ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

周回遅れの構造改革?倒産減少のウラで廃業が増加中

 

 企業の倒産が減少している。背景には景気の回復もあるが、中小企業金融円滑化法による資金繰りの支援が影響している。一方で企業の廃業はここ10年で最多を記録した。企業経営の行き詰まりは形を変えて継続していることになる。

tousan

 東京商工リサーチがまとめた2014年5月の企業倒産件数(負債額1000万円以上)は834件となり、前年同月比20.1%の減少となった。5月としては1991年以来、23年ぶりの低い水準となっている。
 倒産が減少しているのは、景気が拡大していることもあるが、2009年から続いてきた中小企業金融円滑化法による、資金繰り支援の効果が大きい。2013年末にはこの法律は終了しているが、その後も目立った倒産の増加はない。

 だが企業経営が好調なのかというとそうでもない。倒産件数が減少する一方で、廃業した企業の数は過去10年で最多となっているからだ。2013年の休廃業・解散件数は2万8943件で、2013年の倒産件数の何と2.6倍である。
 倒産と廃業を合わせた数は、むしろ増加している。倒産という形態にはなっていないものの、事業の継続が不可能となったという意味では、状況は改善していないのだ。

 倒産あるいは廃業が増えているのは、不景気が続いたということも大きいが、日本の産業構造が大きく変化しているという側面も無視できない。
 大手の製造業がコスト競争力をなくし、海外に生産拠点を移しているため、それらの下請けとして事業を行っていた企業の多くは継続が難しくなった。また、人口の減少が進んだ地方の商店などでは、実質的に休業状態になっていたものの、形式的に会社形態を残しているということろも多かった(事業主は年金などで何とか生活を継続している)。こうした企業は事業主の高齢化や死去などに伴って徐々に廃業していくことになる。

 製造業で栄えた国が、より付加価値の高い産業にシフトすることなく、競争力を維持するケースはほとんどない。米国や英国などと同様、日本の従来型産業モデルが機能しなくなるのは、時間の問題であった。
 小泉政権当時、日本では構造改革という言葉がブームになったが、これは、時代の変化に先んじて、産業構造の転換を進めてしまおうという考え方である。この選択には当然のことながら痛みを伴うので、結局、日本は積極的・能動的な意味での改革は選択しなかった。

 だが遅かれ早かれ、時代の変化はやってくる。廃業の増加が止まらないのは、消極的・受動的な構造改革が今も続いているからである。
 消極的・受動的改革のメリットは、痛みが目立たないため大きな反発がないという点である。だがその分、時間は確実に浪費する。日本の産業構造の転換が終了した時には、すでに世界は次のステップに進んでいたということにならなければよいのだが。

 - 経済 ,

  関連記事

euwhitehouse
TPPも骨抜き?米欧FTAの交渉がいよいよスタート。米欧は妥結にかなり前向き

 米国と欧州の自由貿易協定である米欧FTAに関する第一回の交渉が7月8日、米国ワ …

tanker
ウォール・ストリート・ジャーナルが日銀に原油を買えと大胆提案!

 米経済紙のウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)が日銀に対して面白い提言を …

kokusaishushi201311
11月の経常収支もやはり赤字。為替市場をにらんで日本が考えるべきこと

 財務省は2014年1月14日、2013年11月の国際収支を発表した。最終的な国 …

koureishasigoto
働く高齢者が1割を突破。だが一方で働かなくてよい人との格差は縮小せず

 働く高齢者の割合いが就労者全体の1割に達したことが総務省の労働力調査で明らかに …

alibaba
アリババがとうとう上場。楽天との比較で分かる、国内EC市場の限界

 中国の電子商取引最大手アリババ集団は2014年9月19日、米ニューヨーク証券取 …

sumitomochiba
国内化学各社が相次いでエチレン生産から撤退。米国シェールガス革命のインパクト

 住友化学は2月2日、石油化学製品の原料であるエチレンの国内生産を停止すると発表 …

contena04
中国経済の失速がさらに鮮明に。だが日の丸製造業の凋落が皮肉にも中国リスクを軽減?

 中国国家統計局は7月15日、4~6月期の国内総生産(GDP)を発表した。物価の …

shuukatsu
内定辞退者が増加という報道。学生の就活は本当に昔と違うのか?

 神奈川県庁の内定辞退者が5年連続で3割を超えたというニュースをきっかけに、内定 …

abetpp
TPP事前協議の日米合意内容。あらゆる分野で市場開放について米との協議を確約

 TPP(環太平洋パートナーシップ協定)交渉参加への最大の焦点となっていた米国と …

bitcoin
ビットコインの通貨以外への応用に注目集まる。実現すれば社会コストが激減

 インターネット上の仮想通貨ビットコインに関するあらたな活用方法に注目が集まって …