ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

周回遅れの構造改革?倒産減少のウラで廃業が増加中

 

 企業の倒産が減少している。背景には景気の回復もあるが、中小企業金融円滑化法による資金繰りの支援が影響している。一方で企業の廃業はここ10年で最多を記録した。企業経営の行き詰まりは形を変えて継続していることになる。

tousan

 東京商工リサーチがまとめた2014年5月の企業倒産件数(負債額1000万円以上)は834件となり、前年同月比20.1%の減少となった。5月としては1991年以来、23年ぶりの低い水準となっている。
 倒産が減少しているのは、景気が拡大していることもあるが、2009年から続いてきた中小企業金融円滑化法による、資金繰り支援の効果が大きい。2013年末にはこの法律は終了しているが、その後も目立った倒産の増加はない。

 だが企業経営が好調なのかというとそうでもない。倒産件数が減少する一方で、廃業した企業の数は過去10年で最多となっているからだ。2013年の休廃業・解散件数は2万8943件で、2013年の倒産件数の何と2.6倍である。
 倒産と廃業を合わせた数は、むしろ増加している。倒産という形態にはなっていないものの、事業の継続が不可能となったという意味では、状況は改善していないのだ。

 倒産あるいは廃業が増えているのは、不景気が続いたということも大きいが、日本の産業構造が大きく変化しているという側面も無視できない。
 大手の製造業がコスト競争力をなくし、海外に生産拠点を移しているため、それらの下請けとして事業を行っていた企業の多くは継続が難しくなった。また、人口の減少が進んだ地方の商店などでは、実質的に休業状態になっていたものの、形式的に会社形態を残しているということろも多かった(事業主は年金などで何とか生活を継続している)。こうした企業は事業主の高齢化や死去などに伴って徐々に廃業していくことになる。

 製造業で栄えた国が、より付加価値の高い産業にシフトすることなく、競争力を維持するケースはほとんどない。米国や英国などと同様、日本の従来型産業モデルが機能しなくなるのは、時間の問題であった。
 小泉政権当時、日本では構造改革という言葉がブームになったが、これは、時代の変化に先んじて、産業構造の転換を進めてしまおうという考え方である。この選択には当然のことながら痛みを伴うので、結局、日本は積極的・能動的な意味での改革は選択しなかった。

 だが遅かれ早かれ、時代の変化はやってくる。廃業の増加が止まらないのは、消極的・受動的な構造改革が今も続いているからである。
 消極的・受動的改革のメリットは、痛みが目立たないため大きな反発がないという点である。だがその分、時間は確実に浪費する。日本の産業構造の転換が終了した時には、すでに世界は次のステップに進んでいたということにならなければよいのだが。

 - 経済 ,

  関連記事

gabanansu
ないよりはマシ?安倍政権が成長戦略に企業統治を盛り込む方針を表明

 安倍首相は2014年6月3日、経団連の会合で講演し、コーポレートガバナンスを成 …

abe20141120
安倍政権が来春の賃上げを経済界に要請。漂う政策の手詰まり感

 安倍首相は2014年11月19日に開催された政労使会議の場において、経済界に対 …

bouekitoukei 201504
4月の貿易赤字は少額。ただ、為替が動き始めており状況は流動的

 財務省は2015年5月25日、4月の貿易統計を発表した。輸出額から輸入額を差し …

bukkajoushou
2%の物価目標は射程距離内。輸入インフレでも脱デフレは脱デフレ?

 総務省は9月27日、8月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

kuroda
日銀黒田総裁のホンネはどこに?市場にくすぶるインフレ許容論者説

 日銀は5月22日の金融政策決定会合で、景気判断を上方修正するとともに、前回決定 …

nichigin
黒田新総裁は実はインフレ課税を狙っている?刺激的な英経済紙のコラムが話題に

 日本のインフレ課税の可能性について指摘したエコノミスト誌のコラムが市場関係者の …

kanshasaisale
世界各国で年末商戦が本格スタート。より顕著となったネットへのシフト

 世界各国で年末商戦が本格的なスタートを切った。とりわけ米国の感謝祭セールの動向 …

no image
まだまだ甘いシャープのリストラ。高給取りのホワイトカラーは手付かず

 経営危機のシャープが検討している追加の人員削減案が明らかになった。これまで50 …

nihondensan
シャープ元社長の片山氏が日本電産副会長へ。永守氏の後継者問題はどうなる?

 日本電産が、シャープの片山幹雄元社長を副会長執行役員として迎え入れる。日本電産 …

tokyotower
消費と生産の低迷がより鮮明に。1~3月期のGDPは連続のマイナス成長か?

 年明け後の各種経済指標が冴えない。消費・生産ともに低迷しており、このままの状態 …