ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財務省が人事を正式発表。予想通り木下次官は1年で退任したが・・・

 

 財務省は2014年7月4日、正式な主要人事を発表した。すでに報道されている通り、木下康司次官は退任し、後任の次官には香川俊介主計局長が就任する。
 本誌は昨年、木下氏は1年で退任し、後任は香川氏になる可能性が高いと報じていたが(本誌記事「木下主計局長が次官に内定。今後の財務省人事を大胆に予測すると?」参照)、やはり予想通りの人事となった。

mof05 木下前次官と香川新次官は共に79年の同期入省であり、通常は同期入省者が連続して次官になることはない。
 だが、ここ数年は、通常の財務省における人事ローテーションが狂っていた。それは消費増税という財務省あげてのプロジェクトを遂行するために、勝栄二郎元次官が異例の長期登板となったためである。
 人事を定常状態に戻すためには、木下氏が、通常2年務める次官を1年で辞し、同期の香川氏に譲るのがもっともスッキリする。

 ただ、香川氏の次官就任で完全に旧来型の人事ローテーションに戻るのかというと、必ずしもそうではなくなった。香川氏の後任の主計局長が田中一穂前主税局長だったからだ。

 主税局長から主計局長への異動は戦後では初めてであり、しかも田中氏は79年入省で、木下氏、香川氏と同期である。主計局長が次官への最有力ポストなのだとすると、田中氏も次の次官候補者ということになる。さすがに同期が3人連続で次官に就任する可能性は低いかもしれないが、有力な選択肢のひとつとして考えておくべきだろう。
 田中氏が次官候補なのだとすると、官房長から主税局長に就任した佐藤慎一氏も次官候補ということになる。佐藤氏は80年入省で、香川氏らの1年下である。

 通常であれば、次官の最有力候補となる81年入省組では、総括審議官の浅川氏が国際局長に就任している。浅川氏はもともと国際局畑だが、麻生内閣当時、首相秘書官に抜擢された実績があり、これまでも要職である総括審議官を務めていた。

 浅川氏が国際局長になったということは、財務官就任の可能性が高くなったと解釈することもできるが、木下前次官は、一旦国際局長を経て主計局長に就任し、次官になっている。この流れを考えると、浅川氏も引き続き、次官の有力候補と考えてよいだろう。浅川氏よりは入省が1年遅いが、官房長に就任した福田淳一氏も要注目である。

 今回の人事は、従来の財務省の人事パターンが崩れつつあることを示すものとなった。来年以降の次官レースはより面白くなったと考えてよいだろう。

 香川俊介氏は東京大学法学部卒、79年に大蔵省に入省し、官房長などを経て昨年6月の人事で主計局長に就任していた。東京都出身で57歳。

 - 政治 , , ,

  関連記事

no image
振るわない製造業の設備投資。アベノミクスは基本戦略そのものの見直しが必要?

 製造業の設備投資がなかなか回復しない。内閣府が2013年12月11日に発表した …

romarosiakaidan
ローマ法王とロシア正教トップが1000年ぶりの会談。米国とロシアの仲介が狙い?

 カトリック教会のフランシスコ法王は2016年2月12日、ロシア正教会のトップで …

mof03
2017年度予算の概算要求額が出揃う。3年連続で100兆円の大台を突破

 財務省は2016年9月6日、各省庁が提出した2017年度予算の概算要求を取りま …

mikitani
三木谷氏が規制強化を批判して委員辞任を示唆。安倍政権はなぜ態度を決められない?

 楽天の三木谷社長は11月6日、都内で記者会見を行い、政府が大衆薬のネット販売を …

okane201407
最低賃金は16円引き上げで780円に。生活保護との逆転現象は解消

 最低賃金の引き上げについて議論していた厚生労働省の審議会は2014年7月29日 …

thatcher02
葬儀参列者に見る時代の流れ。サッチャリズムはすでに歴史の1ページ

 英国の元首相で4月8日に死去した故マーガレット・サッチャー氏の葬儀が4月17日 …

7thfleet
米空母2隻が西太平洋に展開。ただし毎年の恒例行事であり過大な期待は無用

 米第7艦隊は、空母「ジョージ・ワシントン」と「ジョン・C・ステニス」を中心とし …

shakaihoshokokuminkaigi
世代間不公平は考慮せず。社会保障制度改革国民会議の報告書案はかなり後ろ向き

 政府の「社会保障制度改革国民会議」は7月29日、年金や医療など社会保障分野の改 …

niinami
ローソンの新浪社長がアベノミクスに賛同し賃上げを実施。政界転職の布石か?

 ローソンは7日、グループ内の若手社員の年収を平均で3%上げると発表した。年2回 …

sengyoshufu
日本女性の満足度は高いというOECDの調査結果。男女平等と幸福の関係は?

 安倍政権は成長戦略の一環として女性活用を大々的に掲げており、配偶者控除の見直し …