大手各社の決算がほぼ出揃った。小売各社の決算動向は、個別企業の業 …

toyodaakio
トヨタが個人投資家向けにわざわざ種類株を発行する理由

 トヨタ自動車は2015年4月28日、値下がりリスクを抑える代わりに、売却や配当 …

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …

english
政府の有識者会議で英語教育推進の動きが活発に。小学校での正式教科格上げ論も

 政府の有識者会議において英語教育に関する議論が活発になってきている。これまで教 …

trumpchina
米中首脳会談は表面的には穏やかに終了。貿易不均衡をめぐる交渉は長期戦に

 注目されていた米中首脳会談は表面上は穏やかに終了した。トランプ政権は貿易不均衡 …