ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をかける「SIMロック」が解除される。携帯電話の会社を変更しても、利用者は端末を買い換える必要がなくなる。また、MVNO(仮想移動体通信事業者)呼ばれる事業者のサービスが拡大することも期待されるが、市場に大きな変化はないとの見方が大半だ。

simrock

 総務省これまでも、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクなど携帯各社にSIMロック解除を促してきたが、業界側はあまり積極的ではなかった(機種限定で有料の解除には応じている)。各社とも一度確保した顧客を手放したくなかったからである。また携帯各社は、SIMロックによる制限に加えて、割安で端末を提供する代わりに、2年間は途中解約ができないといった契約上の縛りを設けているケースも多い。

 総務省では、SIMロック解除を義務付けるとともに、2年縛りについても見直す方向で検討を始めている。SIMロックの解除は2015年から実施する予定。

 もっともSIMロックの解除によって市場が大きく変わるのかというそうでもない。携帯電話市場が成長途上だった時代には、圧倒的な支配力を持つドコモの寡占を崩すため、KDDIやソフトバンクといった後発のサービス会社は、自由市場による徹底的な価格競争を望んでいた。
 だが携帯電話市場はすでに飽和状態となっており、3社とも他社とシェア争いをするよりも、現在の顧客を確保することの方が優先されるようになってきた。料金はほぼ横並びとなっており、SIMロックが解除されたからといって、他社のサービスに乗り換えるという顧客はそれほど多くないと考えられる。

 価格に敏感な一部の利用者は、MVNO(仮想移動体通信事業者)呼ばれる事業者のサービスを利用する可能性が高くなる。MVNOとは、自社では回線を持たず、ドコモなど大手から回線を割安で借り受けて、自社ブランドでサービスを提供する事業者のことである。日本通信やIIJといった会社がこうしたサービスを提供している。
 SIMフリーと呼ばれる端末の中から好きなものを購入し、MVNO事業者とサービス契約を行い、送られてきたSIMを挿せば、端末の種類に関係なく、割安なサービスを利用することができる。

 海外では端末は単体で購入し、好きな事業者とサービス契約を行う形態が普及している。だが日本の場合は、基本的には通信会社が端末の費用を補助する形態が一般的であり、利用者もそれに馴染んでいる。選択肢が豊富に提供されることは利用者の権利であるとの認識は日本では薄い。今回のSIMロック解除で、日本の携帯電話市場が大きく変わることはないだろう。

 - 経済, IT・科学 , ,

  関連記事

bbcclass
英国で新しい「階級」区分が話題に。だがその内容は少々脱力系

 現代でも階級制度が色濃く残る英国において、新しい「階級」区分がちょっとした話題 …

shirakawae
前原大臣が白川総裁とガチンコ対決。日銀はいつまで粘れるか?

 本日(5日)開催されている日銀の金融政策決定会合に、前原誠司経済財政相が出席し …

sagawajoshi
佐川急便の1万人主婦配送要員採用は、新しいサービスの入り口になる?

 佐川急便は今後2年間で1万人の主婦パートを採用する。少量の荷物を自宅周辺で配送 …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

economistataranai
民需主導による成長がようやく見えてきた1~3月期のGDP速報値

 内閣府は2015年5月20日、2015年1~3月期のGDP(国内総生産)速報値 …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

kokusaishushi201305
5月の国際収支。貿易赤字定着も経常収支プラス維持の傾向が鮮明に

 財務省は7月8日、5月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は5 …

kurodadenki
旧村上ファンドによる株主提案が可決。株主総会の光景は大きく変わった

 会社提案の議案が次々と可決されるだけの「シャンシャン総会」が当たり前だった日本 …

factoryline
全世界的に製造業が回復基調。9月の量的緩和縮小の可能性が高まる?

 全世界的に製造業の景況感が改善してきている。米供給管理協会(ISM)が発表した …

toyota201603
トヨタが営業利益40%減の業績見通し。実は販売台数が年々減少しているという事実

 トヨタ自動車は2016年5月11日、2016年3月期の決算を発表した。予想通り …