ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

税収上振れで1兆5000億円近い剰余金。使い道をめぐって攻防が激化?

 

 財務省は2014年7月3日、2013年度決算概要を発表した。それによると、一般会計の税収は46兆9529億円となり、当初予算を大幅に上回った。最終的には1兆4493億円の剰余金が発生することになるが、法人減税の財源に関する議論がスタートした直後だけに、剰余金をめぐる駆け引きが活発化しそうだ。

 mof02 税収が増えた最大要因は企業の収益改善で法人税が想定よりも上振れしたこと。
 法人税は当初予算の段階では8兆7140億円、補正予算の段階でも10兆650億円と見積もっていた。だが実際には、補正予算からは4287億円、当初予算からは1兆7797兆円も上振れ、10兆4937億円となった。このほか所得税も当初予算から1兆6328億円上回り15兆5308億円となった。

 当初予算から税収が大幅に増えたのは、企業決算が予想以上に好調だったという理由もあるが、ある程度は、財務省の筋書きでもある。財務省は傘下に国税庁を抱えており、企業の収益動向を直接情報収集する手段を持っている。また各種の統計もまとめており、各年度の企業収益をかなり正確に予測することができる。

 財務省の最優先課題は政府債務の削減であり、各年度の予算では、できるだけ支出を引き締めたいと考えている。このため、基本的に税収の見積もりは厳しめに出してくることがほとんどである。また永田町との駆け引きという点においても、補正予算の財源や減税の財源としてのカードに使えるというメリットがある。

 現在、政府では法人税の減税に関する議論が進んでいる。来年度から段階的に法人税を引き下げることは確定しているが、税収不足を補うための財源については、これから具体的な調整に入る段階だ。

 主な財源としては、租税特別措置の見直しや赤字法人への課税、中小企業優遇税制の見直しなどが検討されている。ただ増税となる法人からの反発は強く、調整は難航するとみられている。剰余金をすべて財源に充てることができれば、他の増税は最小限で済むことから、法人減税の財源に回すという議論が高まってくる可能性が高い。

 一方、財政再建という観点で考えれば、剰余金は国債の償還に回すべきという考え方も当然出てくるだろう。予想外の剰余金なのか、予定された剰余金なのかはともかくとして、1兆4500億円の使い道をめぐる攻防が活発化することになりそうだ。

 - 政治, 経済 , , , ,

  関連記事

obama00002
財政の崖をギリギリで回避。だがマーケットはとっくに織り込み済みで驚きはなし

 オバマ大統領と与野党の指導部は、いわゆる「財政の崖」の回避に向けた協議でほぼ合 …

home
米国で住宅価格上昇が顕著に。競売は激減しリーマンショック以前の水準まで改善

 米国で住宅用不動産の価格上昇が鮮明となっている。米調査会社コアロジック発表した …

juko3sha
日本の製造業が大ピンチ。三菱と東芝はすでに満身創痍、日立は比較的身軽だが・・・

 日本の重電・重工メーカーが岐路に立たされている。三菱重工は日の丸ジェットである …

abe20130113
安倍首相が訪米を前にTPP参加を決断?。正式な表明は参院選前との説も

 安倍首相は、21日の訪米を前にTPP(環太平洋経済連携協定)に参加を表明する意 …

sonyhirai
米投資ファンドがソニーに分社化を要求。グローバルカンパニーならではのプレッシャー

 米国の投資ファンドであるサード・ポイントは、5月14日、ソニーの平井社長と面談 …

cop21paris
COP21、途上国も参加する初の協定を採択したが、削減目標は各国まかせ

 パリで開かれていた地球温暖化対策の国連会議COP21は、2015年12月13日 …

factoryline
米国だけでなく欧州でも生産拠点国内回帰の動き。だが両地域の環境は正反対

 米国や欧州で、中国や東欧など新興国に建設した工場を撤収し、国内生産に回帰する動 …

retttamerukeru
イタリアのレッタ新首相が就任早々独仏を訪問。とりあえずはイタリアの立場を説明

  イタリアのレッタ新首相は、就任早々ドイツとフランスを訪問し、従来の緊縮財政か …

mof03
特定業種だけを優遇する租税特別措置は、法人税減税の効果を半減させてしまう

 財務省は2014年2月、特定業種の税金を優遇する「租税特別措置」の適用件数が2 …

contena03
日中韓FTA交渉がスタート。だが日本に続き韓国もTPP参加に傾いており状況は微妙

 日本、中国、韓国の3カ国は3月26日、韓国のソウルで自由貿易協定(FTA)締結 …