ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ウォールストリート・ジャーナルが創刊125年。当時の紙面は今とあまり変わらず

 

 米国を代表する経済誌であるウォールストリート・ジャーナルが2014年7月8日で創刊125周年を迎えた。同紙記事では創刊当時の紙面を紹介している。

 wsj120 02 同紙は1889年7月8日に創刊された。創刊号のトップ記事はやはり株価なのだが、現在と同様のダウ平均株価が算出されるのはその少し後である。今とは少し異なった平均株価が用いられていた。
 ちなみに、ダウ平均株価がスタートした時点から現在まで、採用銘柄として残っているのはGE(ゼネラル・エレクトリック)1社のみである。

 当時の主力銘柄は鉄道で、一時はハイテク株として、現在のネット株のようなバブル的な株価高騰を見せたこともある。その後、注目銘柄は自動車に移り、世界恐慌直前の巨大バブルの際には、GM(ゼネラル・モータース)の株価が何十倍にも高騰している。

 同紙に限らず、米国の当時の新聞を見ると、基本的に紙面のレイアウトや記事の切り口などが、現在とほとんど変わっていないことに驚かされる。

 当然、話題となる事柄や相場の雰囲気はまったく異なっているのだが、商品としての新聞のスタイルは、すでに120年以上も前に確立していたことが分かる。紙面の広告も、カラー写真になっていない点を除けば、今の新聞と大差ない。マーケティングの手法もすでに当時から確立していたことになる。ちなみに120年前の日本の新聞は、当時の新聞に関する素養がないとほとんど理解不能である。

 ウォールストリート・ジャーナルは2007年、メディア王ルパード・マードック氏率いるニューズ・コーポレーションに買収された。マードック氏はより大衆的、一般的な紙面への転換を指示し、一時は編集体制もガタついていた。だが最近ではこうした混乱も落ち着き、140万部の発行部数を維持している。

 同紙はネット記事の一部有料化を行っており、電子版の発行部数は90万部としている。ネットと紙を合計した発行部数は230万部ということになる。

 米国では日本に比べて新興ネットメディアの動きが活発だが、市場規模という点で考えると、いまだに新聞の売上げは圧倒的である。有料の紙媒体を中心に、ネットで閲覧できる一部の無料記事と有料記事の組み合わせという形態が、当面の主流になるのかもしれない。

 - マスコミ, 経済 , , ,

  関連記事

nichigin04
7~9月期GDPのマイナス予想で高まる追加緩和期待。だが日銀のジレンマは大きい

 7~9月期のGDP(国内総生産)がマイナス成長となる可能性がさらに高まってきた …

sonyhirai
ソニーが最悪のタイミングで増資を発表。もはやグローバル企業ではなくなった?

 ソニーが突然、公募増資などによる最大4400億円の資金調達を発表した。業績回復 …

putin02
プーチン大統領と敵対する亡命ロシア人富豪が死亡。暗殺ではなく自殺といわれているが

 ロシア人の大富豪ベレゾフスキー氏が、3月23日、亡命先である英国の自宅で死亡し …

girishagikai
ギリシャ支援、4カ月継続で合意。基本的に状況は何も変わらず

 EU(欧州連合)は2014年2月20日に開催したユーロ圏財務相会合で、ギリシャ …

businessman02
内閣府の世論調査。個人か国かとの問いで、個人とする割合が過去最高に

 内閣府は2015年3月23日、社会意識に関する世論調査の結果を発表した。「国や …

kousaihi
「焼け石に水」にすらならない企業の交際費非課税案。もはや日本経済は末期症状

 来年4月の消費税増税対策の一つとして、大企業における交際費の一部が非課税となる …

contena
9月の経常収支がとうとう赤字に。日本は輸出はおろか、金貸しをしても儲からなくなった

 製造業の競争力の証であり、日本経済のすべての原動力となってきた経常収支がとうと …

abetoranpu
トランプ政権のインフラ投資に日本の公的年金を活用との報道。政府は否定しているが・・・

 トランプ政権が掲げる総額1兆ドル(約113兆円)のインフラ投資について、その一 …

jinmingen
人民元のロンドン直取引を通じて英中が急接近。チベット問題は完全に封印?

 英国のキャメロン首相がチベットのダライ・ラマ14世と会談して以来冷え込んでいた …

bukkajoushou
物価は4カ月連続で上昇。値上げは全品目に波及しつつあるが、これをどう評価すべきか?

 総務省は10月25日、9月の消費者物価指数を発表した。代表的な指標である「生鮮 …