ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

スマホのバッテリーを切らすと飛行機に乗れない?米国の新保安体制

 

 バッテリー切れになると飛行機に乗れない。そんな悪夢が現実になろうとしている。米運輸保安庁は2014年7月6日、電源を入れて動作させることができない電子機器の機内への持ち込みを認めない方針を明らかにした。電子機器に似せた爆発物の持ち込みを防ぐのが目的だという。

hikouki2014

 米国土安全保障省は先週、テロ組織が空港の保安検査で見つかりにくい爆弾を開発しているとの情報が入ったとして、安全対策の強化を運輸保安庁に指示していた。今回の発表はこれを受けた措置。
 今後は、米国行きの国際便で乗客が持ち込む電子機器について、爆弾ではないことを示すために電源を入れるよう指示される可能性がある。もし作動させることができない場合には、電池切れであっても機内への持ち込みが許可されない。

 すべての電子機器がチェックされるわけではなく、あくまで係員が指示した機器のみが対象となる。米国との行き来が多い、ロンドンのヒースロー空港では、すでに新しいチェック体制が始まっているが、大きな混乱は生じていないという。

 今後、米国に渡航する予定のある人はスマホの電池切れには注意した方がよいだろう。スマホは電池の消費が早くすぐに電池切れを起こしてしまう。手荷物チェックの時に不運にも電池切れになってしまうと、最悪の場合、スマホか搭乗のどちらかを諦めなければならない可能性がある。

 もっとも、こうした保安強化でテロへの危険が完全に除去されたわけではない。欧米各誌が、イエメンにある国際テロ組織アルカイダ系のグループが、人体に埋め込み、空港の探知機に探知されにくい新型爆弾を開発したと報じているからだ。

 この新型爆弾は、外科的な手術で体内に埋め込まれ、携帯電話で起爆するという。おそらく、C4(プラスチック系の爆弾)に携帯電話を改造した起爆装置を組み合わせたものと考えられる。
 体内に埋めこまれているため、金属探知機や化学物質探知機でも発見されにくいという。こうした爆弾を確実に発見するには、搭乗者全員にX線検査を実施する必要があるが、被爆などの問題から現実的ではない。今のところ完全な対策はない状況だ。

 米国土安全保障省では、過剰反応や過剰な憶測をするようなことではないと強調しているが不安は尽きない。ちなみに、今回の保安対策強化の対象となるのは米国外の空港のみで、米国内の空港は対象とならない。

 - 政治 , ,

  関連記事

jinminkaihogun
中国人民解放軍が大規模な組織改編。軍の近代化と地域利権の排除が狙いか?

 中国人民解放軍は2016年2月1日、従来の軍区に代わり、新しく戦区という区域を …

doseikon
仏で大規模な同性婚反対デモが発生。その活動は世代間闘争の様相を呈してきている

 フランスの上院は4月12日、同性婚を認める法案を賛成多数で可決した。2月には下 …

3sha02
Amazon、Google、スタバが各国政府と税を巡るバトル。3社が連戦戦勝のワケとは?

 グローバルに展開する米国企業と各国政府のバトルが激しさを増している。  フラン …

eikokulondon
市場は過剰反応?英国のEU離脱が決議されても、現実はそう簡単には進まない

 英国のEU(欧州連合)残留を問う国民投票が23日に迫っているが、最新の世論調査 …

kansha
公務員宿舎の家賃を2倍に値上げ。公務員たちのトンデモなホンネとは?

 政府は、これまで批判の声が大きかった国家公務員宿舎の家賃を2倍に引き上げる方針 …

nodae02
ここまでプライドを捨てられればご立派!。野田首相が選挙に自信がなく比例重複立候補

 民主党代表の野田佳彦首相は12月の総選挙において、比例代表に重複立候補する意向 …

nodae02
政府が公務員の年金特権待遇を維持する法案を閣議決定。臨時国会で成立予定

 政府は、2日の閣議で国家公務員の退職金を引き下げる法案と、新たな年金加算制度を …

cameronputin
G8はシリア問題をめぐってバラバラ。英国は何とか成果を強調したいところだが・・・・

 英国の北部アイルランドで開催されている主要国首脳会議(G8サミット)が不調だ。 …

businessman04
労働者の賃金がさらに減少。賃上げ実施後もあまり期待できない理由とは?

 厚生労働省は2014年2月20日、2013年賃金構造基本統計調査の結果を発表し …

nsa
米国の諜報機関は本当に全部の電話やメールの盗聴を実施できているのか?

 米国の諜報機関による盗聴問題が拡大する兆しを見せている。ドイツのマスコミが、米 …