ニュースの教科書

ジャーナリストが記事にできないホンネやつぶやきを集めた脱力系ニュースサイト

ウォールストリート・ジャーナルが創刊125年。当時の紙面は今とあまり変わらず

 

 米国を代表する経済誌であるウォールストリート・ジャーナルが2014年7月8日で創刊125周年を迎えた。同紙記事では創刊当時の紙面を紹介している。

 wsj120 02 同紙は1889年7月8日に創刊された。創刊号のトップ記事はやはり株価なのだが、現在と同様のダウ平均株価が算出されるのはその少し後である。今とは少し異なった平均株価が用いられていた。
 ちなみに、ダウ平均株価がスタートした時点から現在まで、採用銘柄として残っているのはGE(ゼネラル・エレクトリック)1社のみである。

 当時の主力銘柄は鉄道で、一時はハイテク株として、現在のネット株のようなバブル的な株価高騰を見せたこともある。その後、注目銘柄は自動車に移り、世界恐慌直前の巨大バブルの際には、GM(ゼネラル・モータース)の株価が何十倍にも高騰している。

 同紙に限らず、米国の当時の新聞を見ると、基本的に紙面のレイアウトや記事の切り口などが、現在とほとんど変わっていないことに驚かされる。

 当然、話題となる事柄や相場の雰囲気はまったく異なっているのだが、商品としての新聞のスタイルは、すでに120年以上も前に確立していたことが分かる。紙面の広告も、カラー写真になっていない点を除けば、今の新聞と大差ない。マーケティングの手法もすでに当時から確立していたことになる。ちなみに120年前の日本の新聞は、当時の新聞に関する素養がないとほとんど理解不能である。

 ウォールストリート・ジャーナルは2007年、メディア王ルパード・マードック氏率いるニューズ・コーポレーションに買収された。マードック氏はより大衆的、一般的な紙面への転換を指示し、一時は編集体制もガタついていた。だが最近ではこうした混乱も落ち着き、140万部の発行部数を維持している。

 同紙はネット記事の一部有料化を行っており、電子版の発行部数は90万部としている。ネットと紙を合計した発行部数は230万部ということになる。

 米国では日本に比べて新興ネットメディアの動きが活発だが、市場規模という点で考えると、いまだに新聞の売上げは圧倒的である。有料の紙媒体を中心に、ネットで閲覧できる一部の無料記事と有料記事の組み合わせという形態が、当面の主流になるのかもしれない。

 - マスコミ, 経済 , , ,

  関連記事

wine
グローバル経済の思わぬ影響。フランス人はワインを減らし、米国人や中国人は増やす

 ワイン大国といわれたフランスでワインの消費量が減っている。フランスでは過去5年 …

kyuka
日本人は休みすぎ?労働時間と経済成長の適切な関係とは?

 最近はちょっとした残業を命じただけもブラック企業と呼ばれる時代になり、大手企業 …

businessman02
消費税を増税した途端に景気減速?7~9月期のGDPは前期よりも落ち込む可能性大

 2013年11月13日に公表予定の7~9月実質GDPの数値は、好調だった4~6 …

skytree00
現代版バベルの塔「スカイツリー」で電波障害が多発。東京はもはやソドムと化した?

 東京スカイツリーで大量の電波障害が発生している。毎日新聞が報じたところによると …

toyota02
トヨタの絶好調決算から学ぶ、円安がもたらすメリットとデメリット

 トヨタ自動車は2014年11月5日、2014年9月中間決算を発表し、2015年 …

asomof
為替介入も辞さずという麻生発言。日本側の動きを束縛してしまった可能性も

 日銀が追加緩和を見送ったことから、為替市場では急激な円高が進んでいる。麻生財務 …

00008
フランスのマスゴミがGoogleから75億円をゲット。だがまだまだ嫌がらせは続く

 米Googleが新聞社のコンテンツをタダ乗りしているとして、検索結果の表示に課 …

ichimanen
来年度の国債の発行総額は180兆円を突破。国債管理政策は正念場へ

 財務省は2013年12月24日、2014年度の国債発行計画を発表した。国債発行 …

no image
個人情報の取り扱いを緩和。一定ルール下で売買も可能に

 政府は30日の閣議において、企業や病院などが保有する個人の取り扱いを緩和するこ …

mitsuishacho
32人ゴボウ抜きの三井物産社長人事。だが、どうしてもぬぐい去れないある疑問

 三井物産は2015年1月20日、飯島彰己社長が4月1日付で退任し、安永竜夫執行 …