ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

周回遅れの構造改革?倒産減少のウラで廃業が増加中

 

 企業の倒産が減少している。背景には景気の回復もあるが、中小企業金融円滑化法による資金繰りの支援が影響している。一方で企業の廃業はここ10年で最多を記録した。企業経営の行き詰まりは形を変えて継続していることになる。

tousan

 東京商工リサーチがまとめた2014年5月の企業倒産件数(負債額1000万円以上)は834件となり、前年同月比20.1%の減少となった。5月としては1991年以来、23年ぶりの低い水準となっている。
 倒産が減少しているのは、景気が拡大していることもあるが、2009年から続いてきた中小企業金融円滑化法による、資金繰り支援の効果が大きい。2013年末にはこの法律は終了しているが、その後も目立った倒産の増加はない。

 だが企業経営が好調なのかというとそうでもない。倒産件数が減少する一方で、廃業した企業の数は過去10年で最多となっているからだ。2013年の休廃業・解散件数は2万8943件で、2013年の倒産件数の何と2.6倍である。
 倒産と廃業を合わせた数は、むしろ増加している。倒産という形態にはなっていないものの、事業の継続が不可能となったという意味では、状況は改善していないのだ。

 倒産あるいは廃業が増えているのは、不景気が続いたということも大きいが、日本の産業構造が大きく変化しているという側面も無視できない。
 大手の製造業がコスト競争力をなくし、海外に生産拠点を移しているため、それらの下請けとして事業を行っていた企業の多くは継続が難しくなった。また、人口の減少が進んだ地方の商店などでは、実質的に休業状態になっていたものの、形式的に会社形態を残しているということろも多かった(事業主は年金などで何とか生活を継続している)。こうした企業は事業主の高齢化や死去などに伴って徐々に廃業していくことになる。

 製造業で栄えた国が、より付加価値の高い産業にシフトすることなく、競争力を維持するケースはほとんどない。米国や英国などと同様、日本の従来型産業モデルが機能しなくなるのは、時間の問題であった。
 小泉政権当時、日本では構造改革という言葉がブームになったが、これは、時代の変化に先んじて、産業構造の転換を進めてしまおうという考え方である。この選択には当然のことながら痛みを伴うので、結局、日本は積極的・能動的な意味での改革は選択しなかった。

 だが遅かれ早かれ、時代の変化はやってくる。廃業の増加が止まらないのは、消極的・受動的な構造改革が今も続いているからである。
 消極的・受動的改革のメリットは、痛みが目立たないため大きな反発がないという点である。だがその分、時間は確実に浪費する。日本の産業構造の転換が終了した時には、すでに世界は次のステップに進んでいたということにならなければよいのだが。

 - 経済 ,

  関連記事

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …

bukkajoushou
2%の物価目標は射程距離内。輸入インフレでも脱デフレは脱デフレ?

 総務省は9月27日、8月の全国の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「 …

merukeru03
最低賃金の導入に揺れるドイツ。最低賃金制度は経済成長の阻害要因なのか?

 最低賃金の導入をめぐってドイツが揺れている。ドイツは一部の職種を除いて最低賃金 …

soukaishoshu
今頃になってようやく株主総会分散開催を経産省が指導。だがとっくに手遅れ?

 経済産業省が、6月に集中している株主総会を7月以降などに分散して開催するよう促 …

putinrussia
ロシアによるクリミア編入宣言。その背景とアジア地域で想起される事態

 ロシアのプーチン大統領は2014年3月18日、クリミアをロシアに編入する条約に …

yahootumblr
米ヤフーがSNS+ブログの新興企業タンブラーを買収。ただ両社の融合には疑問符も

 米ヤフーは、ブログとSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)を手掛ける …

herikomoney
ヘリコプターマネーを巡る首相官邸の危険な火遊び

 首相官邸周辺でヘリコプターマネー政策をめぐる危険な火遊びが進行している。今のと …

sekiyu
内閣府の世界経済に関する報告書。原油安がプラスの影響をもたらし、米国・欧州経済の拡大が続く

 内閣府は2015年6月13日、世界経済の現状に関する報告書「世界経済の潮流(2 …

bspl
市場に対する宣戦布告?決算短信から財務諸表を不要とする案が急浮上

 株式市場における情報開示に関して、驚くべき議論が進んでいる。投資家がもっとも重 …

kuroda02
日銀サプライズ追加緩和。長期金利を意識したものだった可能性も

 日銀は10月31日の金融政策決定会合において、追加の量的緩和策を決定した。追加 …