ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ダウがとうとう1万7000ドルの大台を突破。今後は利上げをにらんだ駆け引きに

 

 ダウ平均株価が2014年7月3日、とうとう1万7000ドルの大台を突破した。同日に発表された雇用統計の数字が好調だったことから、相場を押し上げた。ただ米国は独立記念日でお祭りムードとなっており、株価もその影響を受けている。今月は第1四半期の決算シーズンでもある。今後もこの株価が続くのかは、決算を見極めてらかということになりそうだ。

 nyse03 米労働省が発表した6月の雇用統計は、非農業部門の就業者数が前月比28万8000人増と大幅な増加となった。米国では毎月の雇用者数の増加が20万人を超えると経済が好調とみなされる。
 5月は改定値で22万4000人増、4月は改定値で30万4000人増となり、過去に遡って好調であることが示された。また失業率も0.2ポイント低下して6.1%となり、5%台が目前となっている。

 米国は冬の大寒波や春以降続く洪水などで経済の失速が懸念されていたが、足元の景気は失速していないことがあらためて確認された。今後も米国経済は順調に拡大するとの見方が強まっている。

 ただ米国経済が堅調であることと、この相場が長続きすることは必ずしも一致しない。長期的には株式市場は経済成長と連動するが短期的にはそうではないからだ。

 現在の株価は、FRB(連邦準備制度理事会)による低金利政策の恩恵を受けている。もし米国経済が順調に拡大するという確信が高まってくれば、当然FRBは利上げを視野に入れ始める。また今月は第1四半期の決算シーズンでもある。雇用統計の数字が良かったことで、決算への期待が高まっているが、期待値が高い分、よほどよい結果でなければ逆に失望売りを誘う可能性もある。

 米国株はあまりにも順調に上昇を続けたことから、多くの投資家が一旦は調整すると見ていた。だが、ダウ平均株価は、その期待をことごとく裏切ってきている。今回もやはりそうなってしまい、スルスルと上昇してしまうのか、あるいは決算や利上げ期待などをきっかけに、一旦は下落に転じるのか。市場関係者にとっては、株高といっても、実は悩ましい日々が続くことになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

inteldatacenter
米インテルの2014年1~3月期決算。オールド優良IT企業としての体質がより鮮明に

 半導体世界最大手の米インテルは2014年4月15日、2014年1~3月期の決算 …

jinmingen
IMFが特別引出権(SDR)に人民元を採用。英国の全面支援が決め手?

 IMF(国際通貨基金)は、11月にも特別引き出し権(SDR)と呼ばれる準備通貨 …

lngusa
米国産LNGが日本に到着。エネルギー調達の多角化は進むのか?

 硬直的だった日本のエネルギー調達に変化の兆しが見え始めている。きっかけになった …

usakoyoutoukei201510
10月の米雇用統計は予想を大幅に上回る結果。市場は一気に12月利上げモードに

 米労働省は2015年11月6日、10月の雇用統計を発表した。 非農業部門の雇用 …

nichigin
マネーストックの伸びが5カ月連続で減少。だが追加緩和の議論は下火に

 日銀は2014年7月9日、6月のマネーストック(マネーサプライ)を発表した。主 …

nihonkeizai02
4~6月期のGDPは予想外に個人消費が健闘。持続的な拡大局面に入れるのか?

 内閣府は2017年8月14日、2017年4~6月期のGDP(国内総生産)速報値 …

abe
安倍総裁が国債の日銀引き受けに言及。市場は完全に「円安」を織り込み始めた

 自民党の安倍晋三総裁が、とうとう日銀による国債直接引き受けに言及した。安倍氏は …

toyotahonsha
トヨタが株主総会で種類株を可決。本気度が問われる新しい日本流ガバナンス体制

 トヨタ自動車は2015年6月16日、主要企業のトップを切って株主総会を開催した …

yokohamaginkou
とうとう動き出す地方銀行の再編。人口減少への懸念から金融庁が最後通牒?

 地方銀行の再編が加速しそうな雰囲気となってきた。複数の有力地銀が相次いで経営統 …

abe5gatsukeizai
安倍政権vs年金官僚。年金運用の株式シフトをめぐって大バトル

 公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の運用方針見直しを …