ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ソニーのVAIO分社化が完了。パソコンの手離れで市場の関心はいよいよTV事業へ

 

 ソニー経営再建の焦点となっていたパソコン事業分社化がひとつの節目を迎えた。投資ファンドに売却された同社のパソコン事業部門は2014年7月1日、VAIO株式会社として再スタートを切った。マイクロソフトのWinodwsを搭載した製品にラインナップを絞り、販路も大幅に縮小する。

 newvaio 新会社はわずか240人。本社は長野県安曇野市に置き、基本的に生産は台湾などに委託するが、検品などは国内で実施するという。
 VAIOは90年代、斬新なデザインで人気を博し、一時は全世界で1000万台近くを販売したこともある。その後、タブレットやスマホの台頭で販売が低迷、テレビ事業と並んで、赤字を垂れ流す同社のお荷物部門となっていた。

 同社は2014年5月、投資ファンドである日本産業パートナーズにパソコン事業を譲渡することを正式に発表。ソニー本体から分離し、今回、新会社として事業をスタートすることになった。同事業に携わる社員1100人のうち、約4割が退職し、240人は新会社に移籍。残りはグループ会社などに配置転換した。

 VAIO新会社は、Winodws搭載マシンにラインナップを絞り、完全にパソコン専業メーカーとなる。また、これまでVAIOをたくさん販売してきた大手量販店経由での販売は行わず、個人向けにはソニーマーケティング経由の直販に限定する。法人向けには、大塚商会、シネックス、ソフトバンク、ダイワボウなど、法人に強いディーラーと代理店契約先を締結するという。

 新会社の初年度の目標出荷台数はわずか35万台。昨年は600万台近くを販売していたことを考えると、実質的にゼロに近い。この台数で個人向けに本格展開するという戦略はあり得ないので、法人ルートの開拓をこれから行っていくというのが現実と考えられる。

 VAIOはこれまで消費者向けにブランド力で販売してきた製品であり、法人がVAIOを積極的に購入するかどうかは何ともいえない。名前の上がっているディーラーは、皆、販売力のあるところばかりだが、当然、他のメーカーとの競争になるため、価格面などでよほど有利な条件を提示しないと、積極的に取り扱ってもらえないだろう。とにかく小規模メーカーとしてきめ細かい顧客対応を行うことで生き残っていくしかない。

 新会社の前途は極めて厳しい状況だが、このことはソニー本体からみれば、リストラの大きな山を越えたことを意味している。VAIOはこれで完全にソニーの手を離れた状況となり、市場の注目は、もうひとつの焦点であるテレビ事業の再生へと注がれることになる。

 ソニーは4Kテレビに注力する方針を掲げているが、地上波が対応しないことから、市場はあまり盛り上がっていない。大ヒット商品を作り出し、そこから得られる利益に依存するという、従来の同社の戦略を変えない限り、パナソニックとの差は広がる一方となる可能性が高い。

 - 経済, IT・科学 ,

  関連記事

softbankson02
孫正義社長続投が急遽決定。総会の招集通知送付後というドタバタ人事

 ソフトバンクグループは2016年6月21日、ニケシュ・アローラ副社長が22日付 …

IBM Lenobo
IBMの低価格ハード部門は中国企業へ売却。富士通でなかったのはかえって好都合?

 中国のパソコン・メーカーであるレノボ・グループ(聯想集団)は2014年1月23 …

jakaruta
ホンハイやエアアジアなどが相次いで進出。インドネシアは第二の中国に

 人件費の高騰や工場での暴動、領有権問題など、いわゆる中国リスクを避けるため、A …

abeshouhizei
法人減税の急浮上によって、政府内部の財政をめぐる綱引きが激化

  安倍政権が消費税の増税と、これに対応した総額5兆円の経済対策を発表したことで …

amazonhaiso
米アマゾンが個人に配送を依頼するアプリを開発中。数年後、社会は激変する?

 米アマゾンが、商品の配送について、運送会社ではなく一般の個人を活用する方式を検 …

pccw
外国人投資家による都心の不動産取得が相次ぐ。本当に需要はあるのか?

 東京の不動産市場が活況を呈している。円安によって外国人投資家による買いが増加し …

seveneleven
超優良企業セブンによるニッセン買収で見えてくる、同社と日本経済の限界点

 セブン&アイ・ホールディングスは2013年12月2日、カタログ通販大手のニッセ …

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …

tosho05
年金運用の株式シフトが急加速。すでに買い出動を始めている可能性も

 公的年金の運用における株式シフトが一気に進みそうな状況となっている。背景には足 …