ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

北朝鮮大幅譲歩の背後にある中韓の蜜月関係と米国の影響力低下

 

 北朝鮮をめぐる国際情勢が大きく動き始めている。背景にあるのは、中国の台頭と米国の影響力低下、そして韓国と中国の接近である。

 shupaku 政府は2014年7月4日、北朝鮮に対して独自に行ってきた制裁の一部を解除すると発表した。北朝鮮側が日本人拉致被害者を再調査する特別調査委員会を発足させ、拉致問題の解決に前向きな姿勢を見せているからである。

 北朝鮮が日本に何らかの譲歩を提案してくる時は、同国が孤立し、周辺から追い込まれていることがほとんどである。小泉政権時代に突如、日朝首脳会談が実現したのは、米国が軍事力行使も含めた強いプレッシャーを北朝鮮に対してかけていたからである。今回の引き金は、中国との関係悪化である。

 中国はこれまでずっと北朝鮮の後ろ盾として振る舞ってきた。だが本当の意味で両国が親密というわけではなく、必要に応じて双方を利用するというドライな関係であった。
 当初はこの関係がうまくいっていたが、中国の意向に沿わない行動を取ることが多くなった北朝鮮に対して、中国政府内部で苛立ちが高まっていた。胡錦濤政権から習近平政権に変わり、これが一気に表面化。今年に入って中国は北朝鮮への経済支援を一部凍結しているとも報道されている。

 習氏は韓国との関係をより重視するようになっているが、7月3日の訪韓はその象徴といってよい。習氏は韓国を訪問し朴槿恵大統領と会談したが、中国の最高指導者が、北朝鮮より先に韓国を訪問するというのは前例がない。北朝鮮が突然、日本側に対して譲歩を示してきたのには中国との関係悪化が影響している可能性が高い。

 こうした一連の動きのベースにあるのは、米国の世界戦略の転換である。米国は中東に展開していた軍事力を削減し、アジア太平洋地域にシフトさせる、いわゆる「リバランス戦略」を進めている。シリア問題やイラクの内戦についてオバマ政権が極めて消極的なのは、中東から手を引くという基本戦略があるからである。

 だがアジアシフトといってもそれは中国との敵対を意味するものではない。米国にとって中国はあくまで交渉相手であり、仮想敵国ではない。現在の米国にとっては、中国主導で北朝鮮が崩壊プロセスに進むことをあまり危惧していない可能性が高い。

 朴氏は北朝鮮問題に対する基本政策として「朝鮮半島信頼プロセス」と呼ばれるものを提唱している。これは、対話や人道支援で南北の信頼構築を目指すというもので、前李明博政権とはまったく異なるスタンスである。
 朴氏は、最終的には北朝鮮と韓国の統合も視野に入れており、この基本政策には、国家統合時の経済的な利権配分が含まれているという。

 もし北朝鮮が中国と韓国主導で体制崩壊のプロセスに向かうのだとすると、今回の日朝交渉は統合後の朝鮮半島における日本の発言力確保にとって重要な意味を持つかもしれない。一方、中国-韓国というラインが成立してしまい、日本側が排除される流れになる可能性もある。

 - 政治 , ,

  関連記事

trumpanpo
共和党トランプ候補がとうとう日米安保を糾弾。米国は変わりつつある?

 放言を繰り返し、米国の大統領選を大混乱させているドナルド・トランプ氏が、とうと …

kazoku
出生率に関する内閣府の研究結果。伝統的価値観は出生率向上にあまり寄与せず?

 内閣府は8月30日、家族の価値観と出生率に関する研究結果を発表した。伝統的な家 …

merukeru03
最低賃金の導入に揺れるドイツ。最低賃金制度は経済成長の阻害要因なのか?

 最低賃金の導入をめぐってドイツが揺れている。ドイツは一部の職種を除いて最低賃金 …

nichigin04
審議委員候補は積極緩和派で黒田総裁はマンションを購入。まだまだ量的緩和は続く?

 マイナス金利政策の継続をめぐって日銀の周辺が騒がしい。日銀の審議委員人事では、 …

kozeni
マイナンバーカードとセットの軽減税率案に批判集中。果たして実現できるのか?

 財務省が2015年9月8日に提示した消費税の軽減税率の導入案が波紋を呼んでいる …

abeamari201409
安倍首相が年功序列賃金の見直しに言及。アベノミクス初の構造改革?

 政府は2014年9月29日、政府、経済団体、労働団体の代表らが雇用や賃金につい …

no image
アラブの春の副作用?イスラム圏で時代に逆行する出来事が連発

 アラブの春をきっかけに民主化運動が進んでいるかのよう見えるイスラム諸国で、時代 …

dentaku
政府がとうとうデフレの表現を削除。だが実態は輸入価格上昇によるインフレ

 政府は2013年12月24日の月例経済報告において「デフレ」の表現を削除する。 …

monka
文部科学省が特定大学に研究費を重点助成。旧帝大がさらに有利に

 文部科学省は来年度から大学に対する新しい研究助成の制度を開始する。研究内容ごと …

kaisan
大義なき解散という批判は妥当なのか?首相の解散権に関する考察

 衆議院の総選挙が2017年10月10日、公示された。希望の党が誕生したことで、 …