ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

仏オランド政権が政策を180度転換。企業優遇と福祉削減にとうとう舵を切った!

 

 富裕層や大企業に対する増税など、反企業的な公約を掲げて大統領に就任したフランスのオランド大統領だが、就任わずか半年でその方針を大幅に転換した。

 フランス政府は6日、企業の労働コストを削減することを目的とした200億ユーロ(約2兆0500億円)の企業減税策を明らかにした。
 政府は今年7月、フランス企業の競争力が急激に後退しているとして、航空宇宙・防衛大手EADSの前最高経営責任者であるガロワ氏に対応策の策定を依頼していた。今月6日に報告書が提出されたが、政府決定はほぼ報告書の内容を踏襲したものとなっている。

 今回の政府決定の内容は、社会保障の雇用主負担分を200億ユーロ削減するというもの。これに変わる財源としては、付加価値税(日本における消費税)と社会保障税の増税でカバーする。フランスの消費税は商品によって税率が異なるが、レストランなど7%だったものは10%に、ガソリンなど19.6%だったものは20%に増税される。

 今回の政策は、企業に対して減税を行い、その負担分を消費税と福祉の削減でまかなうという非常に安直なもの。これはオランド政権が掲げてきた政策を事実上180度転換させる措置といってよい。オランド大統領は企業寄りとされるサルコジ前大統領を厳しく批判して大統領に就任した。だが、サルコジ前政権が採用していた政策に回帰するという皮肉な状況となっている。

 フランスは欧州でも労働コストが著しく高いことで知られている。大国の中ではもっとも労働コストが安いドイツと比べると実質的に1.5倍以上ともいわれる。このためフランス企業の競争力は年々低下しており、日本と同様、貿易赤字が定着しつつある状況だ。

 ドイツは企業負担を軽くし、その代わりに不足する財源を消費税でカバーするというやり方で大成功を収めている。今回の措置はドイツの成功を模範としたものだが、ドイツの労働コストの安さは東欧からの移民による低賃金労働で実現しているという側面があり、フランスにはそのまま適用できない。また今回の政府決定による企業負担の減少分は従業員給与の平均6%程度にとどまっており、企業の競争力強化の決定打にはならないとの見方がほとんどだ。

 だが、フランス政府が政策を180度転換したことの政治的な意味は大きい。現在メキシコで開かれているG20でも、財政再建を一時棚上げし、成長重視へ転換することをうたった共同声明が採択されている。
 各国の経済政策が大きな曲がり角を迎えていることだけは確かなようである。

 - 政治, 社会, 経済

  関連記事

globalmoney
政府が資産の海外移転に対する対策を強化。だが本当の解決策は別なところにある

 個人が保有する海外資産の課税について政府が本格的な対策に乗り出している。すでに …

saiki
外務省の斎木次官が訪中。だが今のところ日中首脳会談開催のメドは立たず

 外務省の斎木事務次官は7月29日、中国を訪問し、中国外交部(外務省)の王毅外相 …

maehara
前原戦略相が日銀政策決定会合への出席を示唆。困った日銀はどうする?

 前原誠司国家戦略相は2日の記者会見で、日銀の金融緩和の努力が足りない場合には、 …

piketishasin
ピケティが主張する資産格差拡大は日本でも発生しているのか?

 フランスの経済学者トマ・ピケティが話題となっている。ピケティの著作である「21 …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

3sha02
Amazon、Google、スタバが各国政府と税を巡るバトル。3社が連戦戦勝のワケとは?

 グローバルに展開する米国企業と各国政府のバトルが激しさを増している。  フラン …

cameronputin
G8はシリア問題をめぐってバラバラ。英国は何とか成果を強調したいところだが・・・・

 英国の北部アイルランドで開催されている主要国首脳会議(G8サミット)が不調だ。 …

no image
過去最高益。業績絶好調のトヨタが抱える、将来への深い悩み

 トヨタ自動車は2014年5月8日、2014年3月期の決算を発表した。本業のもう …

maduro
ベネズエラ総選挙で野党が勝利。ボリバル革命は原油安の直撃を受け瓦解

 反米主義を掲げ、社会主義的な政策を強引に推進してきた南米ベネズエラで総選挙が実 …

sengyoushufu
総務省の家計調査結果に新しい兆候が。日本からとうとう専業主婦がいなくなる?

 総務省は2012年2月19日、2012年の家計調査報告を発表した。サラリーマン …