ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

QE3実施の見込みといわれているが本当か?

 

 米FOMC(連邦公開市場委員会)が22日に公表した議事録で、QE3(量的緩和第3弾)の実施に積極的なメンバーが多いことが明らかになり、市場ではQE3が実施されることがほぼ確定的のような雰囲気になっている。

 だがFRBはさらに上手かもしれない。市場のウラのウラをかく可能性もある。

 米国の経済指標はこのところ好調なものが増えてきている。何より足を引っ張っていた住宅関連の指標が上向いてきている。
  政策当局としてはできるだけカードは温存しておきたい。ここでQE3のカードを切ってしまうと、もう次がない。好調な経済指標を背景に、今回は見送るのではないかという見方も一部にはある。

 QE3実施となればとりあえず円高になる可能性が高い。QE3を実施しないと米株が下がり、日本株もつられて下落するかもしれない。いずれにしても日本市場にはあまりいい影響はないかもしれない。

 

 - 経済

  関連記事

dasubeida
ディズニーがスターウォーズを巨額買収。新作も投入予定

 エンターテインメント大手の米ウォルト・ディズニーは、人気映画「スター・ウォーズ …

suga03
動き出す法人税減税。今後の焦点は特定企業を優遇する制度の改革へ

 甘利経済財政・再生相は2014年3月20日の記者会見で、法人実効税率の引き下げ …

ginzafudosan
土地価格はとうとう上昇に転じたが、二極分化の傾向がより鮮明に

 国土交通省は2016年3月22日、2016年の地価公示を発表した。商業地ではと …

doitsushoibure
ドイツがとうとう国債の新規発行がゼロに。日本は何を学ぶべきか

 ドイツのショイブレ財務相は2014年9月9日、ドイツ連邦政府の2015年度予算 …

nihonen
マイナス金利なのに海外投資家が日本国債を積極的に買う理由

 このところ日本国債を積極的に購入する海外投資家が増加している。だが、それは日本 …

kimurahikoku
国士気取りの銭ゲバ・インサイダー官僚が保釈。こともあろうに公判では無罪を主張

 経済産業省幹部のインサイダー取引事件で、金融商品取引法違反に問われていた前資源 …

masasuchuwato
マーサ・スチュワート氏の会社が身売り。だがカリスマ主婦は転んでもタダでは起きない

 米国の「カリスマ主婦」といわれるマーサ・スチュワート氏が経営する会社が身売りさ …

bananki
本当ならまさに「ヤリ逃げ」。バーナンキ議長続投せずという驚愕報道

 米連邦準備制度理事会(FRB)のバーナンキ議長が、続投しない可能性が出てきた。 …

keitairyoukin
迷走する携帯料金引き下げ問題。日本の劣化を示す象徴的な事例

 携帯料金の見直しに関する議論が激しさを増している。高市早苗総務大臣は、記者団に …

tokyowan
GDPギャップは依然マイナスのまま。供給過剰な状態は本当に一時的なものなのか?

 内閣府は8月22日、4~6月期におけるGDPギャップがマイナス1.9%になった …