ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

金正恩第一書記が足を引きずる映像が話題に。痛風による体調不良説も

 

 北朝鮮の金正恩第一書記が足を引きずっている映像が話題になっている。このところ金氏の体重増加が著しいことから通風などの健康不安説も出ているが、ちょっとしたケガに過ぎないとの見方もある。

kimujonunashi

 朝鮮中央テレビは2014年7月8日、故金日成主席の死去20年に合わせて実施された追悼集会に、金正恩第一書記が参加する様子を放映した。
 金氏は、舞台のそでからひな壇の自分の席に向かったのだが、足を引きずって歩いていた。金氏の体調がよくないことが分かるような映像は同氏がトップに就任してからは初めてのことになる。

 金氏に対してはこのところ体重増加が著しいと指摘する声が上がっていた。確かに、第一書記就任直後の写真と見比べると、最近はかなりふっくらとした様子である。
 一説では、独特の髪型も含めて、金日成出席と生き写しにするために、あえて太った体型になるように心がけているともいわれる。また、体制引き締めを目的に粛正を繰り返していることなどから、精神的ストレスが溜まっているとの報道もある。

 基本的に非民主国家では、権力者の体調に関する話題はタブーであり、要人の病気などについて報道されることはめったにない。北朝鮮要人の体調については、外国のメディアが様々な報道を行うが、当たらないことも多い。

 金日成主席は首の後ろに大きなこぶがあり、北朝鮮ではカメラ・アングルを工夫し、これを映さないように細心の注意を払っていた。西側ではこぶの肥大化などで健康不安説が何度も取り沙汰されたが、結局は心筋梗塞が死因で82年という比較的長い生涯をまっとうした。
 また息子の金正日氏も、当初は酒浸りで生活が荒れ、判断力に欠けるという報道だったが、小泉元首相の訪朝によって明らかになった正日氏の本当の姿は、冷酷で判断力に優れた独裁者であった。

 共産圏の公式報道はウラがないことが多い。足をひきずる正恩氏を放映したということは、基本的に北朝鮮当局が問題ないと判断しているという見方がほとんどだ。逆に今後、同氏の体調を判断できないような映像の加工やアングルの工夫が行われるようであれば、正恩氏の健康不安説が真実味を帯びてくることになる。

 - 政治 , ,

  関連記事

kaiho
ODAを使った新造巡視船のベトナム供与。場合によっては本末転倒にも

 政府は、中国と領有権争いをしているベトナムに対して、ODA(政府開発援助)を使 …

paristero
パリの新聞社襲撃事件。実行犯はかなり訓練されたテロリストの可能性大

 パリ市内でイスラム教を風刺したイラストを掲載した新聞社をテロリストが襲撃すると …

shakaihoshokokuminkaigi03
社会保障制度改革国民会議の最終報告。年金は現状維持で、世代間不公平は解消されず

 社会保障制度のあり方に関して議論する政府の「社会保障制度改革国民会議」は8月5 …

monka
大学の研究支援政策に変化の兆し。旧帝大中心は変わらずも、配分は実績重視へ

 大学など研究機関に対する国の支援方法に変化の兆しが出てきている。文部科学省は8 …

euhonbu00
欧州が緊縮策から方向転換?世界はリーマンショック以前に逆戻り

 これまで緊縮財政一辺倒だった欧州委員会(EU)が方向転換を図っている。スペイン …

zaikaitop
円安で株高になるのはおかしいという財界首脳の発言が象徴するもの

 経団連、日本商工会議所、経済同友会の経済3団体は2014年1月7日、年頭会見を …

iryouhi
資産がある人は医療や介護の自己負担が増加?骨太の方針にマイナンバー制を活用

 政府が今月末の策定を予定している経済財政運営の基本指針「骨太の方針」の中に、資 …

jabuil
動き出す農協改革。最初のターゲットがJA全中になる理由

 政府が農協改革に向けて動き始めた。規制改革会議は5月22日、中央組織が地域の農 …

abe20140213
安倍政権が河野談話を巡り迷走。欧州最強国家となったドイツとの違いは歴然

 安倍首相は2014年3月14日、従軍慰安婦の強制について認めた1993年のいわ …

abe20141021b
消費低迷で高まる増税先送り論。だが現実には決断は困難?

 消費の低迷が顕著になってきたことから、消費税の10%増税に反対する声が高まって …