ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

6回目の米中戦略・経済対話が北京で開催。ケリー国務長官とルー財務長官が揃って参加

 

 米中両国が、安全保障問題や経済問題について話し合う第6回米中戦略・経済対話が2014年7月9日、中国の北京で開催された。米国からはケリー国務長官とルー財務長官揃って北京を訪問、中国側は、外交のトップである楊潔チ国務委員と経済・貿易を担当する汪洋副首相が対応した。

uschinadialog2014

 米中戦略経済対話は2009年から毎年1回行われており、包括的な米中交渉の舞台となっている。ケリー国務長官とルー財務長官は揃って中国国営テレビのインタビューに応じ「中国は潜在的に敵対する関係ではなく、パートナーである」と発言、米中は対立するのではなく、相互に協力し合う相手であることを強調している。

 一方で「あらたな大国関係が明確に定義されたわけではない」とも発言しており、アジア太平洋地域における米中の役割分担について、完全に合意には至っていないことを伺わせた。

  あらたな大国関係の構築とは、米国と中国が大国として、アジア太平洋地域の安全保障や経済をどのように担っていくかのかについて双方が合意するという意味であり、日本にとっては、微妙なコンセプトである。

 中国は昨年11月、東シナ海で防空識別圏を突然設定し、米国はこれに懸念を表明している。またオバマ大統領が、尖閣諸島について日米安保の適用範囲内であることをあらためて表明したことに対して、中国は不快感を表明している。

 今回は中国海洋進出と権益確保の線引きについて突っ込んだ意見交換が行われたとみられるが、安全保障面での合意には至っていない模様。経済問題については、引き続き人民元の適正水準や投資協定について議論された。
 中国は現在の水準の維持を望んでいるが、米国はもう一段の元高を望んでいる。また中国側は、米国の利上げが早まりそうなことから、ドル資金の米国への環流が加速することについて懸念している。投資協定については、ある程度の合意が得られており、年内にも締結されるとの見方が大半である。

 - 政治, 経済 ,

  関連記事

banksy
謎の覆面画家バンクシーがニューヨークで活動中。アートの価格形成を皮肉る実験も

 英国の著名な覆面ストリート・アーティストであるバンクシーが、現在1カ月の期間限 …

tosho
多くの投資家が投資信託に対してマイナスのイメージ。日本で株式投資はムリなのか?

 個人投資家の多くが、投資信託に対してマイナスの印象を持っていることが明らかとな …

sharp
シャープは政府ファンドのリストラ案を嫌い、鴻海による買収で最終調整?

 経営再建中のシャープは、台湾の鴻海精密工業による買収案を受け入れる方向で調整を …

sensha
11年ぶりに防衛費が増額。だが気になるのは自衛隊の人件費比率の増加

 政府・自民党は2013年度予算の防衛費について、11年ぶりに増額する方針を固め …

kokusaishushi201305
5月の国際収支。貿易赤字定着も経常収支プラス維持の傾向が鮮明に

 財務省は7月8日、5月の国際収支を発表した。最終的な国の儲けを示す経常収支は5 …

businessman03
あまりにも醜い欧州の若年層失業率。では日本はどうなんだ?

 欧州連合は2日、ユーロ圏17カ国およびEU27カ国におけるの2月の失業率を発表 …

no image
韓国が3隻目のイージス艦を配備。日本との差が徐々に縮小

 韓国が3隻目のイージス艦を就航させる。韓国防衛事業庁は8月末、イージス艦「西厓 …

simrock
携帯のSIMロック解除で乗り換えが容易に。だが今となっては市場に変化なしの可能性大

 スマホなどの携帯端末に、携帯電話会社が他社の通信回線を利用できないよう制限をか …

abekaiken
安倍首相が官僚人事で主導権を発揮。だが村木氏の次官抜擢には疑問の声も

 安倍政権が官邸主導人事の目玉として掲げた官僚人事が思いのほか不発となっている。 …

ryounei
中国初の空母「遼寧」が青島に配備。地政学的にそれが意味すること

 中国海軍は27日、中国初の空母「遼寧」の母港を青島とし、同艦の着岸を完了したと …