ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ダウがとうとう1万7000ドルの大台を突破。今後は利上げをにらんだ駆け引きに

 

 ダウ平均株価が2014年7月3日、とうとう1万7000ドルの大台を突破した。同日に発表された雇用統計の数字が好調だったことから、相場を押し上げた。ただ米国は独立記念日でお祭りムードとなっており、株価もその影響を受けている。今月は第1四半期の決算シーズンでもある。今後もこの株価が続くのかは、決算を見極めてらかということになりそうだ。

 nyse03 米労働省が発表した6月の雇用統計は、非農業部門の就業者数が前月比28万8000人増と大幅な増加となった。米国では毎月の雇用者数の増加が20万人を超えると経済が好調とみなされる。
 5月は改定値で22万4000人増、4月は改定値で30万4000人増となり、過去に遡って好調であることが示された。また失業率も0.2ポイント低下して6.1%となり、5%台が目前となっている。

 米国は冬の大寒波や春以降続く洪水などで経済の失速が懸念されていたが、足元の景気は失速していないことがあらためて確認された。今後も米国経済は順調に拡大するとの見方が強まっている。

 ただ米国経済が堅調であることと、この相場が長続きすることは必ずしも一致しない。長期的には株式市場は経済成長と連動するが短期的にはそうではないからだ。

 現在の株価は、FRB(連邦準備制度理事会)による低金利政策の恩恵を受けている。もし米国経済が順調に拡大するという確信が高まってくれば、当然FRBは利上げを視野に入れ始める。また今月は第1四半期の決算シーズンでもある。雇用統計の数字が良かったことで、決算への期待が高まっているが、期待値が高い分、よほどよい結果でなければ逆に失望売りを誘う可能性もある。

 米国株はあまりにも順調に上昇を続けたことから、多くの投資家が一旦は調整すると見ていた。だが、ダウ平均株価は、その期待をことごとく裏切ってきている。今回もやはりそうなってしまい、スルスルと上昇してしまうのか、あるいは決算や利上げ期待などをきっかけに、一旦は下落に転じるのか。市場関係者にとっては、株高といっても、実は悩ましい日々が続くことになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

tosho03
公的年金が海外インフラ投資への参入を検討。国内の株式はどうするの?

 日本の公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用指針の …

jrkyushu
JR九州の株式上場計画。政府支援の是非など、克服すべき課題が山積

 九州旅客鉄道(JR九州)が2016年度中の株式上場に向けて動き出した。だが、完 …

no image
シャープを翻弄する鴻海の最大の弱点とは?

 シャープへの出資をめぐって注目されている台湾の鴻海精密工業。カリスマとして知ら …

josei02
女性活用は効果6兆円との試算。だが女性も働かないと経済を維持できないのが現実

 電通総研は7月25日、主婦の再就業による経済波及効果に関するレポートを発表した …

beijing
中国のGDP鈍化で各国の株式市場が混乱。今後の中国経済をどう見るべきか?

 中国国家統計局が15日発表した1~3月期のGDP成長率をめぐって株式市場で混乱 …

kawase201301
JPモルガンの佐々木氏がとうとう見通しを変更。今回の円安転換はホンモノかもしれない。

 為替市場において円安がさらに加速しそうな勢いだ。安倍首相による日銀に対する緩和 …

sumaho201404
総務省のメディア利用調査。現在のネット・ニュース媒体は将来も安泰か?

 総務省情報通信政策研究所は2014年4月15日、メディア利用などに関する調査結 …

airbus
エアバスとBAEの合併交渉が破談。背後にはドイツの強硬な反対が

 エアバスの親会社EADSと英防衛大手BAEシステムズの合併が破談した。交渉の期 …

global01
相次ぐ海外大型買収は日本経済に大きなメリットをもたらす

 ソフトバンクによる米スプリント社の買収やサントリーによる米ビーム社の買収など、 …

abeseichou02
成長戦略に関する議論を大胆に整理してみると・・・・話は意外と簡単だった

 アベノミクスにおける3本目の矢である成長戦略の迷走が続いている。当初、成長戦略 …