ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

金正恩第一書記が足を引きずる映像が話題に。痛風による体調不良説も

 

 北朝鮮の金正恩第一書記が足を引きずっている映像が話題になっている。このところ金氏の体重増加が著しいことから通風などの健康不安説も出ているが、ちょっとしたケガに過ぎないとの見方もある。

kimujonunashi

 朝鮮中央テレビは2014年7月8日、故金日成主席の死去20年に合わせて実施された追悼集会に、金正恩第一書記が参加する様子を放映した。
 金氏は、舞台のそでからひな壇の自分の席に向かったのだが、足を引きずって歩いていた。金氏の体調がよくないことが分かるような映像は同氏がトップに就任してからは初めてのことになる。

 金氏に対してはこのところ体重増加が著しいと指摘する声が上がっていた。確かに、第一書記就任直後の写真と見比べると、最近はかなりふっくらとした様子である。
 一説では、独特の髪型も含めて、金日成出席と生き写しにするために、あえて太った体型になるように心がけているともいわれる。また、体制引き締めを目的に粛正を繰り返していることなどから、精神的ストレスが溜まっているとの報道もある。

 基本的に非民主国家では、権力者の体調に関する話題はタブーであり、要人の病気などについて報道されることはめったにない。北朝鮮要人の体調については、外国のメディアが様々な報道を行うが、当たらないことも多い。

 金日成主席は首の後ろに大きなこぶがあり、北朝鮮ではカメラ・アングルを工夫し、これを映さないように細心の注意を払っていた。西側ではこぶの肥大化などで健康不安説が何度も取り沙汰されたが、結局は心筋梗塞が死因で82年という比較的長い生涯をまっとうした。
 また息子の金正日氏も、当初は酒浸りで生活が荒れ、判断力に欠けるという報道だったが、小泉元首相の訪朝によって明らかになった正日氏の本当の姿は、冷酷で判断力に優れた独裁者であった。

 共産圏の公式報道はウラがないことが多い。足をひきずる正恩氏を放映したということは、基本的に北朝鮮当局が問題ないと判断しているという見方がほとんどだ。逆に今後、同氏の体調を判断できないような映像の加工やアングルの工夫が行われるようであれば、正恩氏の健康不安説が真実味を帯びてくることになる。

 - 政治 , ,

  関連記事

trumpkakuhoyu
トランプ氏が何と日本の核保有に言及。日米同盟は所与のものではなくなりつつある

 米共和党のトランプ候補がとうとう日本の核武装について言及した。どこまで現実的な …

suzukiakihiro
都議会ヤジ問題。議員が名乗り出なかったということは何を意味するか?

 東京都議会において、みんなの党会派の塩村文夏(あやか)議員が女性蔑視のヤジを浴 …

bhutan
「幸せの国ブータン」で初の政権交代。理想は大事だが、識字率50%という現実は重い

 ヒマラヤの山中に位置する王国ブータンで7月13日、国民議会(下院)の選挙が行わ …

iannfugoui
慰安婦問題で日本は全面的に譲歩。振り上げた拳を降ろしただけで交渉は終了

 日韓両政府は2015年12月28日、従軍慰安婦問題について合意に達した。旧日本 …

cop21paris
COP21、途上国も参加する初の協定を採択したが、削減目標は各国まかせ

 パリで開かれていた地球温暖化対策の国連会議COP21は、2015年12月13日 …

monju
もんじゅの検証が行われないまま、新しい高速炉の開発計画が着々と進行中

 政府は廃炉が予定されている高速増殖炉「もんじゅ」に代わる新しい高速炉を開発する …

no image
Wikiリークスのアサンジって誰?

 エクアドルに亡命を申請して大使館に逃げ込んだWikiリークスのアサンジ容疑者。 …

narogo01
羅老号が再度打ち上げ中止。日本に40年遅れる韓国の技術でロケット打ち上げは無理?

 トラブルが相次ぎ打ち上げが延期となっていた韓国初の人工衛星搭載ロケット「羅老( …

shukinpei06
中国で習近平国家主席への権力集中が進む。安定化なのか政情不安なのか?

 中国共産党指導部で、習近平国家主席への権力集中が進んでいる。習政権の権力基盤は …

merkeru
ドイツ総選挙でメルケル首相の続投が決定。社民との連立になってもEU政策に変化なし

 ドイツ連邦議会選挙は9月22日に投開票が行われ、メルケル首相率いる与党キリスト …