ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

財務省が人事を正式発表。予想通り木下次官は1年で退任したが・・・

 

 財務省は2014年7月4日、正式な主要人事を発表した。すでに報道されている通り、木下康司次官は退任し、後任の次官には香川俊介主計局長が就任する。
 本誌は昨年、木下氏は1年で退任し、後任は香川氏になる可能性が高いと報じていたが(本誌記事「木下主計局長が次官に内定。今後の財務省人事を大胆に予測すると?」参照)、やはり予想通りの人事となった。

mof05 木下前次官と香川新次官は共に79年の同期入省であり、通常は同期入省者が連続して次官になることはない。
 だが、ここ数年は、通常の財務省における人事ローテーションが狂っていた。それは消費増税という財務省あげてのプロジェクトを遂行するために、勝栄二郎元次官が異例の長期登板となったためである。
 人事を定常状態に戻すためには、木下氏が、通常2年務める次官を1年で辞し、同期の香川氏に譲るのがもっともスッキリする。

 ただ、香川氏の次官就任で完全に旧来型の人事ローテーションに戻るのかというと、必ずしもそうではなくなった。香川氏の後任の主計局長が田中一穂前主税局長だったからだ。

 主税局長から主計局長への異動は戦後では初めてであり、しかも田中氏は79年入省で、木下氏、香川氏と同期である。主計局長が次官への最有力ポストなのだとすると、田中氏も次の次官候補者ということになる。さすがに同期が3人連続で次官に就任する可能性は低いかもしれないが、有力な選択肢のひとつとして考えておくべきだろう。
 田中氏が次官候補なのだとすると、官房長から主税局長に就任した佐藤慎一氏も次官候補ということになる。佐藤氏は80年入省で、香川氏らの1年下である。

 通常であれば、次官の最有力候補となる81年入省組では、総括審議官の浅川氏が国際局長に就任している。浅川氏はもともと国際局畑だが、麻生内閣当時、首相秘書官に抜擢された実績があり、これまでも要職である総括審議官を務めていた。

 浅川氏が国際局長になったということは、財務官就任の可能性が高くなったと解釈することもできるが、木下前次官は、一旦国際局長を経て主計局長に就任し、次官になっている。この流れを考えると、浅川氏も引き続き、次官の有力候補と考えてよいだろう。浅川氏よりは入省が1年遅いが、官房長に就任した福田淳一氏も要注目である。

 今回の人事は、従来の財務省の人事パターンが崩れつつあることを示すものとなった。来年以降の次官レースはより面白くなったと考えてよいだろう。

 香川俊介氏は東京大学法学部卒、79年に大蔵省に入省し、官房長などを経て昨年6月の人事で主計局長に就任していた。東京都出身で57歳。

 - 政治 , , ,

  関連記事

icij
ジャーナリスト連合による衝撃の世界脱税者リスト。最終的な爆心地はEUの盟主ドイツ?

 国際調査報道ジャーナリスト連合(ICIJ)は4月3日、世界中のタックスヘイブン …

furyokuhatuden
自民党がエネルギーミックスについて提言。原発をめぐってとりあえず玉虫決着

 自民党は2015年4月、2030年時点における電源比率を定める「エネルギーミッ …

sunnylands
米中首脳会談が行われるリゾート施設サニーランドとはどのような場所なのか?

 6月7日~8日の日程で、いよいよ米中首脳会談が開催される。今回の首脳会談は首都 …

kyosho201502
オバマ政権が打ち出した海外利益課税策。米企業の立地戦略はどうなる?

 オバマ政権が打ち出した企業の海外利益に対する課税策が米国内で議論となっている。 …

Kissingershukinpei
習近平主席が米国のキッシンジャー元国務長官らと相次いで会談。進む米中関係の再構築

 中国の習近平国家主席が、米国の政界を引退した親中国派の大物政治家と次々に会談し …

koyokeiyaku
現実味を帯びる同一労働、同一賃金。結局は若年層正社員の賃下げに?

 これまで導入が極めて難しいといわれてきた、同一労働、同一賃金が現実味を帯びてき …

bouekitoukei 201302
2月の貿易統計。赤字は8か月連続。米国向けの輸出だけが絶好調

 財務省は3月21日、2月の貿易統計(速報、通関ベース)を発表した。貿易赤字は8 …

satsutaba
企業が溜め込む内部留保の還元は、アベノミクスを成功させるカギとなる

 アベノミクスに関する議論が活発化する中、企業が確保している内部留保に再び注目が …

oilpump
米国がエネルギーの完全自給が可能に。世界的な安全保障の枠組みに変化の可能性

 国際エネルギー機関(IEA)は12日、米国が近い将来、世界最大のエネルギー産出 …

saikousai
波紋を呼ぶ前内閣法制局長官の発言。やはり日本では三権分立は無理なのか?

 前内閣法制局長官で最高裁判事に任命された山本庸幸氏は21日、記者会見において「 …