ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ダウがとうとう1万7000ドルの大台を突破。今後は利上げをにらんだ駆け引きに

 

 ダウ平均株価が2014年7月3日、とうとう1万7000ドルの大台を突破した。同日に発表された雇用統計の数字が好調だったことから、相場を押し上げた。ただ米国は独立記念日でお祭りムードとなっており、株価もその影響を受けている。今月は第1四半期の決算シーズンでもある。今後もこの株価が続くのかは、決算を見極めてらかということになりそうだ。

 nyse03 米労働省が発表した6月の雇用統計は、非農業部門の就業者数が前月比28万8000人増と大幅な増加となった。米国では毎月の雇用者数の増加が20万人を超えると経済が好調とみなされる。
 5月は改定値で22万4000人増、4月は改定値で30万4000人増となり、過去に遡って好調であることが示された。また失業率も0.2ポイント低下して6.1%となり、5%台が目前となっている。

 米国は冬の大寒波や春以降続く洪水などで経済の失速が懸念されていたが、足元の景気は失速していないことがあらためて確認された。今後も米国経済は順調に拡大するとの見方が強まっている。

 ただ米国経済が堅調であることと、この相場が長続きすることは必ずしも一致しない。長期的には株式市場は経済成長と連動するが短期的にはそうではないからだ。

 現在の株価は、FRB(連邦準備制度理事会)による低金利政策の恩恵を受けている。もし米国経済が順調に拡大するという確信が高まってくれば、当然FRBは利上げを視野に入れ始める。また今月は第1四半期の決算シーズンでもある。雇用統計の数字が良かったことで、決算への期待が高まっているが、期待値が高い分、よほどよい結果でなければ逆に失望売りを誘う可能性もある。

 米国株はあまりにも順調に上昇を続けたことから、多くの投資家が一旦は調整すると見ていた。だが、ダウ平均株価は、その期待をことごとく裏切ってきている。今回もやはりそうなってしまい、スルスルと上昇してしまうのか、あるいは決算や利上げ期待などをきっかけに、一旦は下落に転じるのか。市場関係者にとっては、株高といっても、実は悩ましい日々が続くことになる。

 - 経済 , ,

  関連記事

kinko
金庫バカ売れ!タンス預金増加の兆候は果たして何を意味しているのか?

 マイナス金利をきっかけにタンス預金が増加する兆候が出てきている。もともと日本は …

officebuiding
とうとう不動産市況が上向く?都心部のオフィス空室率が低下したが・・・・

 不動産仲介の三鬼商事は7日、東京都心におけるオフィスの空室状況を発表した。1月 …

gpif201306
年金運用改革の最終報告書まとまる。国内の景気対策に年金が利用される危険性も

 公的年金の運用改革を議論する政府の有識者会議は11月20日、国債を中心とした従 …

googlecar
グーグルが持ち株会社制への移行を発表。新規事業はいよいよ収益化へ

 米グーグルは2015年8月10日、持ち株会社「Alphabet」を設立し、傘下 …

amazondrone
米国で無人機と旅客機がニアミス。無人機の認可方針にも影響か?

 米フロリダ州の空港近くで、旅客機に無人機が異常接近(ニアミス)するという事態が …

putin
欧米の経済制裁で疲弊が進むロシア経済。落とし所の探り合いが続く

 ロシアに対する経済制裁がロシア経済をじわじわと追い込んでいる。ロシア経済の要で …

imf201404
米国依存が鮮明になったIMFの最新世界経済見通し。日欧の量的緩和策が次の焦点に

 IMF(国際通貨基金)は2014年4月8日、最新の世界経済見通しを発表した。2 …

no image
サラリーマンの閨閥が日本企業をダメにする

 よく知られていることだが、経営危機に陥っているシャープの前会長の町田氏は、同社 …

intelbaytrail
米インテルの業績がプラス転換。スマホ・シフトの成否についてはまだおあずけ

 半導体世界最大手の米インテルは2014年1月16日、2013年10~12月期の …

taxi
タクシーの規制強化。それは本当に運転手の待遇改善を目的としているのか?

 与党と民主党は、タクシーの台数制限を義務づける「タクシーサービス向上法案」に合 …